台風一過

台風21号にかかわる非常配備で10月22日(日)の夜から23日(月)の朝まで美術館で過ごすことになりました。特別展に出品する海外からの借用作品の受け入れのため、夜半から早朝まで美術館で待機したこともありますが、日付を跨いで長い時間を夜の美術館で過ごすのは久しぶりのことです。

10月21日(土)と22日(日)は名古屋まつりの実施日にあたり、多くのみなさまが楽しみにしておられたことと思いますが、英傑行列をはじめ多くの催事が中止になりました。名古屋市美術館でも関連事業として22日は常設展利用が無料となるため、ボランティアが通常のギャラリートークに加えて特別企画を用意していましたが、例年ほどにはお客様に利用していただくことはできませんでした。22日は衆議院議員選挙日でもあり、何かと落ち着かない週末だったように思います。

1

写真は、23日(月)の早朝に撮影したものです。
警報がまだ出ているにもかかわらず、雨が上がり日差しが見えはじめた頃から犬の散歩やジョギングをする方の姿が白川公園に見られるようになりました。
写真の作品は、美術館の建物の正面に設置されているコールダ―の《ファブニール・ドラゴン II》です。「あれ、いつもと違うぞ」と思われた方があるかもしれません。

風を受けてくるくる回る頭の部分がなくなっています。
台風の風で激しく回転したり、煽られて飛ばされて周りの人を傷つけないよう、あらかじめ頭の部分を外しています。これは作品を守るためでもあります。
一年のうちに何度かこうした状態になります。
この度の台風では雨の降りはじめた21日(土)の朝に取り外す作業を行いました。

台風の折に美術館を訪れる方は多くはないと思います。
頭のないドラゴンをご覧になったことがある方も多くはないと思い、復旧前の姿をご紹介しました。

樹木の枝が折れたりしましたが、美術館には目立った被害はありませんでした。この後、各所で被害の状況が明らかになってくることでしょう。大きな被害のないことを願うばかりです。

投稿者:み。

コメントは受け付けていません。