カラヴァッジョ展

カラヴァッジョ展

展覧会名
カラヴァッジョ展
会期
2019年10月26日(土)~12月15日(日)
開館時間
午前9時30分~午後5時、金曜日は午後8時まで 11月2日(土)・3日(日)は特別夜間開館で午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日
毎週月曜日(11月4日(月・休)は開館)、11月5日(火)
主催
名古屋市美術館、中日新聞社、CBCテレビ
後援
イタリア大使館、イタリア文化会館、名古屋日伊協会、愛知県・岐阜県各教育委員会、名古屋市立小中学校PTA協議会
協賛
野崎印刷紙業、アイシン・エィ・ダブリュ、東海東京証券
協力
アリタリア-イタリア航空、日本航空、日本通運、CBCラジオ、名古屋市交通局、JR東海、近畿日本鉄道
学術協力
メタモルフォジ財団(ローマ)
展覧会特設サイトはこちらをご覧ください。

観覧料

区分 当日 前売・団体
一般 1,600円 1,400円
高大生 1,000円 800円
中学生以下 無料 無料

団体割引料金は20名以上に適用

  • 前売券(販売期間7月1日(月)~10月25日(金))は主要プレイガイド、チケットぴあ(Pコード769-755)、ローソンチケット(Lコード42319)、セブンチケット、イープラス、主なコンビニエンスストア、中日新聞販売店、中日文化センターなどでお求めいただけます。
  • 障害のある方、難病患者の方は手帳の提示により本人と付添者2名まで当日料金の半額でご覧いただけます。
  • 名古屋市交通局発行の「ドニチエコきっぷ」「一日乗車券」を当日利用して来館された方は100円割引。
  • 「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用されます。
  • いずれも他の割引との併用はできません。
  • 「カラヴァッジョ展」の観覧券で常設展もご覧いただけます。

概要

美術の歴史を変えた男、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ

16世紀末、ひとりの天才の絵筆がローマに衝撃を与えました。ミケランジェロ・メリージ(1571-1610)、通称カラヴァッジョは、貴族や聖職者のみならず、民衆を含めたすべての人々の感情を揺さぶる、劇的で生々しい表現を宗教や神話の世界にもちこみ、一躍時代の寵児となりました。とりわけ印象的なその光と闇の効果は、同時代および後世の画家たちに多大な影響を与え、まもなくレンブラントやラ・トゥールが登場する下地を用意しました。本展覧会は、カラヴァッジョの作品約10点(帰属作品を含む)と、その追随者ら同時代の画家たちの作品約30点が、一時に名古屋で見られる奇跡的な機会です。日本で3度目、東海地方では18年ぶり、名古屋では初となるこのカラヴァッジョ展で、イタリアの巨匠の真の魅力と影響力の大きさを直に体感してください。