名古屋市美術館のディティール①

名古屋市美術館には鳥居があります。銀色に光っています。

この建物を設計した黒川紀章は、歴史と未来の共生、西欧と日本の文化の共生を目指したとのこと。その意味で、この鳥居は象徴的といえるかもしれません。

美術館の一角にしつらえられた、神聖なスポットです。

ちなみに、手前に写っている鉄の物体は、黒川紀章のテトラユニット。大阪万博の時に東芝IHI館の建物のパーツとして使用したものです。

 

 

ディティール1

 

 

投稿者:AN

 

コメントは受け付けていません。