名古屋市図書館でランス市のPR展示が開催されています!

「姉妹都市提携応援! 名古屋市図書館ランスPR展示」

ランス美術館があるランス市と名古屋市は10月に姉妹都市提携を結ぶことが予定されています。これを記念して、名古屋市図書館全21館で、ランスやフランスについて紹介する展示が7月22日より3期に分けて順次行われています。シャンパン、大聖堂、ゴシック建築、ジャンヌ・ダルク、そしてランス美術館といったランスやフランスにまつわる話題を、各館の独自のアイデアによって取り上げています。現在(第3期)は、鶴舞中央、東、北、山田、中村、瑞穂、南陽、南、志段味で10月14日まで開催されています。

 鶴舞中央図書館では、3期に分けてランス出身の著名人の紹介や建築をテーマにした展示が行われています。現在は「ランス美術館展」に関連し、出品作家であるゴーギャンやドラクロワの画集や藤田嗣治の図録などが手に取って見られるように置かれています。2階の貸出カウンターのすぐ横にあります。

IMG_5419トリミング

IMG_5420

終了した展示の様子やそこで紹介された書籍の情報が、以下の名古屋市図書館のHPにて紹介されています。ランスにまつわる情報が満載です。ぜひチェックしてみてください。

https://www.library.city.nagoya.jp/oshirase/topics_tenji/entries/20170727_04.html#chap01

ランス美術館展は、いよいよ10月7日開幕です!

ランス美術館展では、ドラクロワ、コロー、ミレー、ピサロ、ゴーギャン、藤田嗣治など、日本人にもなじみ深い作家による作品をご覧いただけます。本展は日本国内を巡回してきましたが、名古屋が最終会場。姉妹都市提携を記念して、特別に当館のみに出品される3作品も含め、名品を見るラストチャンス! 

美術館がある白川公園は、これから木々も色づき美しい季節を迎えます。ぜひご来館ください。

 

投稿者:I.

コメントは受け付けていません。