「はじめての美術 絵本原画の世界2013」展 開会式

6月14日、「はじめての美術 絵本原画の世界2013」展の開会式が行われました。

写真1

写真2  写真3

本展は、宮城県美術館が所蔵する1万点以上に及ぶ国内有数の絵本原画コレクションから選りすぐった26作家43タイトル320点あまりの作品を紹介しています。

展示作品の中には「ぐりとぐら」(山脇百合子)や「こんとあき」(林明子)など、世代を超えて今なお読みつがれている日本の絵本を代表する名作の数々が含まれており、子どもから大人まで幅広い年齢層の方に楽しんでいただける展示内容となっております。

また、絵本になじみがない方でも、原画ならではの美しい色使いや表現の豊かさを楽しんでいただけると思います。

写真4

7月21日まで開催の「はじめての美術 絵本原画の世界2013」展に皆様ぜひお越しください!

コメントは受け付けていません。