ホーム > 展覧会 > 上村松園展

名古屋市美術館開館25周年記念 上村松園展

名古屋市美術館開館25周年記念 上村松園展

展覧会名
名古屋市美術館開館25周年記念 上村松園展
会期
2013年4月20日(土)〜6月2日(日)
開館時間
午前9時30分〜午後5時、
金曜日(5月3日[金・祝]を除く)は午後8時まで、
入場は閉館の30分前まで
休館日
毎週月曜日(4月29日[月・祝]、5月6日[月・振休]は開館)、
4月30日[火]、5月7日[火]
主催
名古屋市美術館、中日新聞社
後援
愛知県・岐阜県・三重県各教育委員会
協賛
アイシン・エィ・ダブリュ
特別協力
公益財団法人松伯美術館
協力
名古屋市交通局、JR東海、名古屋鉄道、近畿日本鉄道

観覧料

 団体割引料金は20名以上に適用

入場料 当日 前売・団体
一般 1,300円 1,100円
高大生 900円 700円
小中生 500円 300円
 

その他 注記

  • 前売券は主なプレイガイドとコンビニエンスストア、チケットぴあなどで 4月19日[金]までお求めいただけます。
  • 身体等に障害のある方、および付き添いの方には割引制度があります。手帳をご持参のうえ、窓口にてお問い合わせください。
  • 名古屋市交通局発行の乗車券のうち、「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を来館当日に利用された方は、当日券が100円割引になります。
  • 「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用されます。
  • 各種割引の併用はできません。
  • 「上村松園展」観覧券で常設展もご覧いただけます。

概要

74年の生涯をひたすら絵の道に捧げた女流画家・上村松園(1875─1949)。その清らかで気品に満ちた美人画は、今もなお人々の心を魅了してやみません。

松園は、明治・大正・昭和と日本美人画の歴史に残る数々の傑作を世に送り出してきました。戦後には女性で初となる文化勲章を受章し、京都にとどまらず、日本画壇を代表する画家の一人として輝かしい成功を収めています。しかしながら、松園の歩んだ人生は決して平坦なものではありませんでした。数々の偏見や試練を乗り越えるための並々ならぬ努力が、松園独自の芸術を育み、高めていったのです。

本展覧会では、一人の画家として、また女性として、困難に立ち向かいながらも変わらぬ姿勢を貫いた松園の生き方に焦点を当てて、作品を紹介します。東京、京都の国立近代美術館で開催された「上村松園展」(2010年)より3年、東海圏では三重県立美術館で開催された「上村松園展」(2004年)以来9年ぶりとなる、本格的な回顧展となります。