絵本原画展ワークショップ「じぷたを作ろう」

「はじめての美術 絵本原画の世界2013」が終了してから、かなり時間が経ってしまいましたが、7月6日(土)に行われたワークショップ「じぷたを作ろう」の様子をお伝えします。

“じぷた”とは、今回の出品作家の一人である山本忠敬さんの絵本『しょうぼうじどうしゃ じぷた』の主人公、小型ジープの消防車のことです。
『しょうぼうじどうしゃ じぷた』が発行されたのは1963年10月。
50年も前に作られたお話ですが、今でも色あせることなくたくさんの人に愛されている絵本です。
今回は大人の手の平サイズの木製“じぷた”を作る体験を、皆さんに楽しんでいただくことにしました。
 
講師をお願いした井垣理史さんは、とても手先が器用で、根っからの凝り性。
あらかじめ用意された材料と道具を各テーブルに1人分ずつセッティングしたのですが、受付を済ませて会場に入った参加者は、その部品の多さと細かさにびっくり!!
写真つきの制作手順書も懇切丁寧に作られていて、ワークショップへの期待はがぜん高まります。

写真①1人分の材料
1人分の材料
 
井垣さんの説明と手順書を頼りに、少しずつ“じぷた”を形にしていきます。
ただ、車のパーツなど、聞き慣れない独特の用語に慣れるまで一苦労。
あまりの部品の多さと細かさに「え、次に使うのはどれ?」とやや戸惑い気味。
でも、分かんなかったら、どんどん聞けばいい。
接着剤でくっつけたものが取れてしまったら、付け直せばいい。
色を塗るところがはみ出してしまっても、乾いてから上から重ねちゃえばいい。
井垣さんのワークショップは失敗を気にしない、間違ったら前にもどってやり直せばいい、という考えと、それができる工夫にあふれています。
とても大らかで柔軟なところが魅力です。
最初、緊張していた参加者もその雰囲気に慣れ、作業も少しずつ調子がつかめてきました。

写真②針金に凧糸をまく…さて、これは?
針金に凧糸をまく…さて、これは?
写真③タイヤに色をつける
タイヤに色をつける
 

約5時間の格闘の末(?!)、出来上がった“じぷた”はこの通り。

写真④参加者Aさんの“じぷた” 写真⑤参加者Aさんの“じぷた”
参加者Aさんの“じぷた”
写真⑥参加者Bさんの“じぷた” 写真⑦参加者Bさんの“じぷた”
参加者Bさんの“じぷた”
写真⑧参加者Cさんの“じぷた” 写真⑨参加者Cさんの“じぷた”
参加者Cさんの“じぷた”
写真⑩参加者Dさんの“じぷた” 写真⑪参加者Dさんの“じぷた”
参加者Dさんの“じぷた”
写真⑫参加者Eさんの“じぷた”  写真⑬参加者Eさんの“じぷた”
参加者Eさんの“じぷた”
 

作業の合間に、このワークショップに参加しようと思ったきっかけを何人かにお尋ねしたのですが、ある女性は息子さんが二人とも『しょうぼうじどうしゃ じぷた』の絵本が大好きで、小さい頃は何百回とせがまれて読み聞かせをしたそうです。それが懐かしくて応募されたとのこと。
今はお二人とも社会人だそうですが、このワークショップに参加することを話したら、普段ほとんど会話をしない下の息子さんが、当時じぷたの絵本がなぜ好きだったか、どのシーンでどんなことを感じていたのか、など堰を切ったようにワーッと話し始めてとても驚いた、と語ってくださいました。
出来上がっておうちに帰った“じぷた”を見て、息子さんがどんなコメントをしたのか、気になるところです。

ご参加いただいた皆さま、長時間にわたり本当にお疲れさまでした。
また、素敵なお話をありがとうございました。

投稿者:3

コメントは受け付けていません。