ヘルシンキのモディリアーニ展

北欧フィンランドの首都ヘルシンキにあるアテネウム美術館で現在「モディリアーニ:内なる視線」という展覧会が開催されています(201725日まで)。名古屋市美術館が所蔵する《立てる裸婦(カリアティードのための習作)》が出品されていますので、ご紹介しましょう。

 

12月のフィンランドの寒さは格別です。昼間でも氷点下の厳しさですが、それを利用して駅前広場にはスケート場が設けられていました。

写真1

 

その広場と道路を挟んで向かい側にあるのがアテネウム美術館。ヘルシンキ中央駅のすぐそばという便利な立地です。

写真2

巨大な看板の裸婦は、大阪市立近代美術館準備室の所蔵品。ヘルシンキの空港にも同じ看板がありました。

 

担当学芸員のアナ=マリア・フォン・ボンスドルフさんの案内で会場をじっくりと見学しました。会場の導入部にはモディリアーニと関係した人々の写真が半透明な布に印刷され、森のようになっています。

写真3

その下には解説パネルが置かれ、写真の人物とモディリアーニとの関係がわかるようになっています。 

 

当館の《立てる裸婦》は会場の前半、彫刻との関係を示す部屋に展示されていました。

写真4

右の壁の《カリアティード》は愛知県美術館の作品です。その間の巨大な作品は、本物ではなくレプリカ。同じ部屋には石彫が3点飾られ、

写真5

 

さらにギリシャやエジプトなど、モディリアーニが影響を受けた彫刻(ルーヴル美術館から借用した本物)も展示され、

写真6

創作のルーツがよく分かるよう工夫がされています。

 

途中の展示室には、モディリアーニが生きた20世紀初頭のパリを彷彿とさせるポスターの展示や、

写真7

 

その頃のパリの街角の映像なども上映され、作品だけでなく、様々な視点からモディリアーニを紹介しています。さらに作品の簡単な模写を行うワーク・ショップの部屋まで用意されており、大人も子供も楽しそうに制作に励んでいました。

写真8

 

決して大規模な展覧会ではありませんが、隅々まで配慮の行き届いた内容の濃い充実した展示と感じました。そして担当学芸員のこだわりを強く感じさせたのが展示室の最後です。通常の展覧会ですと会場の途中に展示される年譜が、ここでは一番最後に配置されていました。

写真9

 

そして、モディリアーニ伝説を不滅のものとした、妻ジャンヌとの関係は、さらにその後、出口のすぐ近くのパネルで説明されていました。

写真10

 

幾度か映画化されたモディリアーニとジャンヌの劇的な生涯に影響されることなく、作品の造形的な素晴らしさを純粋に鑑賞してほしい。ボンスドルフさんの強い思いがそこには込められていました。

ところで、解説パネルの写真を見ていただくと、いずれも3枚あることにお気づきでしょうか。これはフィンランド語、スウェーデン語、英語の3か国語表記を義務付けられているからで、常設展示も同様でした。街角や駅、レストランなどで現地の方と言葉を交わしても、皆驚くほど英語が達者。フィンランドってこういう国なんだと、認識を改めました。

F

コメントは受け付けていません。