みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

展覧会ポスター
アルフォンス・ミュシャ《舞踏―連作〈四芸術〉より》(部分) 1898年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ⓒMucha Trust 2020
展覧会名
みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ― 線の魔術
会期
2020年4月25日(土)~6月28日(日)
開館時間
午前9時30分~午後5時、金曜日は午後8時まで
(入場は閉館の30分前まで)
休館日
月曜日(5月4日は開館)、5月7日(木)
主催
名古屋市美術館、ミュシャ財団、中京テレビ放送、読売新聞社
後援
チェコ共和国大使館、チェコセンター、チェコ政府観光局、名古屋市立小中学校PTA協議会
協賛
大成建設、光村印刷、損保ジャパン
協力
日本航空、日本通運、名古屋市交通局
企画協力
NTVヨーロッパ

展覧会公式サイトはこちらをご覧ください

観覧料

区分 当日 前売・団体
一般 1,500円 1,300円
高大生 1,000円 800円
中学生以下 無料 無料

団体割引料金は20名以上に適用

前売券(販売期間 11月1日(金)~4月24日(金))

[販売場所] 店頭:ファミリーマート、セブン-イレブン、ローソン・ミニストップ( L コード42164)、チケットぴあ(P コード769-835)、ローソンチケット( L コード42164)、セブンチケット、イープラスなどでお求めいただけます。

  • 障害のある方、難病患者の方は手帳の提示により本人と付添者2名まで当日料金の半額でご覧いただけます。
  • 名古屋市交通局発行の「ドニチエコきっぷ」「一日乗車券」を当日利用して来館された方は100円割引。
  • 「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用されます。
  • いずれも他の割引との併用はできません。
  • 「みんなのミュシャ」展の観覧券で常設展もご覧いただけます。

概要

時代を超えて、今もミュシャは生きている

現在のチェコ共和国に生まれたアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、1887年にパリに出ました。当時の人気女優サラ・ベルナールを描いたポスター《ジスモンダ》が評判となり、一気にポスター作家として著名になります。その後も、次々に印象的なポスターなどを制作してアール・ヌーヴォーを代表する画家として大成功を収めました。ミュシャの作品の流れるような曲線美はまさに「線の魔術」ともいえるもので、華やかな装飾とともに美しい女性像を彩っており、私たちを夢のような世界に誘います。

本展はミュシャ財団監修のもと、ミュシャ幼少期の作品に始まり、自身の蔵書や工芸品、デザインやイラスト、ポスターを展示し、さらに、後世においてミュシャから影響を受けたアーティストたちの作品も紹介しています。明治の文芸雑誌の挿絵、1960-70年代のイギリスやアメリカのグラフィック・アート、日本のマンガ家やアーティストの作品を通じて、ミュシャ様式と呼ばれるスタイルが後世のアーティストにいかに大きなインスピレーションを与えてきたかを確認することができるでしょう。

時代を超えて愛され続けるミュシャという画家の秘密に迫る、これまでにないミュシャ展にどうぞご期待ください。