美術をたのしむプログラム「びじゅつかん検定(2/16)」実施報告

名古屋市美術館では、主に小中学生(とその保護者)を対象とした「美術をたのしむプログラム」を年3~4回実施しています。ただ何となく見るだけではなく、さまざまな方法で作品にアプローチすることで、美術や美術館に親しみをもっていただくことがねらいです。

先日2月16日(日)には「びじゅつかん検定」を実施しました。
「何のために美術館はあるのか」という、学校でもなかなか学ぶ機会のない問いについて、参加者同士が話し合いながら理解を深めていくことをねらいとしたプログラムです。

今回参加したのは小学1年生から6年生までの21名。
学芸員から検定についての説明を聞き、全員で練習問題を試しに解いてみた後、縦割りで3つのグループに分かれ、それぞれ問題に取り組みました。

200216びじゅつかん検定_1

前半の検定3問は、美術館の宝物(収蔵作品)を守るための問題です。
「展示室へ持ち込んでいけないものは何?それはどうして?」
「美術館で火事が起きたとき、どうやって火を消すと思う?それはどうして?」
「泥棒から宝物を守るために、どんな対策をしているかな?それはどうして?」
最初に「どの問題も答えは一つではないよ」と聞いたこともあってか、参加者たちは手を挙げて、思い当たる考えをどんどん発言していきます。

200216びじゅつかん検定_2

スタッフも「なるほど、そう考えた理由は何かな?」「こういう場合はうまくいかない気がするんだけど…その時はどうする?他に方法はある?」などと応戦しつつ、参加者たちが知恵を出し合いながら、さらに良い答えを導き出せるよう促します。

後半は、前半で話し合ったことを踏まえて、美術館が色々な工夫をして守っている宝物が一体どんなものか、常設展示室へ確かめに行きました。
額に入った油絵作品から、金属でできた巨大な立体作品、表面にさざ波のような凹凸のある真っ黒い直方体、うんと小さなメキシコ絵画まで、みんな宝物と知った参加者は、美術館の宝物の幅広さに驚くだけでなく、どれに対しても興味深そうに観察し、グループの仲間と思い思いに気づいたこと、感じたことを話し合っていました。

200216びじゅつかん検定_3

最後は、全員が一生懸命検定に取り組んでいたことを確認し、合格証を一人ひとりに手渡しした後、保護者へのお手紙をファイルに挟んで配付、終了としました。

200216びじゅつかん検定_4

2019年度の「美術をたのしむプログラム」は、おかげさまで全て終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。残念ながら抽選に漏れてしまった方も、また是非ご応募ください。お待ちしております。
4月からの2020年度も年3回のプログラム開催を予定しております。順次、美術館の公式サイトやチラシで情報発信をしていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(3)

コメントは受け付けていません。