ランス美術館展:初の試み

ランス美術館展の会期もいよいよあと2週間となりました。

本展では、当館で初の試みとなる関連催事を数多く実施しましたので、まだ会期途中ですが、振り返ってみたいと思います。

1 出張講演会(8/22・8/30)

改修工事のための臨時休館中に、学芸員が市科学館と市博物館へ出張して、ランス市の魅力を歴史と文化の両面からわかりやすく解説する講演会を実施しました。暑い中たくさんの方にご参加いただきました。

 

DSC_1799

 

2 教員向け「作品解説会」(10/13)

団体鑑賞のきっかけにしていだくために、教員のみなさまを対象とした作品解説を実施しました。

 

3 会場内演劇「マラー巡礼:美術と視覚をめぐる物語」(10/20・21)

10月20日の名古屋市とランス市の姉妹都市提携の調印を記念して、ランス市から演出家エヴァ・クラスカさんを招き、当館職員を含む日本人役者を起用し、会場内にて演劇を実施しました。。21日はランス市長さんもご観覧いただきました。

当日の映像は以下のサイトでご覧いただけます。

http://www.chunichi.co.jp/article/movie/list2/ZZ2017102601009403.html

写真2

 

4 クラシックの夕べ(10/28)

閉館後の展示室内でセントラル愛知交響楽団の木管五重奏と学芸員の作品解説が楽しめる特別鑑賞会「クラシックの夕べ」を実施しました。名画を鑑賞しながら生演奏が聴けるというゆったりぜいたくな時間を満喫していただきました。

写真3

 

5 名画の夕べ(11/11)

閉館後の展示室内で学芸員が作品解説を行う「名画の夕べ」を実施しました。参加者の皆様は深谷副館長と美術談義をしながら、ゆっくり鑑賞されていました。

 

6 休館日のベビーカーツアー(11/13)

普段美術館に来るのを遠慮しているかもしれない子育て中の方を対象とした「休館日のベビーカーツアー」を実施しました。休館日の美術館で学芸員の解説を聞きながら、ゆっくり気兼ねなく鑑賞していただきました。普段展示室ではあまり聞かないお子様の声を聞いて、関係者一同ほっこりした気分になりました。

写真4

 

7 シャンパーニュの夕べ(11/18)

閉館後の展示室内で学芸員の作品解説を聞いた後に、シャンパンと軽食を楽しんでいただく「シャンパーニュの夕べ」を実施しました。ランス美術館展にご協力をいただいてるG.H.マム社のシャンパン「コルドン・ルージュ」が大変好評でした。

写真5

 

ランス美術館展は12月3日までです。まだ観てない方やもう一度観たいという方もお見逃しなく。

ここまで凝ったフォトスポットも初の試みかもしれません。

 

写真6

 

 

 

コメントは受け付けていません。