特別展「カラヴァッジョ展」記念講演会

本日10月26日、名古屋市美術館2階講堂において、特別展「カラヴァッジョ展」記念講演会を開催しました。

講師は本展監修者で東京大学名誉教授・同大特任教授の小佐野重利氏、テーマは「カラヴァッジョ―時代の申し子あるいは挑戦者―」です。

IMG_4645

180名の定員が満席の状態で、講演会は定刻14時から始まりました。

ADS_1383

他の画家の作品との比較などを織り交ぜながら、カラヴァッジョの作品について貴重なお話をしていただきました。

本展の会期は、本日より12月15日(日曜日)までです。

11月10日(日曜日)には、神戸大学教授の宮下規久朗氏を講師にお迎えし、「カラヴァッジョと斬首」をテーマに記念講演会を開催します。

また、常設展「名品コレクション展II」では、今年6月に当館へ寄贈された藤田嗣治の絵画「二人の祈り」「夢」も展示中です。カラヴァッジョ展入場券でご観覧いただけますので、是非こちらもご覧ください。

コメントは受け付けていません。