ホーム > 展覧会 > ゴー・ビトゥイーンズ:こどもを通して見る世界展

ゴー・ビトゥイーンズ:こどもを通して見る世界展

ゴー・ビトゥイーンズ:こどもを通して見る世界展

展覧会名
ゴー・ビトゥイーンズ:こどもを通して見る世界展
会期
2014年11月8日(土)〜 12月23日(火・祝)
開館時間
午前9時30分〜午後5時、金曜日は午後8時まで
(入場は閉館の30分前まで)
休館日
毎週月曜日(11月24日は開館、翌11月25日は休館)
主催
名古屋市美術館、読売新聞社、
美術館連絡協議会、中京テレビ放送
後援
愛知県・岐阜県各教育委員会、
名古屋市立小中学校PTA協議会
協賛
ライオン株式会社、清水建設株式会社、大日本印刷株式会社、
損害保険ジャパン日本興亜株式会社、ボンポワン
協力
名古屋市交通局
制作協力
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
企画協力
森美術館

観覧料

団体割引料金は20名以上に適用

入場料 当日 前売・団体
一般 1,200円 1,000円
高大生 700円 500円
小中生 無料 無料

注記

  • 前売券は主要プレイガイド、チケットぴあ[Pコード:766-325]、ローソンチケット[Lコード40036]、セブンイレブン[セブンコード032-569]など主なコンビニエンスストアでお求めいただけます。(発売は11月7日[金]まで)
  • 身体等に障害のある方、および付き添いの方には割引制度があります。手帳をお持ちの上、窓口にてお問い合わせください。
  • 名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用して来館された方は、100円割引。
  • 「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用されます。
  • いずれも他の割引との併用はできません。
  • 「ゴー・ビトゥイーンズ:こどもを通して見る世界」展入場券で常設展もご覧いただけます。

概要

写真家のジェイコブ・A・リースは、100年以上前のアメリカで貧困に苦しむ移民たちの生活をカメラに収める中、英語の不自由な親に代わって通訳などの用事をこなすこどもたちを見て、彼らを「ゴー・ビトゥイーンズ(媒介者たち)」と呼びました。

こどもは、置かれた境遇に生き方を左右されやすい弱い存在である一方、大人のようには常識や枠組みに囚われることなく、自由な発想で物事をとらえ、前向きに生きようとする力を持っています。未知の世界と真剣に向き合い、ときに戸惑い傷つきながらも柔軟に適応するその姿勢には、未熟さと、大人も気づいていないような物事の本質を鋭く見抜く不思議な強さが共存しています。

本展では、このような力を持つこどもを、広く私たち大人と世界をつなぐ「ゴー・ビトゥイーンズ(媒介者たち)」ととらえ、現実と空想をはじめ、異なる世界を往来するこどもの性質や彼らの持つ多様な感覚、また、彼らの生きる社会の諸相―家族・教育・グローバリズム・政治など―を、世界各国の20作家による映像、写真、絵画などの作品を通して紹介します。 これからの世界を私たちはどう生きるか、新たな視点でともに考え、語り合う場としての展覧会を、どうぞご体験ください。

※本展は2014年5月31日〜8月31日まで、東京の森美術館で行われた同タイトルの展覧会の巡回です。森美術館のHPには、アーティストインタビューなどの関連コンテンツが多数掲載されていますので、関心のある方はそちらもご覧ください。

また本展は以下の日程で次の会場にも巡回します。

沖縄県立博物館・美術館 2015年1月16日(金)〜3月15日(日)
高知県立美術館 2015年4月5日(日)〜6月7日(日)