青木野枝展終了+名古屋のワークショップ

昨年末に会期終了を迎えた「青木野枝|ふりそそぐものたち」展。名古屋と豊田はもとより、全国からたくさんのみなさまにご来場いただきました。

クリスマスをはさみ仕事納めを過ぎてもつづいた撤収搬出作業は、正月休みで一息ついたあと、場所を作家のアトリエと倉庫に移しての搬入作業となりました。10トン車4台に4トン車2台の物量は、搬出と同じく数日を要しましたが、ようやくすべての作業を終えることができました。

青木展では名古屋か豊田のどちらかでほぼ毎週のように催事を行っていましたが、当館を会場とした中学生以上を対象とするワークショップについて、どんな様子だったか知りたいというお声がありましたので、遅ればせながらご紹介します。

晴れていれば屋外で遠巻きに見学していただけましたが、当日はお天気が悪く、屋内での実施となりました。見学を希望されていたみなさま、ご期待に添えず申し訳ありませんでした。

ワークショップは11月17日(土)と18日(日)に二日にわたって行いました。当日に欠席連絡をいただいた1名を除く、4.5倍の応募者から抽選で選ばれた11名にご参加いただきました。

青木さんのお話を聞き、作業開始。作りたいものがあるときはそれを、そうでないときは「自分のいたい場所」を作ります。構想を練り、紙にメモしたあと、厚さ4ミリ、45センチ四方の鉄板に切り出すパーツを下書きします。

下書きしたパーツを青木さんに教わりながら溶断で切り出しています。

切っている途中。熱を帯びる鉄がきれいです。

切り終えたところ。赤い作業用の皮手袋は青木さんの手。熱いのでペンチの柄でパーツを叩いて下に落とします。落ちたパーツはペンチではさみ、安全のため水を張ったたらいに入れて冷やします。

切り出したパーツをメモに置き、イメージを確かめています。

慣れたらひとりで溶断。ガスの量も自分で調節します。青木さんのアシスタントが見守ります。

溶接も慣れたら自分でします。完成までもうすぐです。

みなさんの作品の一部です。作業の様子をご紹介したおふたりの作品がどれか分かるでしょうか。

おおらかに描く子どもより手が自由に動く大人は、細やかにパーツの線を描くようです。細やかな分、溶断に時間がかかりましたが、できあがった作品も繊細で個性にあふれるものになりました。何をどんな思いで作り、それをどう感じたか、みなで最後に鑑賞会をしてワークショップを締めくくりました。

みなさん4キロ弱の重さのある自作を持ち帰られましたが、遠くは東京からのご参加。新幹線に持ち込んでのご帰宅でした。

今回のワークショップで、大人もこのような企画を求めていることがあらためて分かりました。定番の子ども向けだけでなく、これからも機会をとらえて大人に向けた企画を提供したいと思っています。みなさまお見逃しなきようご参加ください。

投稿者:み。

コメントは受け付けていません。