特集展示 没後10年 荒川修作-初期平面の仕事

令和2年度の始まりに予定していた「特集展示 没後10年 荒川修作-初期平面の仕事」を、会期を2021年1月5日[火]から3月14日[日]に改めて開催しています。はじめに広報していた会期は、2020年4月25日[土]から6月28日[日]でした。会場は、常設展示室3で、変わりはありません。

展示風景(荒川修作)
会場風景

荒川修作(あらかわしゅうさく/1936-2010)は、20世紀後半の美術表現を語る上で欠かすことのできない成果を残した作家です。名古屋市美術館は、コレクション(所蔵作品群)をかたち作るに当たって、名古屋市出身の荒川を最も重要な作家のひとりとして位置づけ、その作品を収集して紹介してきました。

作家の死後には、エステート・オブ・マドリン・ギンズ所蔵の5点の作品を受託し、館所蔵の作品とともに折々に常設展で紹介しています。マドリン・ギンズ(1941-2014)は、荒川のパートナーであり、創作を共に担っていました。

この展示では、創作の初期に試みられていた荒川の取り組みを受託の5作品に館所蔵の2作品を加えて紹介します。受託の5作品を全点一緒に展示紹介するのは、2012年以来です。この機会にお見逃しのないようご来場ください。

コメントは受け付けていません。