感染症拡大防止対策 非接触温度センサーの寄贈

このたび、株式会社大倉 名古屋本社様より、「非接触温度センサー」の寄贈がありました。fig.1

最新AI搭載の温度センサーの寄贈が行われ、それに対して河村たかし名古屋市長が感謝状を贈呈しました。
この温度センサーは、非接触でマスクをつけたままで検温ができる優れモノ。再開後は美術館玄関に設置し、来館者が安心して作品を鑑賞していただけるよう有効活用させていただきます。センサーの前に立って熱があると大きな警告音が鳴るのですが、そこで教育長が一言。警告音の代わりに市長の声で「おみゃーさん。熱があるでよー」としてはどうですか、と提案。一同大爆笑でした。

コメントは受け付けていません。