白川公園におさげ髪の少女が出現!

11月3日(土・祝)に中区栄の白川公園で「芸術と科学の杜・アート大会」を開催しました。

公園内の彫刻を探す彫刻スタンプラリーや偏光フィルターを使った宝探し、美術館と科学館の建物をながーいロープで繋いで、絵を描いたカードを飾る催しなど、小さいお子さんから大人の方までアートに親しんでもらえるイベントを開催しました。

中でも、目玉だったのが、公園のグラウンドに当館所蔵の《おさげ髪の少女》を拡大して描く、巨大地上絵in白川公園。

当日会場にお越しいただいたみなさんに、色紙を使って地上絵を描いてもらいました。

この赤いコーンの中に絵を描きます。
公園が広いので、小さく見えますが、これでも12メートル×9メートルあります。
原画サイズの約20倍です。

いよいよ開始。まずは髪の毛の部分からスタートです。
図版を見ながら色紙をピンでグラウンドにとめていきます。

次々に顔や体の部分も描いていきます。
様子はラジコンヘリにカメラを積んで上空から撮影しています。

全体像が見えてきました。
目が入ると、ぐっとそれらしくなってきますね。

この面積をひとつひとつの花で埋めていくのは予想以上に大変。
しかし、大勢のお客様に参加していただいて着実に完成に近づいていきます。

4時間半かかって、ようやく完成しました!
どうですか。おさげ髪の少女に見えますか?

何分初めてのイベントでしたので、本当に完成するのか、もの凄く不安でしたが、参加いただいた皆さんのおかげで無事完成することができました。
この他の催しも大盛況で、中にはこちらの準備不足で長時間お客様をお待たせしてしまったものもありました。申し訳ございませんでした。
今後も気軽にアートを楽しんでもらえるような催しが開催できたらなと思います。また美術館に遊びに来てくださいね。ご来場ありがとうございました。

ラジコンヘリを使った撮影は株式会社ケイアンドエス様にご協力いただきました。
ありがとうございました。

投稿者:ナ

コメントは受け付けていません。