ホーム > 展覧会 > 画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか

画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか

画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか

展覧会名
画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか
会期
2015年7月18日(土)〜9月23日(水・祝)
 前期・後期で一部展示替えがあります。
 前期:7月18日(土)〜8月23日(日)
 後期:8月25日(火)〜9月23日(水・祝)
開館時間
午前9時30分〜午後5時、金曜日は午後8時まで
(入場は閉館の30分前まで)
休館日
毎週月曜日(7月20日は開館、7月21日は休館、9月21日は開館)
主催
名古屋市美術館、中日新聞社
後援
愛知県・岐阜県各教育委員会、名古屋市立小中学校PTA協議会
協力
名古屋市交通局

観覧料

団体割引料金は20名以上に適用

入場料 当日 前売・団体
一般 1,300円 1,100円
高大生 800円 600円
中学生以下 無料 無料

注記

  • 前売券は主なプレイガイド、チケットぴあおよびコンビニエンスストアでお求めいただけます。(発売は7月17日(金)まで)
  • 身体等に障害のある方は手帳の提示により本人と付添者2名まで当日料金の半額でご覧いただけます。
  • 名古屋市交通局発行の「ドニチエコきっぷ」「一日乗車券」を当日利用して来館された方は100円割引。
  • 「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用されます。
  • いずれも他の割引との併用はできません。
  • 「画家たちと戦争」展の入場券で常設展もご覧いただけます。
  • 都合により展示内容が変更になることがありますので、ご了承ください。

概要

画家は、一般的に、絵画の手解きを受けてから少しずつ学習を深め、自己の芸術を探求して、画風を形成・確立し、成熟させるとともに、新たなる展開を目指して創作を続けて、その生涯を懸けて自己の芸術を完成させます。彼らは、古今東西の多様な芸術・文化を糧として、その画業を積み重ねていきますが、それ以上に、彼らが生きている社会と時代の動向に大きな影響を受けています。

そのなかでも「戦争」は、画家の芸術にとって圧倒的な事件として存在しています。日本の近代美術の歴史において、1931年の満州事変から始まり、1945年の太平洋戦争に終った十五年戦争が画家たちに与えた影響は極めて重大です。

本展では、この戦争の時代を生きぬいた代表的な画家たち(洋画家、日本画家、版画家の総計14名)に注目して、狭義の意味での戦中期(1937〜1945年)を挟んで、戦前期(〜1937年)と戦後期(1945年〜)の各時期に制作された作品(基本的に各3点、総計9点)を一堂に展示して、作品の変遷を展望することで、彼らが戦争を「いかにして生きぬいたのか」について検証しようとするものです。

戦後70年を迎える本年、不幸にも戦争の時代を生きなければならなかった画家たちが制作した作品を通して、「戦争とはどのようなものなのか」「戦争を生きぬくというのはどのようなことなのか」について考える機会になることを願っています。