月別アーカイブ: 2019年3月

真島直子さん、愛知県芸術文化選奨文化賞受賞

昨年の3月3日[土]から4月15日[日]までの会期で特別展「真島直子 地ごく楽」を名古屋市美術館が開催した真島直子さんが、平成30年度の愛知県芸術文化選奨文化賞を受賞しました。

0325①

「真島直子 地ごく楽」展B2ポスター

0325②

「真島直子 地ごく楽」展B3ポスター

愛知県芸術文化選奨は、芸術文化の各分野において向上発展に貢献し、業績が顕著な個人および団体を表彰することにより、愛知県の芸術文化の振興を図ることを目的としています。平成19年度からは文化賞と文化新人賞の2種類となっていますが、昭和52年度から平成29年度までの受賞者には、名古屋市美術館の作品収蔵作家も少なからず含まれています。

昨年度の文化賞受賞者の一人は奈良美智さんでしたが、真島さんの文化賞受賞は、現代美術としては奈良さんに続く二人目、女性作家では初となります。

長年にわたる活動が評価されたことを喜ぶとともに、作家の活動を広くみなさまに紹介する機会が持てたことを名古屋市美術館としても嬉しく思います。

0325③

「真島直子 地ごく楽」展 会場風景

投稿者: み。

フリーダ・カーロ《死の仮面を被った少女》はボストン美術館に展示中です

ホームページですでにお知らせしましたが、フリーダ・カーロの《死の仮面を被った少女》は、現在、アメリカのボストン美術館の企画展「Frida Kahlo and Arte Popular (フリーダ・カーロとメキシコの民芸)」展に展示中です。フリーダ・カーロは、メキシコの伝統的な文化を伝える民芸品、衣装に強い関心を寄せ、収集していました。この展覧会は、フリーダ・カーロがこうしたメキシコの民芸からどのように影響を受け、作品制作の着想を得ていたかを探る展覧会です。

9

作品は専用の輸送箱に入れ、早朝当館を出立し、成田から空路でボストンへ。およそ1日かけて運びました。展示の際には、油彩画、額の修復を専門としている二人の職員と作品が無事に到着したことを一緒に確認。そして、しっかりと壁に設置しました。隣には、作品に描かれている仮面と同様のジャガーの仮面が展示されています。展覧会は6月16日まで開催されています。

10

ボストンの2月はまだまだ冬。街も雪景色でした。そんな季節にボストン美術館では、「Ansel Adams in our time (今の時代におけるアンセル・アダムス)」という大規模な展覧会が開催されていました(2月24日終了)。アダムスは、ヨセミテをはじめアメリカの美しく広大な自然をとらえた写真で知られ、日本にもファンが多い作家ですが、このたびはアダムスが撮影した作品とその後の写真家たちの活動との関連・影響を探る展覧会でした。会場を出たところには記念撮影ができる場所が設けられており、またヨセミテのライブ映像が見られるスポットもありました。

11

I.Mペイの設計によるボストン美術館西館は天井が高く、気持ちのよい空間です。そこにはどこかで見たような作品が・・・。名古屋市美術館にて展示している《フライングンマン》を制作したジョナサン・ボロフスキーの作品です。ボロフスキーはボストン出身のアーティストで、ボストン美術館内にも「数人」が飛んでいました! (I.)

12

 

 

春の足音

 

立春が過ぎ、歴史的大寒波を乗り越えて、ようやく梅の咲くころとなりました。陽射しも日に日にあたたかくなって、ああもう春が近いんだな、と感じる今日このごろです。

私にとってこの季節は、春の足音とともに、色々な締切の足音が同時に聞こえてくる季節です。というのも、たまたまではありますが、これまでにも4月はじまりの展覧会を担当することがなぜか多かったからです。

展覧会のオープンに向けて、カタログの校正作業をしたり、展示室内のディスプレイの計画を立てたり、さまざまな広報物のチェックをしたりと、するべきことが増えていきます。ただ忙しくなる、というわけではなくて、少しずつ展覧会の完成形が見えてくるので、大変だけれどわくわくする時間でもあります。少々語弊があるかもしれませんが、3か月間毎日前夜祭をしているような感覚です。

ただいま、「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション」展(4月9日[火]開幕)を準備中です。本展の中心となる印象派の作品には、明るい色彩に満ちたおだやかな風景画がたくさんあり、眺めているだけで春らしい気分を味わえます。本展の看板をはっているのは、ルノワール作《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》(1887年)。10歳のあどけない女の子ですが、どこか意志の強さを感じさせる青いひとみが印象的です。デスクの前に貼ったポスターから、シュザンヌがこちらをじっと見つめてくるので、ああ、今日中にあれもこれも確認しなきゃ、メールも返さなきゃ、と焦りながら仕事をしています。開幕まであと少し。多くのお客さまにご覧いただける展覧会になることを祈っています。(haru)

 

ピエール・オーギュスト・ルノワール《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》

1887年 パステル/紙 吉野石膏コレクション

8

名古屋市美術館開館30周年記念特別展「辰野登恵子 ON PAPERS:A Retrospective 1969-2012」開会式・内覧会

2月15日、名古屋市美術館開館30周年記念特別展「辰野登恵子 ON PAPERS: A Retrospective 1969-2012」の開会式及び内覧会が行われました。

1

開会式には、主催者の名古屋市美術館及び中日新聞社の関係者の他に、辰野登恵子様のお姉様である平出利恵子様と、姪御様の平出加菜子様にご臨席いただきました。

2

3

当日は、晴天に恵まれたこともあり、大変多くの方にご来場いただき、内覧会も賑わいました。

4

辰野登恵子(1950-2014)は、長野県岡谷市に生まれ、日本の現代美術における絵画の潮流に影響を与えた画家のひとりです。東京藝術大学に学んだ後、1970年代にドット(点)やグリッド(格子)、ストライプなどの規則的なパターンを用いた版画を発表し、若くして注目を集めました。ほどなくして表現手法を油彩に移すと、それまでの理知的で抑制された表現とは対照的に、豊かな色彩で有機的な形象のある絵画空間を追い求め、亡くなるまで自らの作品世界を深化させ続けました。1995年には東京国立近代美術館で当時最年少、かつ存命の女性作家として初めての個展を開催しています。

5

今回の展覧会では版画やドローイングなど紙の上の表現に光を当て、大型の油彩が高く評価された辰野の画業を再検証します。初期のシルクスクリーンによるコンセプチュアルな作品に限らず、油彩の制作を本格的に始めてからも、彼女はそれと並行してエッチングや木版、リトグラフなどさまざまな版種による版画制作に取り組んでいました。油彩での試みを版画で追体験する、あるいは版の仕事での成果を油彩に反映させるなどの往還によって、辰野が創作の幅や深みを増していったことが想像できます。また、油絵具やパステルによる大型のドローイングは、単なる下絵の域を超え、画家にとって重要な実験の場となっていたこともうかがえます。

6

画家の死後、初めて巡回開催される回顧展でもある本展は、これまでまとまった展観の機会が限られてきた紙の仕事を中心に、油彩30点を含む約220点の作品で構成します。辰野登恵子の40年余りにわたる軌跡に新たな視座を与えてくれるはずです。

7

本展は、3月31日まで開催いたします。是非名古屋市美術館に足をお運びください。