常設展

常設展「名品コレクション展」では、1年度を三期に分けて展示替えを行い、約6000点の所蔵作品の中から時期ごとのテーマにあわせた作品を展示しています。 >名古屋市美術館のコレクション

名品コレクション展Ⅰ

2019年4月9日~6月30日

  • エコール・ド・パリ:フランスに魅せられた画家たち
  • メキシコ・ルネサンス:北川民次とメキシコ
  • 現代の美術:海外と日本と
  • 郷土の美術:此の地、彼の地

【 展示作品一覧 】

名品コレクション展Ⅱ

2019年8月1日~10月14日(前期)/10月26日~12月15日(後期)

  • エコール・ド・パリ:パスキンの芸術
  • メキシコ・ルネサンス:タマヨの芸術
  • 現代の美術:反復と連続
  • 郷土の美術:洋画におけるモデルとポーズ

名品コレクション展Ⅲ

2020年1月8日~3月1日

  • エコール・ド・パリ:パリの日本人作家
  • メキシコ・ルネサンス:イサム・ノグチとメキシコの作家
  • 現代の美術:写実の拡がり
  • 郷土の美術:岸田劉生と愛美社

ボランティアによる常設展ギャラリートーク(開館日は毎日実施)

午前11時から/午後2時から参加費無料(観覧料のみ)、申込不要
※都合により時間の変更や中止をすることがあります。