あいちトリエンナーレ2019「つくるをふかめるウィーク」の実施について

○つくるをふかめるウィーク
名古屋市美術館で開催している、ものづくりのプロセスを体験できる「アート・プレイグラウンド つくる CREATE」に、様々な「つくる」ことのプロフェッショナルがやってきます!
当日は「アート・プレイグラウンド つくる CREATE」の一角で「つくる」プロもそれぞれの技術を発揮してものづくりをしています。プロのつくる姿やその技術に出会うことで、「つくる」ことの面白さを深めましょう。(予約不要/参加費無料)

■実施日時およびゲスト(会場内でゲストによる公開制作を行います)
9月22日(日)13:30~16:30
会田大也(アイデアを形にするプロ/アーティスト・あいちトリエンナーレ2019ラーニングキュレーター)

9月23日(月・祝)13:30~16:30
青木美紅(想いを形にするプロ/アーティスト・あいちトリエンナーレ2019出品作家)

9月29日(日)13:30~16:30
denha(電子部品とアイディアでものをつくるプロ/マーブルマシーンビルダー)

■注意事項
・当日はゲストが会場の一角に滞在し制作をおこなっています。制作の様子をご覧いただくプログラムであり、必ずしも一緒に制作活動ができるものではありません。
・混雑時はできるだけ多くの方にご覧いただけるよう、順次入れ替えをさせていただく場合があります。
・通常「アート・プレイグラウンド つくる CREATE」で制作したものは各自お持ち帰りいただいておりますが、本企画内で制作するもののお持ち帰りはご遠慮ください。
・9月29日(日)は会場内ではんだごてを使用します。火傷の危険があるため、小学生以下の方は保護者同伴でご参加をお願いいたします。

あいちトリエンナーレ2019公式ウェブサイト
(アート・プレイグラウンド つくる CREATE):
https://aichitriennale.jp/artwork/N40.html

10/5(土)14:00~藤田嗣治作品解説会

今年度、エコール・ド・パリの代表的な作家である藤田嗣二の絵画2点《二人の祈り》《夢》をご寄贈いただいたことを記念して、名古屋市美術館が所蔵している藤田嗣治の絵画全9点の解説会を開催します。

開催概要
日 時:10月5日(土)14:00~15:30(受付13:30~)
場 所:名古屋市美術館2階講堂
講 師:深谷克典(名古屋市美術館副館長)
その他:無料、定員170名(申込不要・先着順)

みどころ
当館所蔵の藤田嗣治の絵画全9点を徹底解説!
令和元年6月21日に《二人の祈り》《夢》の2点をご寄贈いただいたことで、名古屋市美術館の藤田嗣治の絵画コレクションは9点(うち3点は寄託作品)となりました。今回の解説会では、第一次世界大戦中に描かれた最初期の風景画から晩年の宗教画まで、所蔵する9点の作品を中心に、藤田芸術の魅力を徹底解説します。

「岸田劉生展」グッズ付きチケット販売中

2020年1月8日(水)から名古屋市美術館にて開催する「没後90年記念 岸田劉生展」のお得な前売券として、数量・販売場所限定で2種類のグッズ付きチケットを販売しております。1月7日(火)までの販売で、なくなり次第終了となります。

1 「麗子ちゃんコスチュームキューピー」付チケット
○価格:1,800円(税込)※一般のみ
○販売:ローソンチケット(Lコード:42327)
○数量:500枚限定

2 「しりあがり寿イラストトートバック」付きチケット
○価格:2,100円(税込)※一般のみ
○販売:セブンチケット(セブンコード:075-453)
○数量:300枚限定

【共通】
・グッズは会期中、開館日、開館時間のみ会場にて引換可能
・グッズは会期中、特設ショップにて販売予定(1は770円、2は1,100円 いずれも税込)

 

【事前申込制】「カラヴァッジョ展」ヤマザキマリ氏記念講演会

10月26日から名古屋市美術館にて開催する「カラヴァッジョ展」にて、ヤマザキマリ氏を講師に招き、事前申込制の記念講演会を開催します。

日時:11月14日(木)13:00~14:00
会場:名古屋市美術館2階講堂
講師:ヤマザキマリ氏(漫画家・随筆家)
演題:「とっておきイタリア美術」
申込方法:事前申込制(往復葉書) 詳細(PDF)はこちらをご覧ください

※往復葉書でのお申し込み時のご注意
<9月末までに応募する場合>返信面が63円になるようにご投函ください。
<10月以降に応募する場合>往信面、返信面ともに63円になるようにご投函ください。

料金:入場無料[展覧会観覧券が必要(観覧済みの半券可)]
定員:150名(申込多数の場合は抽選)

 

 

ほっとできる場所の一つとして、名古屋市美術館へ

猛暑が続いた今年の夏。勉強や仕事、家庭のことで疲れを感じていませんか?
名古屋市美術館で、「ほっと一息」されるのはいかがでしょう。
涼しい常設展示室でゆったりと作品を眺めたり、地下ロビーの窓ガラスから陽光に輝く緑の景色に目を向けたり、図書室で気に入った画集をパラパラとめくったり。
心安らぐ時間を過ごしに、是非、名古屋市美術館へお越しください。

「カラヴァッジョ展」ヤマザキマリ イラストA4クリアファイル付きチケット(9/1~9/30)

10月26日(土)から名古屋市美術館にて開催する「カラヴァッジョ展」のお得な前売券として、カラヴァッジョの生誕月を記念し、9月限定かつ枚数限定で「ヤマザキマリ イラストA4クリアファイル付きチケット」を発売します。

「ヤマザキマリ イラストA4クリアファイル付きチケット」

○価格:1,700円(税込)

○期間:9月1日(日)~9月30日(月)   ※300枚限定 なくなり次第終了

○販売:ローソンチケット(Lコード:42319)

○引換:クリアファイルは会期中、開館日、開館時間のみ本展特設ショップにて引換可能

○その他:同クリアファイルは会期中特設ショップにて販売予定(408円税込)

 

「カラヴァッジョ展」の「名画の夕べ」、「クラシックの夕べ」の申込受付を終了しました。

「カラヴァッジョ展」の閉館後の展示室内での特別鑑賞会「名画の夕べ」、「クラシックの夕べ」につきましては、応募多数で定員に達しましたので申込受付を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ご参加いただける方には、9月8日以降に参加証(はがき)を順次発送します。

カラヴァッジョ展閉館後の特別鑑賞会チラシ

 

「あいちトリエンナーレ2019」(8月1日から10月14日)開催中

あいちトリエンナーレ2019」は、8月1日(木曜)から10月14日(月・祝)まで名古屋市美術館,愛知県美術館を含む愛知芸術文化センター、四間道・円頓寺、豊田市美術館等で開催します。今回のテーマは「情の時代 Taming Y/Our Passion」。
会場の一つである名古屋市美術館では、以下の12組のアーティストによる国際現代美術作品を展示いたします。

当館への出品作家

このほか、地下の常設展示室3において、「何かをつくりだすことの楽しさ」や、その過程を知ることができる「アート・プレイグラウンド つくる CREATE」を開催いたします。

他の会場も含めた「あいちトリエンナーレ2019」についての詳細は、下記公式ウェブサイトをご覧ください。
http://aichitriennale.jp/

藤田嗣治の絵画《二人の祈り》《夢》を、8月1日(木曜)より常設展示室で公開します。

藤田嗣治の絵画《二人の祈り》《夢》は、ともに令和元年8月1日(木曜)から令和2年3月1日(日曜)までの間、当館常設展示室にてご覧いただけます。是非お越しください。(令和2年3月2日以降の展示については未定です)

名古屋市美術館ブログ

2019年度名古屋市美術館特別展について

2019年度、名古屋市美術館では特別展を下記のとおり開催いたします。
皆様のご来館をお待ちしております。


〇印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション
2019.04.09(火)~05.26(日)


〇あいちトリエンナーレ2019 情の時代
2019.08.01(木)~10.14(月・祝)


〇カラヴァッジョ展
2019.10.26(土)~12.15(日)


〇没後90周年記念 岸田劉生展
2020.01.08(水)~03.01(日)

名古屋市美術館インスタ・マップ

南山大学経営学部川北ゼミの学生の皆さんが、名古屋市美術館の協力のもと、名古屋市美術館インスタ・マップを作成しました。

名古屋市美術館の館内と周辺でインスタ映えするフォトスポットをマップで紹介します。

#名古屋市美術館 で投稿してみよう。

詳しくはこちらをご覧ください。

「真島直子 地ごく楽」展の図録リーフレット引換えの開始について

「真島直子 地ごく楽」展図録に搭載されなかった図版を掲載したリーフレットが完成しました。

先行して図録を入手された方へのリーフレットの引換えを3月27日より開始します。

引換方法は、図録に添付されている「引換え券」をご覧ください。

 

2018(平成30)年度の特別展について

開館30周年を迎える2018(平成30)年は下記の特別展を開催します。

皆様のご来館をお待ちしております。

 

〇真島直子 地ごく楽

2018.03.3(土)~04.15(日)


〇モネ それからの100年 

2018.04.25(水)~07.01(日)


〇至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

2018.07.28(土)~09.24(月・休)

※リンク先のウェブサイトは主に東京展の情報が掲載されています。


〇開館30周年記念 ザ・ベスト・セレクション

2018.10.06(土)~11.25(日)


〇アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

2018.12.08(土)~2019.02.03(日)


〇辰野登恵子展

2019.02.16(土)~03.31(日)

 

新しいブログを投稿しました!

今回のタイトルは「展覧会カタログ校正の仕事」です。

美術館のお仕事!といえば、監視員をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
学芸員はというと、バックヤードで展覧会の準備作業から雑務まで日々慌ただしく過ごしております。
今回のブログは、館内であまりお見かけすることはない学芸の仕事のひとつ「展覧会カタログの校正」をご紹介します。

展覧会カタログ校正の仕事

新しいブログを投稿しました!

名古屋市美術館では当館学芸員が、収蔵作品をテーマにお話する解説会が年4回あります。

1月21日に行われたコレクション解析学では椎原治の写真、流氓(るぼう)ユダヤについて解説しました。
椎原はあまり馴染みのある作家ではないかもしれませんが、杉浦千畝の命のビザで来日したユダヤ人の姿を撮影しました。
聞き逃した方、これから当館にお越しの方、ぜひブログを読んでいただいて常設展へお越しください。
お待ちしております。

コレクション解析学

芸術と科学の杜「探索マップ」を作成しました!

名古屋市美術館と名古屋市科学館では、近隣の文化施設、地元の町内会・商店街、専門学校などと連携して、白川公園一帯を「芸術と科学の杜」と位置付け、この地域の知名度向上とイメージアップ、芸術と科学を中心とした賑わいあるまちづくりをめざした事業を行っています。
この事業の一環として「探索マップ」を作成しましたので、白川公園周辺のまち歩きにご活用ください。

芸術と科学の杜-探索マップ-表面
芸術と科学の杜-探索マップ-裏面