珍客。

当館は白川公園内にありますので、公園内を散策していますと種々の生き物に出会うことがあります。

今の時期は姿こそあまり見えませんが、ウグイスの鳴き声が聞こえてくることがあります。

そんなウグイスの鳴き声を聞きながらふと思い出したお話を。

 

もう昨年の話になりますが、当館の南側にある池に、こんな珍客がやってきました。

 ブログ_珍客_画像

 ウ です。

まるで墨に彫刻を施したかのような姿かたちについ見とれてしまいました。

カワウでしょうか?ウミウでしょうか?

鳥にあまり詳しくない筆者には分かりませんでしたが、名古屋の真ん中、白川公園内の美術館をバックに佇む、ウ。

撮影のために近寄ってみましたが、逃げません。

間違いなく野生のウですが、逃げません。

「何だコイツ?」という目をしながらジリジリと遠ざかってはいきましたが…

せっかくのご来館の邪魔をしてはいけないので、撮影のみで退散しました。

 

このような珍客はあまり来ないにせよ、美術館の敷地内でもさまざまな生き物を見ることができます。

季節の移り変わりに思いをはせながら、その時々の自然とともに美術鑑賞を楽しまれてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。