日比遊一写真展 / 心の指紋

日比遊一写真展 / 心の指紋 リーフレット

展覧会名
日比遊一写真展 / 心の指紋
会期
2021年7月10日[土]~9月5日[日]
開館時間
午前9時30分~午後5時、7月23日を除く金曜日は午後8時まで
(いずれも入場は閉館の30分前まで)
休館日
毎週月曜日
(ただし8月9日[月・休日]は開館、8月9日から8月15日は休まず開館)

観覧料(常設展と共通)

一般 300円
高大生 200円
中学生以下 無料
  • 特別展「生誕160年記念 グランマ・モーゼス展-素敵な100年人生」の観覧券をお持ちの方は、本展もご覧いただけます。

ご来館のみなさまへ

  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、本展の会期や内容に変更が生じる可能性があります。最新情報は本サイトでご確認ください。
  • マスクの着用、検温、手指消毒等にご協力ください。マスクの着用がない方、また37.5℃以上の発熱、咳、くしゃみなどの症状がある方は入館をご遠慮ください。館内で感染発生が確認された場合には本サイトで注意喚起を行います。チケットの半券は来館後2週間程度保管いただき、ご来館日時の記録をお願いいたします。
  • 会場の混雑状況によっては、入場を制限する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

日比遊一

写真家 / 映画監督

愛知県名古屋市熱田区出身。
20歳で俳優を目指し渡米。1992年よりニューヨークにて写真家として活動。作品はアメリカのJ.ポール・ゲティ美術館を始め、世界各国の美術館や著名なコレクターに収集されている。米ニューヨーク・タイムズ紙は日比の作品を「夜景に映し出されたその “沈黙と孤独” は、瞑想によって達することの出来たエクスタシーのようなものを感じさせてくれる」と評した。

映画監督として、高倉健の人生風儀を描いた映画『健さん』(2016年/脚本・監督)がモントリオール世界映画祭ワールド・ドキュメンタリー部門最優秀作品賞を受賞。樹木希林が企画・出演した映画『エリカ38』(2019年/脚本・監督)は、主演の浅田美代子がロンドン・イーストアジア映画祭審査員特別賞受賞。

名古屋を舞台にした映画『名も無い日』(出演:永瀬正敏、オダギリジョー、金子ノブアキ、今井美樹、真木よう子)が5月28日東海三県先行公開/6月11日全国公開。物語の主人公は写真家であり、日比自身がモデルとなっている。

日比遊一講演会

  • 7月17日[土] 午後2時-午後3時30分
  • 会場 名古屋市美術館2階講堂
  • 定員 90名(先着順、午後1時30分に開場し、定員になり次第締切)
  • 入場無料、ただし聴講には展覧会観覧券(観覧済みの半券も可)が必要です。

*講演会などで手話通訳・要約筆記などによるサポートをご希望の方は、当日の2週間前までにご相談ください。