常設展 (常設展示室1・2)

常設展「名品コレクション展」では、1年度に3回程度の展示替えを行い、約6,000点の所蔵作品の中から時期ごとのテーマにあわせて展示しています。 >名古屋市美術館のコレクション

名品コレクション展Ⅰ

2017年4月29日~6月25日

  • 常設展示室1
    • エコール・ド・パリ:異郷の地にて
    • メキシコ・ルネサンス:日本に与えた影響~北川民次と二科会の画家
    • 現代の美術:惑う
  • 常設展示室2
    • 郷土の美術:森眞吾常設展

展示作品一覧

名品コレクション展Ⅱ

2017年10月7日~12月3日

  • 常設展示室1
    • エコール・ド・パリ:風景―ユトリロを中心に―
    • メキシコ・ルネサンス:それぞれのメキシコ -ブレーメ、ストランド、ティナ・モドッティ
    • 現代の美術:人間を描く
  • 常設展示室2
    • 郷土の美術:斎藤譲コレクションによる北川民次の版画常設展

名品コレクション展Ⅲ (前期)

2017年12月14日~2018年2月18日

  • 常設展示室1
    • エコール・ド・パリ:シャガールとモンパルナス
    • メキシコ・ルネサンス:北川民次の版画に見るメキシコ
    • 現代の美術:(前期)作品が伝える今を生きる私たちへのメッセージ
  • 常設展示室2
    • 郷土の美術:(前期)描かれた女性イメージ

名品コレクション展Ⅲ (後期)

2018年3月3日~2018年4月15日

  • 常設展示室1
    • エコール・ド・パリ:シャガールとモンパルナス
    • メキシコ・ルネサンス:北川民次の版画に見るメキシコ
    • 現代の美術:(後期)戦後の展開(1950-60年代)
  • 常設展示室2
    • 郷土の美術:(後期)戦後日本画の前衛

ボランティアによる常設展のギャラリートーク(作品説明)

展示作品や美術に対していだく感想や疑問などをボランティアと気軽に話し合いながら、鑑賞の楽しさや喜びを感じていただくのが「ギャラリートーク」です。

「絵画はよくわからない」「美術鑑賞が好き」どんな方でも大歓迎です。ボランティアが丁寧に対応しますので、ぜひご参加ください。

  • 実施日時
    開館日の毎日2回:午前11時から/午後2時から 約60分
  • 参加費
    無料(観覧料のみ)
  • 申し込み
    不要
  • 集合場所
    地下1階 常設展示室入口

※都合により、時間の変更や中止をすることがあります。
※特別展でもギャラリートークを実施する場合があります。実施日時等は特別展のページをご覧ください。