前田慶次 見参! -青木野枝展-

ただいま開催中の展覧会「青木野枝│ふりそそぐものたち」のテレビ取材に、名古屋おもてなし武将隊の前田慶次殿と陣笠隊の踊舞(とうま)さんがいらっしゃいました。


慶次「秋も深まり、まもなく冬じゃ!芸術の秋はやっぱりここじゃのう」

今回の展覧会では、今日の日本を代表する彫刻家、青木野枝さんの作品を紹介しています。
青木さんの作品は鉄板を溶断、溶接して、円や丸などの形をつないで作られています。


会場入口から巨大な彫刻が。
「おお!いきなり大迫力じゃ!」

青木さんは、生命やその働きを主題とする作品を作りつづけています。そして生命の営みを象徴するものとして、循環する水の姿を彫刻で表現しています。


「不思議な感覚じゃ。素材は鉄なのに重量感を感じぬ。」

「おもてなし隊なごや」は、11月14日(水)午後6時56分~7時、メーテレで放送されます。番組の最後には招待券のプレゼントのお知らせもあります。お見逃しなく!


「まだの者は、名古屋市美術館へ急ぐのじゃ!」


展覧会感想ノートに書き込む慶次殿と踏舞さん

※名古屋おもてなし武将隊

開府400年に合わせて、名古屋の魅力を全国に伝えるために結成された、名古屋にゆかりのある武将6人(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・前田利家・加藤清正・前田慶次)と4陣笠隊(立三・亀吉・元気!・踊舞)です。

投稿者:ナ

コメントは受け付けていません。