ピンクボート、東京へ!

現在休館中の名古屋市美術館ですが、当館の収蔵作品は、他の美術館でもご覧いただくことができます。

今回ご紹介するのは、現在は森美術館(東京・六本木)で展示されている、草間彌生の作品《ピンクボート》です。1992年に制作された本作品は、その翌年に当館に収蔵されて以来、皆様に親しまれてきました。2018年に開催された、当館30周年を記念した展覧会「ザ・ベスト・セレクション」でご覧になった記憶が、新しいかたも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

pink_boat
草間彌生《ピンクボート》1992年

この「ピンクボート」は、横幅3.5メートルもある超大型の作品。搬出は午前中いっぱいかけて行われ、当館からは学芸員2名が立ち会いました。

まず作品収蔵庫で、取れかかっている房はないか、大きな汚れはないか…など、普段あまり見る機会のない底面まで作品の状態を念入りに点検します。そして今回のために特別に用意した、大きな木箱(クレート)に入れていきました。片側だけ壁をたてた状態で、美術専門の作業員さん達が慎重に作品の置き場所を調整中。

○IMG_8602

無事に梱包され、数人がかりでゆっくりと輸送トラックへと運びこまれていきました。移動した際の万が一の場合に備えて、箱の外側には青いクッションも備え付けられています。トラックの入り口には、心配そうに見守る当館学芸員。

○IMG_8605

「ピンクボート」は、東京へむけて旅立っていきました。

〜〜〜〜〜

現在開催中の展覧会はこちら。

STARS展:現代美術のスターたち—日本から世界へ
2020年7月31日(金)~2021年1月3日(日)
森美術館(東京)

その名のとおり、日本の現代美術の「スター」作家6名を紹介する、大規模な展覧会です。こちらは、草間彌生の展示室。1960年頃の初期作品から最新の絵画シリーズまで、草間作品に通底するコンセプトとその展開を追うことができます。当館の「ピンクボート」は、部屋の中央に展示されていました!

STARS33_72STARS18_72
展示風景:「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」森美術館(東京)、2020年
撮影:高山幸三 画像提供:森美術館
Installation view: STARS: Six Contemporary Artists from Japan to the World, Mori Art Museum, Tokyo, 2020 Photo: Takayama Kozo Photo courtesy: Mori Art Museum, Tokyo

手前にある高松市美術館所蔵の《無題(金色の椅子のオブジェ)》や、京都国立近代美術館所蔵の《トラヴェリング・ライフ》とゆるやかな連関をみせつつ、そのビビッドなピンク色で抜群の存在感を放っています。

このように名古屋市美術館のコレクションのなかには、日本全国から、また海外からも、貸出(展覧会出品)依頼をいただく作品が多く存在します。より多くのかたに作品をご覧いただく貴重な機会に今後も協力できるよう、これからも収蔵作品の修復・安全な管理を続けていきたいと思います。

コメントは受け付けていません。