月別アーカイブ: 2016年4月

麗しきおもかげ展あとがき

 「東京藝術大学コレクション 麗しきおもかげ 日本近代美術の女性像」展が終わりました。

 

「展覧会は始まると、すぐ終わる」というのは学芸員のあるある(・・・・)なのですが、撤収作業の途中、ふと彫刻作品が乗っていた空の展示台を見ると、「宴の跡」を実感させられます。

 

 

2016年419日 企画展示室1にて 

()

2016 HP図版原稿2

 

 

 

 

美術館にニセ藤田現る。

429日(金・祝)より開催の「生誕130年記念  藤田嗣治展  東と西を結ぶ絵画」を控え、当館では鋭意広報を行っているところでありますが、45日付中日新聞の夕刊に、このような記事が掲載されました。

 「藤田嗣治さんですか?いえ美術館職員です おかっぱ 丸眼鏡…“完全コピー”」

記事へのリンク:

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016040502000231.html

(同様の記事は48日付の東京新聞にも掲載されました)

 筆者がここで紹介いただいた職員なのですが、一面のトップ記事で紹介していただくという事態に驚きを隠せないでおります。

「藤田嗣治より某芸人さんの方が似ているのではないか?」というご意見を多く頂戴しており、その点に関しては反論の余地もないところではありますが、職員一同さまざまな方法で展覧会の広報に当たっておりますので、その点ご理解をいただければ幸いに存じます。

 もし、この記事や筆者のスタイルにご興味をお持ちいただいた方がいらっしゃれば、ぜひ各種SNS等でご紹介ください。

 

珍客。

当館は白川公園内にありますので、公園内を散策していますと種々の生き物に出会うことがあります。

今の時期は姿こそあまり見えませんが、ウグイスの鳴き声が聞こえてくることがあります。

そんなウグイスの鳴き声を聞きながらふと思い出したお話を。

 

もう昨年の話になりますが、当館の南側にある池に、こんな珍客がやってきました。

 ブログ_珍客_画像

 ウ です。

まるで墨に彫刻を施したかのような姿かたちについ見とれてしまいました。

カワウでしょうか?ウミウでしょうか?

鳥にあまり詳しくない筆者には分かりませんでしたが、名古屋の真ん中、白川公園内の美術館をバックに佇む、ウ。

撮影のために近寄ってみましたが、逃げません。

間違いなく野生のウですが、逃げません。

「何だコイツ?」という目をしながらジリジリと遠ざかってはいきましたが…

せっかくのご来館の邪魔をしてはいけないので、撮影のみで退散しました。

 

このような珍客はあまり来ないにせよ、美術館の敷地内でもさまざまな生き物を見ることができます。

季節の移り変わりに思いをはせながら、その時々の自然とともに美術鑑賞を楽しまれてはいかがでしょうか?

ボランティア登録証授与式

4月9日に、美術館講堂において、ボランティア登録書授与式を行いました。

昨年度に引き続き、名古屋市美術館でボランティア活動を行っていただく5期から8期の方73名に対して、横井館長からお一人ずつ登録証をお渡ししました。これで今年度から新たに9期の方22名が加わり、名古屋市美術館のボランティアは総勢95名となりました。

最後に、館長より市の財政状況が厳しい折、来年度から予定する改修工事に向けた調査に関する予算が組まれたことに触れ、美術館としても皆様の期待に精一杯応えていきたいとあいさつしました。さらに、429日から始まる藤田嗣治展について、中日新聞にも大きく取り上げられたことを紹介し、皆様には美術鑑賞の楽しさをお客様にお伝えする美術館の大きな一助になっていただきたいと、感謝と労いの言葉をかけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA