お客様へのお願い

お客様に快適にご観覧いただくため、また展示品をより良い保存状態に保つため、以下のことをお守りください。

展示室内では…

  • 展示品及び展示ケースには、さわらないでください。
  • 「撮影可」の表示がある作品を除き、写真撮影や動画撮影はご遠慮ください。
    「撮影可」の表示がある場合も、フラッシュ、三脚、自撮り棒の使用はご遠慮ください。
    スマートフォンのカメラ機能を使った翻訳アプリを利用し、キャプションを翻訳することは可能です。係員がお声がけしますが、翻訳アプリの利用である旨、お伝えください。
  • 大きな荷物の持ち込みはご遠慮ください。大きな荷物はコインロッカー又は総合案内にお預けください。
  • 展示室内では、飴・ガムを含め、一切の飲食をお断りします。
    ペットボトル等をお持ちの場合、鞄などに収納してください。
  • メモを取る場合は、鉛筆をご利用ください。
    万年筆、ボールペン等インクを使う筆記具やシャープペンシルはご利用いただけません。鉛筆をお持ちでない方は、係員にお申し付けください。
  • 携帯電話、PHS、スマートフォンは電源を切るかマナーモードにし、通話はご遠慮ください。
  • 混雑時には、ベビーカーの使用をお断りする場合があります。
  • その他、会場に掲示された注意事項及び係員の指示に従ってください。

館内では…

  • コーヒーショップを除く館内では飲食禁止です。
    ただし、ロビーや階段室で、水分を補給していただくことは可能です。
  • 美術館の館内及び敷地内は、禁煙です。
  • ペットを連れての入館はご遠慮ください。ただし、盲導犬等の補助犬は入館可能です。
  • 館内への傘の持ち込みはできません。濡れた傘は、玄関の傘立てに入れてください。
  • 館内へ生花の持ち込みはご遠慮ください。
  • 館内での歩きスマホはおやめください。
  • 他のお客様のご迷惑になる行為はご遠慮ください。

ご来館の前に…

  • 美術館内は、作品保護の観点から温湿度を調整しております。体温調節のしやすい服装でお越しください。