ホーム > 展覧会 > 挑戦する日本画:1950〜70年代の画家たち

挑戦する日本画:1950〜70年代の画家たち

挑戦する日本画 1950〜70年代の画家たち

展覧会名
挑戦する日本画:1950〜70年代の画家たち
会期
2014年7月5日(土)〜 8月24日(日)
開館時間
午前9時30分〜午後5時
金曜日は午後8時まで(入場は閉館の30分前まで)
休館日
毎週月曜日 (7月21日は開館、7月22日は休館)
主催
名古屋市美術館、中日新聞社
後援
愛知県・岐阜県各教育委員会、
名古屋市立小中学校PTA協議会
協力
京都市美術館、名古屋市交通局

観覧料

団体割引料金は20名以上に適用

入場料 当日 前売・団体
一般 1,200円 1,000円
高大生 700円 500円
小中生 無料 無料

注記

  • 前売券は主要プレイガイド、チケットぴあ[Pコード766-212]、ローソンチケット[Lコード48007]、セブンイレブン[セブンコード030-857]等主なコンビニエンスストアでお求めいただけます。(発売は7月4日[金]まで)
  • 身体等に障害のある方、および付き添いの方には割引制度があります。手帳をご持参のうえ、窓口にてお問い合わせください。
  • 名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用して来館された方は、100円割引。
  • 「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用されます。
  • いずれも他の割引との併用はできません。
  • 「挑戦する日本画」展入場券で常設展もご覧いただけます。

概要

「日本画」は、幕末にヨーロッパから移入された油彩画すなわち「西洋画」に対して、日本古来の伝統を継承する絵画の総称として、明治期に誕生しました。これ以降、日本の近代化が進むなかで、狩野派、琳派に代表される江戸美術を基礎にしながら、ヨーロッパの近代美術の影響を受けて、「近代の日本画」は形成されていきました。

しかし、第二次世界大戦後、激動する日本社会の現実に対応できない「近代の日本画」に対する批判として「日本画滅亡論」が登場しました。この逆風のなかで、意欲的な日本画家たちは時代状況を踏まえながら、古今東西の美術を学ぶことで、「日本画」の革新に取り組みました。新しい時代の新しい「日本画」への多彩な挑戦が行なわれ、「現代の日本画」が創造されていったのです。

本展では、戦後一九五〇年代から一九七〇年代において、新しい日本画の創造に「挑戦する日本画」の代表作を集成して、日本画がいかにして「現代化」されたのかを再検討するものです。日展(堂本印象、福田平八郎、徳岡神泉、東山魁夷、杉山寧、山辰雄など)、院展(岩橋英遠、片岡球子、平山郁夫など)、青龍社(川端龍子、横山操など)の代表作家をはじめ、戦後に誕生した革新的なグループである創造美術から創画会(福田豊四郎、広田多津、加山又造など)、前衛的なパンリアル美術協会(三上誠、星野眞吾など)やケラ美術協会(岩田重義など)、そして从会(中村正義など)や現代美術の作家(桑山忠明、李禹煥)まで、総計50作家の作品78点を紹介します(一部展示替えがあります)。

21世紀を迎えた日本において、空前の江戸美術ブームを背景に、若い画家たちの「現在の日本画」に対する関心も高まっているなか、「現代の日本画」の面白さを再発見することのできる絶好の機会になりますので、ご期待ください。