夏休みこどもの美術館2014「ざらざらえのぐで、でっかいびょうぶ」

台風11号がじわじわと日本に近づいていた8月8日(金)午前、小学1~3年生対象のワークショップ「ざらざらえのぐで、でっかいびょうぶ」を開催しました。
今回の講師は、美術家の山口百子さんです。

「みんな、屏風ってどんなのか知ってる?」
「知ってるー、おひなさまの後ろに立ってるやつでしょ?」
「そうだね、あれも屏風。でも、金ぴかの無地のものだけじゃないんだよ」

今回はまず参加者全員で展示室へ移動し、屏風がどのくらいの大きさのものなのか、
どんな絵が描かれているのかを見ました。
Wの形に折り立ててある作品もあれば、壁に平らに張り付けてある作品もあります。
でっかいびょうぶ①

講堂へ戻ったら、グループ毎に自分の好きな色の水干(すいひ)絵具をえらんで、方解末(ほうかいまつ)と一緒に絵皿に入れてもらい、
でっかいびょうぶ②

絵具の粒を指ですりつぶした後、膠(にかわ)液を入れて、よく練ります。
でっかいびょうぶ③

グループに用意された縦長の大きな画面に、ざらざら絵具で汚れた指をそのまま、えいっ。
手ざわりを確かめながら描いていきます。
でっかいびょうぶ④

最初は真っ白な紙に何を描いたらよいか悩んでいた参加者も、同じグループのお友達が描いているものに触発されてアイデアが浮かび、絵の世界はどんどん広がっていきます。
でっかいびょうぶ⑤

画面が大きいから、手が届かないところは乗っかって描いちゃえ。
でっかいびょうぶ⑥

あっという間に画面がみんなの描き込みで埋まってきました。
でっかいびょうぶ⑦

次は、硯で墨をすって墨汁を作ります。
ほとんどの参加者が初経験だったようですが、墨をすっている間はそれまでの賑やかさが嘘のように静まり返っていました。
でっかいびょうぶ⑧
でっかいびょうぶ⑨

筆に墨をつけて、先ほどの画面にさらに絵を描いていきます。
なんだか絵に奥行きが出てきました!
でっかいびょうぶ⑩
でっかいびょうぶ⑪

画面が乾いたところで、縦長の画面を2つずつ、つなぎ合わせて立たせ…
でっかいびょうぶ⑫

すべての画面がつながったところで、四曲一隻(よんきょくいっせき)の屏風の完成です!
でっかいびょうぶ⑬

お迎えに来ていた保護者の方と一緒に、出来上がった作品を鑑賞。
完成作の迫力に大人もびっくりです。
今回は作品を持って帰ることができないので、皆スマホやケータイ片手に大撮影会となりました。
でっかいびょうぶ⑭

グループ毎にバラバラに描いていたはずなのに、画面がつながると呼応する部分が見つかったりして、最初から一つの大きな作品だったように見えたのがとても不思議でした。
床に寝かせて描いていたときと画面をつないで立たせたときで、見え方が全然違うことに参加者は一番驚いていたようです。

講師の山口さん、学生アシスタントの皆さん、そして参加者の皆さん、ありがとうございました!

投稿者:3

コメントは受け付けていません。