ホーム > キッズ・プログラム > 夏休みこどもの美術館

夏休みこどもの美術館 2010
「どうやって、つくったの?」

美術館にある作品は、画家とか作家とかいう人たちがつくったものです。気が遠くなるぐらい、ていねいなつくり方からみんなびっくり!の意外なつくり方まで、つくり方は人それぞれ。「どうやって、つくったの?」「どうして、そのつくり方にしたの?」…そのヒミツ、展示室でいっしょにさがしましょう!

作品を"見て"楽しめるしかけをたくさん用意しています。ぜひ、美術館へあそびに来てね!

開催期間
2010年7月17日(土)〜9月20日(月・祝)
場所
名古屋市美術館 常設展示室1・2
開館時間
9:30〜17:00  入場は16:30まで
(祝日以外の金曜日は〜20:00 入場は19:30まで)
休館日
月曜日 (祝日のときは開館し、直後の平日に休館します)
観覧料
小・中学生 無料、高校・大学生 200円、一般 300円
(名古屋市在住65歳以上の方は100円)

ワークショップ

申し込みが必要です!

「作った人と話してみよう」
〜どうして、そのつくり方にしたの?〜

八島さんの描いた《夏の日》を見ながら、あなたが思ったこと、絵のこと、絵の描き方のこと…いろいろ話してみよう。みんなで八島さんの絵の描き方にも挑戦します。

実施日
@7月31日(土)午前10時〜午後3時
A8月1日(日)午前10時〜午後3時
話す人
八島正明(画家)
対象
小学4年生〜大人
参加費
300円 ※高校生以上は別に観覧料が必要
定員
各回20名

「作った人と話してみよう」に参加したい人は・・・

下の例にならって往復はがきに必要なことを書いて送ってください。

[申し込みの注意]

  • はがき1通で1日分、1名分の申し込みです。
  • しめきりは7月12日(月)。当日消印有効です。
  • 申し込みが多いときは抽選します。
  • 実施の10日前までに結果をお知らせします。

都合によりプログラムの実施や内容が変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

 

美術館で受付します

「みて、かんがえて、ためしてみよう」
〜どうやって、つくったの?〜

展示室にある作品は、どうやってつくったの?
よーく見て考えたあとで、同じやり方をためします。
何をするかは当日までのおたのしみ!

実施日
8月5日(木)、6日(金)、17日(火)、18日(水)
いずれも1日2回(午前10時半〜/午後1時半〜)
対象
小中学生
参加費
500円
定員
各回先着15名まで
※当日、15分前から地下ロビーで受付します。