トリエンナーレもろもろ

 台風が行過ぎた白川公園に蝉の声が聞こえるようになりました。まだ蒸し暑い日がつづいていますが、蝉の声に煽られたじりじりとした暑い夏がもうそこまで来ているようです。
 去年の今頃は「あいちトリエンナーレ」の準備であわただしくしていた当館も、今年は「挑戦する日本画展」が7月5日(土)にはじまり、静かに落ち着いています。
 しかし、時間の経つのは早いもの! 「あいトリ」から1年、「そろそろ次回の芸術監督が発表されるころだな」と思っていたら、その前に思いがけず「札幌国際芸術祭2014」のゲストディレクターである坂本龍一さんの病気療養が発表されて、驚きました。
 「札幌国際芸術祭2014」は7月19日(土)から9月28日(日)までの会期で開催されますが、開催直前の坂本さんの現場からの離脱は、ご本人はもとより関係の方々にとっても一方ないものがあることでしょう。初回である今回のテーマは「都市と自然」。成功に終るよう願っています。
 「ヨコハマトリエンナーレ2014」も8月1日(金)から11月3日(月・祝)までの会期で開催されます。こちらのアーティスティック・ディレクターは、森村泰昌さん。「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」というタイトルです。個人的に着目しているのが、連携プログラムとして開催される「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014」。3年ごとの発展的開催を見据えて、今回第1回目が開かれます。
 「オリンピック」と「パラリンピック」。類して「トリエンナーレ」に「パラトリエンナーレ」。障害のある人とない人を区別するのがよいのかどうかは考えの分かれるところですが、一般に障害のない人ほどには障害のある人が芸術と関わる機会を持てずにいる現在、このような試みには意味があると思います。
 さて、3回目となる「あいトリ」。まもなくやってくる芸術監督とテーマの発表を待ちましょう。

投稿者:み。

コメントは受け付けていません。