あの場所は今:ユトリロが描いた「ノルヴァン通り」

図1

エコール・ド・パリの優品を数多く所蔵する名古屋市美術館。コレクションのきっかけは、愛知県稲沢市出身で、50年以上もパリに滞在し、現地の風景を描き続けた画家・荻須高徳の存在でした。荻須が描いた場所は、稲沢市荻須記念美術館の調査などによって、いくつも特定されています。例えば当館が所蔵する荻須の代表作《洗濯場》が描かれた場所は、パリ市内ではなく、パリの北部に隣接する都市・オーベルヴィリエであることがわかっています。

図2

さて、当館を代表する風景画、モーリス・ユトリロの《ノルヴァン通り》は、パリの道の名前がタイトルになっていますので、場所の特定は難しくありません。ノルヴァン通りは、パリ北部の小高い丘の一帯、モンマルトルにあります。白亜のドームが美しい「サクレ・クール寺院」や、20世紀初頭に若きピカソらが使用した共同アトリエ「バトー・ラヴォワール」、サルバドール・ダリの美術館「エスパス・ダリ」などがある、言わずと知れたパリの観光名所です。ノルヴァン通りはサクレ・クール寺院から西に伸びており、歩みを進めていくと似顔絵描きで賑わう「テルトル広場」に出ます。

図3

スターバックス・テルトル広場店を通過して1分ほど歩くと、ノルヴァン通りはジャン=バティスト・クレマン広場通りに分岐します。この三叉路に立ち、来た道を振り返ると、ユトリロが描いた《ノルヴァン通り》の風景を見ることができます。

図4

図5

ユトリロの絵と実際の風景を比べると、建物はほとんど変わっていないのがわかります。ノルヴァン通りの奥にそびえるサクレ・クール寺院のドームも、ほぼ同じように建物越しに見ることができます。正面に見えるレストラン「ル・コンスラ」(Le Consulat)は現在も営業中。右の建物の一階は、ユトリロの描いた当時はパン屋(Boulangerie)でしたが、現在は黄色い庇が目をひく土産物屋に変わっています。

図6

ユトリロと同じような構図で写真を撮ろうとすると、カメラを高く掲げる必要がありました。ユトリロはモンマルトルの白黒の絵はがきをもとに絵を描くことも多かったと言われており、当館の《ノルヴァン通り》も高い三脚を用いて撮影された写真(の絵はがき)を参考にして描かれたのかもしれません。撮影当日は曇り空、時折小雨の降る天気で、建物も石畳の路面もやや鈍い灰色の印象が強く残りました。ユトリロの《ノルヴァン通り》も曇り空ですが、画面の色調はやや黄味を帯びた白が支配的であり、実際の風景よりも温かみを感じます。ユトリロの風景画は作者自身の孤独や憂愁が投影されている、などと評されることも多いですが、あまり先入観に囚われずに見た方が良いのかもしれない、との思いを強くしました。

 

投稿者:nori

 

 

コメントは受け付けていません。