ホーム > 展覧会 > 現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより

現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展
ヤゲオ財団コレクションより

現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展

展覧会名
現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展
ヤゲオ財団コレクションより
会期
2014年9月6日(土)〜 10月26日(日)
開館時間
午前9時30分〜午後5時
金曜日は午後8時まで(入場は閉館の30分前まで)
休館日
毎週月曜日
(ただし9月15日(月・祝)、10月13日(月・祝)は開館し
9月16日(火)、10月14日(火)は休館)
主催
名古屋市美術館、中日新聞社、
東京国立近代美術館、ヤゲオ財団(台湾)
後援
愛知県・岐阜県各教育委員会、
名古屋市立小中学校PTA協議会
協力
全日本空輸株式会社、ヤマトロジスティクス株式会社、
名古屋市交通局

観覧料

団体割引料金は20名以上に適用

入場料 当日 前売・団体
一般 1,200円 1,000円
高大生 800円 600円
小中生 無料 無料

注記

  • 前売券は主要プレイガイド、チケットぴあ、ローソンチケット、主なコンビニエンスストアでお求めいただけます。(発売は9月5日(金)まで)
  • 身体等に障害のある方、および付き添いの方には割引制度があります。手帳をご持参のうえ、窓口にお問い合わせください。
  • 名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用して来館された方は100円割引。
  • 「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用されます。
  • 「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより」入場券で常設展もご覧いただけます。
  • いずれも他の割引との併用はできません。

概要

世界トップクラスとされるヤゲオ財団(台湾)の現代美術コレクション。その中から、常玉(サンユウ)、フランシス・ベーコン、ザオ・ウーキー、アンディ・ウォーホル、杉本博司、蔡國強、ロン・ミュエク、ピーター・ドイグ、マーク・クインなど、代表作ばかりの73点を展示します。現代美術の名品の数々を楽しんでいただくとともに、世界的なコレクターの慧眼によって選び抜かれたコレクションの素晴らしさを存分に味わっていただける展覧会です。

展覧会のタイトルは「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」。ハードコアとは中核、中心といったような意味ですが、今回の展覧会で、まさに現代美術の中核ともいえる作家の作品が見られる、という意味合いが込められています。そして、じつは世界の宝である、という言葉によって、こういったコレクションが個人の宝物であるだけではなく、世界の人々にとっての大切な宝物であるということをお伝えしたいと思います。美術品は人の手から手へと渡っていきますが、私たち人類の宝物であることに変わりはありません。皆でその宝物を分かち合うことができれば、素晴らしいと思います。この展覧会はそのまたとない機会となるでしょう。