「永青文庫 日本画の名品」開会式

1月13日、「永青文庫 日本画の名品」の開会式が行われました。

開会式には、主催者の名古屋市美術館と中日新聞社の関係者をはじめ、展覧会開催にあたって特別な協力をいただきました公益財団法人永青文庫の林田常務理事と技法などでご協力いただきました愛知県立芸術大学の松村学長にご臨席いただきました。

 

1枚目

 

 「永青文庫 日本画の名品」は、永青文庫の設立者である細川家第16代当主、細川護立候が一代で築き上げた、「近代日本画」と「禅画」の類い稀なコレクションを紹介するものです。

 

「近代日本画」では重要文化財である菱田春草の《落葉》、《黒き猫》、小林古径の《髪》をはじめ、横山大観、鏑木清方、上村松園、川端竜子など、人気の高い日本画家の文部省美術展覧会や日本美術院展覧会で入選・受賞したものを中心とした34点、その名のとおり名品揃いの内容となっております。 

2枚目

 

 「禅画」では奇抜な画風、あるいは飄逸な画風で最近殊に人気が高まっている江戸時代の名僧、白隠と仙厓による作品を紹介いたします。永青文庫の禅画のコレクションは質量ともに国内外で最高のレベルにあり、その中から23点を展示いたします。

3枚目

 

 細川護立候の慧眼を堪能できる珠玉の名品計57点が、名古屋に集う大変貴重な機会となります。

日本画を愛好する皆さまはもちろんのこと、たくさんの方々に楽しんでいただけると自負しておりますので、是非名古屋市美術館に足をお運びください。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。