ボランティア養成講座を実施中です

公式サイトの「トピックス」にも掲載していた通り、名古屋市美術館では今年度GW明けから7月15日まで、第11期ボランティアの募集を行いました。折あしく緊急事態宣言発令期間と重なり、広報も思うように出来ない中で果たしてどれだけの人が集まるかと心配しましたが、定員を上回る申込みがあり、書類審査と面接審査を経て選ばれた33名を対象に、10月初旬からボランティア養成講座を始めました。開講にあたっては三密回避をはじめ、可能な限りの感染症対策を講じています。

講座は1回につき約3時間、全9回を予定しており、名古屋市美術館の収集方針や所蔵作品に関する知識の習得と並行して、対話による美術鑑賞(ギャラリートーク)についての学びや実践練習を中心とします。11月15日に開催した第3回養成講座では、前半の所蔵作品に関するレクチャーに続き、後半では受講者が6つのグループに分かれ、ギャラリートークを体験しました。トークに携わるのは、当館ですでに活動しているボランティアです。
DSC_0019

大半の受講者は、これまで当館で実施しているギャラリートークへ参加したことがなく、ボランティアの解説を“一方的に聞くもの”と思い込んでいたようです。ところが、ボランティアの「この作品をよく見て気づいたこと、気になったことを一緒に話していきましょう」という誘いに応じて発言すると「なるほど、そう思ったのは作品のどの辺りから?」とさらに問いかけられ、次々に意見を引き出されていきます。

戸惑いつつも自身の考えを話し、他の意見にも耳を傾けながら作品に何度も目を向けるうち、受講者は互いの見方に共通点やつながりを見出して考えを深め、さらに新たな疑問を見つけるなど、当初「どう見たらいいのか分からな」かった作品との接し方を少しずつ理解していったようです。

作品や作家に関する知識やスキルも必要ですが、ギャラリートークを行うにあたり忘れてならないのは「自分の目で丁寧に観察する」ことです。つまり一方的に情報を与えられる受け身ではなく、みずから作品と向き合う積極的で主体的な姿勢が大切なのです。対話を重ねながら来館者の皆さんに「作品をじっくり見ることは楽しい」と実感していただくためには、ボランティア自身が経験を通じて、丁寧に作品を見る面白さ、奥深さを理解している必要があります。一朝一夕に身に付くことではありませんが、この回では、その基本中の基本を学ぶことをねらいとしました。

講座は来年3月まで続きます。感染拡大状況のこともあり、今後も予定通りに進む保証はありませんが、このような状況だからこそ焦らず地道に、出来ることからコツコツと取り組んでいきたいと思います。

コメントは受け付けていません。