青木野枝展ワークショップ@豊田市美術館

10月27日(土)と28日(日)に、豊田市美術館でワークショップがありました。

スタッフは青木野枝さんご本人と、そのアシスタントの方々です。

参加者は、小学生10名。

まず鉄板の上に下書きをして、そのかたちを吹管(すいかん)の炎で溶断します。

青木野枝さんが手伝っています。

次に、切ったパーツを溶接します。

溶断、溶接をくりかえして、作品に仕上げていきます。

↓まだ途中ですが、鉄板が立体になりました。

鉄の彫刻なので、なかなか存在感があります。

作家ご本人とそのサポートをしている皆さんと一緒に、展示作品とほぼ同じやりかたで制作できる、とても貴重な機会でした。

名古屋市美術館では、11月17日(土)、18日(日)に中学生以上を対象に、同じワークショップを行います。(参加者の募集は終了しました)。

11月23日(金・祝)、24日(土)には、「あいちトリエンナーレ2013プレイベント青木野枝 ワークショップ」が、名古屋市中区の東陽倉庫テナントビルで実施される予定です。

こちらは、小学生以上18歳未満の方が対象になっています。

申込〆切は11月2日(金)ですが、人数に空きがある場合は、11月3日(土・祝)以降も先着順で受付をされるようです。詳しくは下記リンクをご覧ください。

http://aichitriennale.jp/news_data/2012/10/001821.html

投稿者:nori

コメントは受け付けていません。