名古屋市美術館のディティール②

2016-05-08 14.42.58

さて、これはどこでしょうか?

緑色の手すりが綺麗な曲線を描いています。

名古屋市美術館の設計者黒川紀章は、このように曲線を巧みに使い、また、色にもこだわりました。

この緑は日本の伝統色「常盤緑(ときわみどり)」。建物を遠くから見た時にもひときわ目を引く鮮やかな緑です。

建物の中に入れば、やはり日本の伝統色である「朱(しゅ)」も目に入ります。

ご来館される時には、どうぞ、色にも注目してみてください。

 

投稿者:AN

コメントは受け付けていません。