コレクション解析学2018-19

名古屋市美術館のコレクションから1点を選び、その魅力を学芸員が紹介する講座です。
各回午後2時より、2階講堂にて開催します。定員180名(申込不要、入場無料)

第1回

作品画像
ティナ・モドッティ
《操り人形としてのルネ・ダルノンクール》1929年

2018年5月27日[日]

演題:「マリオネット、メキシコを行く」
作品:ティナ・モドッティ 《操り人形としてのルネ・ダルノンクール》1929年
講師:竹葉 丈

 

第2回

作品画像
赤瀬川原平
《零円札と両替された現金の瓶詰》
1967年

2018年8月26日[日]

演題:「お金の価値ってなんだろう?」
作品:赤瀬川原平
《零円札と両替された現金の瓶詰》 1967年
《押収品・模型千円札パネル作品》 1963年
講師:笠木日南子

第3回

2018年10月28日[日]

演題:「沈黙の人間像が問い続けること」
作品:マグダレーナ・アバカノヴィッチ 《黒い立像》 1988年
講師:井口智子

第4回

作品画像
海老原友忠 《田端機関庫》 1972年

2019年1月27日[日]

演題:「縁をつなぐ」
作品:海老原友忠 《田端機関庫》 1972年
講師:角田美奈子

第5回

作品画像
アメデオ・モディリアーニ
《おさげ髪の少女》 1918年頃

2019年3月24日[日]

演題:「画家はなぜ子どもたちを描くのか?」
作品:アメデオ・モディリアーニ 《おさげ髪の少女》 1918年頃
講師:深谷克典