青木野枝展準備中

10月にはじまる青木野枝展の準備が進んでいます。事務連絡にあわせて、青木さんがアトリエの様子を知らせる写真を送ってくださいました。今回の展覧会には新作が複数出品されます。そのなかの1点の制作風景です。


材料の鉄板。新作のパーツとなる円が、無駄なく同心円状に描かれています。

青木さんの作品は、一枚の鉄板から作り出されています。縦横無尽に展開する立体的な作品からは想像しにくいですが、もとは平面なのです。作品を丁寧に解体し、きちんと組合わすと、また平面になります。ちょっと驚きませんか?


鉄板を溶断する青木さん。なんとまあ、穴のなかに入るんですね! 溶断作業にも無駄がありません。

鉄板を溶断して、切り出したパーツを溶接でつなぐというのが、青木さんの作品の作り方。溶断は、溶かして切る。溶接は、溶かして付ける、ということです。

青木さんいわく、鉄は柔らかく、透明なもの。

溶けるほどに熱せられた鉄は、青木さんが言うように、確かに柔らかく、透明に光輝いています。青木さんの作品には、柔らかく、光をはらんだ鉄の表情が面影のようにとどめられています。そんな鉄の意外な表情を発見するのも楽しい体験です。

さて、写真のパーツはどの新作のものか…。

それは、会場でお確かめください。

ご来場をお待ちしています。

投稿者:み。

コメントは受け付けていません。