ランス美術館

4月1日より新年度が始まりました。今年度、名古屋市美術館は4本の特別展を予定しています。

http://www.art-museum.city.nagoya.jp/exhibitions/temporary_ex

今回のブログは、10月に始まる「ランス美術館展」に関連したお話です。

ランス美術館外観

ランス美術館と名古屋市美術館は、2013年に「友好提携に関する覚書」に調印しました。昨年の「藤田嗣治展」も、実はこの相互交流事業の一環として実施されたものでした。戦後、日本を脱してフランスに戻った藤田嗣治は、1959年にパリから北東に約130km離れたランス市のノートル・ダム大聖堂でカトリックの洗礼を受けました。1966年には、同市内に「平和の聖母礼拝堂」(通称シャペル・フジタ=写真)を建立し、内部の壁画やステンドグラスのデザインを手がけました。藤田の遺体はこの礼拝堂の地下に埋葬されており、君代夫人もここに眠っています。こうしたご縁から、あわせて2300点以上の藤田の作品や資料がランス市に寄贈され、今やランス美術館は藤田の研究や個展の開催において欠かせない機関となりました。先の「藤田嗣治展」では47点の作品をランス美術館より借用し、初日にはカトリーヌ・デュロ ランス美術館長による講演を行いました。

reims 2

© Christian Devleeschauwer

reims 1

© Christian Devleeschauwer

そしてこの秋には、いよいよランス美術館のコレクションの中から選りすぐった名品を名古屋でご覧いただけることになります。現在のランス美術館の建物は中世の修道院を改築したもので、191310月に開館しました。細長い回廊のような展示室が特徴です(写真)。コレクションは16世紀から21世紀まで幅広い時代を網羅しており、中でも17世紀から19世紀のフランス絵画が充実しています。とりわけ19世紀のフランスを代表する風景画家、カミーユ・コローの作品は29点を所有しており、これはルーブル美術館に次ぐ重要なコレクションとなっています。

「ランス美術館展」ではコローはもちろん、ダヴィッドやドラクロワ、ミレー、クールベなど、フランス絵画史を語る上で外すことのできない重要作家たちの作品をご覧いただけます。「藤田嗣治展」でも未公開だった藤田の作品約20点、さらに現在、国立西洋美術館で個展が開催され、その価値が見直されているテオドール・シャセリオーの作品2点にもご期待ください。現在「ランス美術館展」と「シャガール展」の開催予告ちらしが配布されています。6月25日(日)まで開催中の「異郷のモダニズム―満州写真全史―」でご来館の際には、どうぞお手に取ってご覧ください。reims A4f

投稿者:nori

コメントは受け付けていません。