月別アーカイブ: 2013年7月

はじめての美術 絵本原画の世界2013 - No.2

「はじめての美術 絵本原画の世界2013」(6月15日[土]~7月21日[日])は会期のなかばを過ぎ、当館ボランティアによるギャラリートークを除いて、関連催事は野村誠さんのコンサート「絵本原画の音楽」を残すのみとなりました。このコンサートは、展示している絵本原画を楽譜にして鍵盤ハーモニカによる即興演奏をしていただくもので、1時間ほどのあいだ会場内を移動しながら行います。本展は子どもの来場者が多く、週末の入場者数が平日よりも格段に増えるのですが、会期最後の土曜日である7月20日のコンサート実施日は、1日の入場者数が2,000人を超えると思われます。当日静かに落ち着いて作品と向き合いたい方は、コンサート実施時間の午後2時から3時過ぎまでを特に避けてご来場ください。

ご覧になられた皆様からおおむね好評をいただいている本展ですが、原画の持つ色の美しさや描写の細やかさに驚かれている方が多いようです。印刷物である絵本は、原画がそのまま再現されているわけではありません。再現されていない理由には、経済性や印刷技術の制約といったどちらかといえばマイナスの側面と編集などのプラスの側面とがあります。私たちが普段開催している日本画や油絵などの絵画を紹介する展覧会では、図録の制作にあたり、できるだけ色彩を正確に再現し、可能ならば質感までも再現したいと努力しますが、どうしても限界があります。だからこそ展示の場所に足を運び、本物を見る必要があるといえるのですが、これは絵本と絵本原画のかかわりを考えるときにも当てはまります。

絵本は、絵だけでなく、文章そのものや絵と文章との組み合わせ、開き(右開きか左開きか)、判型(縦判か横判か)、文字組みなど、数多くの観点を持っています。原画の展覧会では、おもに文章に関わる要素が欠落するわけですが、絵にまつわる事柄に意識を向けるには良い機会であるといえます。

編集によって絵本と原画に違いが生まれている例をご紹介します。『ぐりとぐら』の26-27頁には卵の殻で作ったクルマが出てきます。絵本の卵の殻は白ですが、原画ではうっすらと赤い色が施されています。原画をご覧になって何か印象が違うなと思われた方もあるかもしれませんが、白と赤、どちらの納まりが良いと感じられるでしょうか。また、20-21頁と24-25頁では、原画ではそれぞれの頁に一頭ずつ、計二頭いる象が、絵本では向かって右側頁の一頭がいなくなっています。象のいた場所には、文章の文字が組み入れられています。象ではなく、他の動物を消して、そこに文字を入れたら、印象はどのように変わるでしょうか。

なんだか間違い探しのようになってきましたが、『しょうぼうじどうしゃ じぷた』など他にもいくつかありますので、興味のある方は絵本と図録の図版をじっくりと見比べてください。

投稿者:み。

「そよそよと流れるみどり色したサークル」魚住哲宏+魚住紀代美 @愛知県立芸術大学サテライトギャラリー

今年の梅雨は雨が少ないと言われていましたが、後半に入ってからは梅雨の本領発揮です。曇り空と雨空が交互に続き、空気はじめじめと体にまとわりつくようだし、なんとなく気分が乗らない感じ。梅雨の時期は気圧の変化で体調不良も起こりやすいのだそうです。この時期はあまり無理をせず、規則正しい生活を心がけて、ゆったりと過ごすようにしたいものですね。

アンニュイな気分を吹き飛ばすために、机の上をすっきりさせて集中力を高めて仕事の効率もアップさせようと、机にためていた展覧会のDMを整理したところ、ちょっぴり気になるはがきがありました。暗闇の中にテレビを覗き込む青く光った女の子。不思議な雰囲気を醸し出していました。これまで存じ上げない作家さんでしたが、近くで展示をされていて会期を見たら、ちょうど今日までということで、会期最終日終了間際にお伺いしました。

1327_mail_IMG_2802

展示室に入ると、あちらこちらに設置されているスピーカーやラジオ、テレビから様々な音が流れてきます。駅で流れる電車と番線の案内や、砂利道を歩くような音、車が走っていくような音、あるいは繰り返し流されるラジオかテレビの宣伝文句のような音、、、。それらの音がランダムに違った場所で流され、その音に反応してあちらこちらに設置してある電球やライトが音の大きさに反応して光ります。まるで展示室に入ってきた私を、「こっちだよ~」と誘ってくるようなのですが、近づくとふう~っと消えて、その喧騒と光は別の場所に移動してしまいます。

1327_mail_IMG_6241

円形に吊るされた青いりんご、古い扇風機、温かい家庭を思い起こすような小さなおうち、テレビを食い入るように見つめる女の子、女の子が見る画面に映し出されている画像はまるで昔のニュースみたい。吊るされた瓶にさされた枝は空飛ぶ羽のよう、、、。それぞれ意味があるのかもしれないけど、私には分からない。でも、どこか懐かしく、それぞれがなんだか記憶の断片(私の記憶かもしれないけど、誰か他人のかもしれない、あるいは誰もが持つ普遍的な記憶・・・?)のようにも思えてきて、ユングの集合的無意識ではないけれど、記憶の集積された世界の中にでも迷い込んだような、不思議で、とても魅力的な作品でした。

1327_mail_IMG_5421

タイトルに出てくる、みどり色をしたサークルというのは、青いりんごで形作られたサークルのことでしょうか。確かに、インスタレーションでは扇風機の風で少しそよそよとしていました。音、映像、光、風と、視覚だけではなく、いろんな感覚で感じられる動きのあるインスタレーションは、その時、その瞬間にだけ体験できる、私だけの特別な体験となります。それに加えて、魚住さんたちの作品は、吊るしている糸などあえて黒いものを使って可視的にしていたり、コンセントもぐじゃぐじゃとあえて雑然とした様子で設置していて、一見なんだかほっこりとするような温かい感じですが、よく見ると女の子の彫刻もしっかり作ってあって、それぞれのオブジェの仕組みも手が込んでいて、それぞれきちんと作りこんであって、それもとてもいいなあと思いました。

今回の作品のテーマは「ささいなこと」だそうで、展示には日常的なものがちりばめられていました。展示室内で流されていた音は、ベルリンの町の中で録音された様々な音だそうです。ベルリンという、私がいる日常とは別の世界の日常の音が、私の感覚をニュートラルにしてくれたから、私は自分がいるリアルな日常から少し離れ、知らないけどでも知っている、そういう世界に触れたように感じられたのかもしれません。

1327_mail_IMG_2802dog

奥のお部屋では、ドローイングと、また別のインスタレーションが設置されていました。こちらのインスタレーションは、ミュージシャンの方に様々なインタビューをして、その内容を「ワンワン」という犬のと言葉で表現してもらい、その音に合わせて光が反応するという、ユーモアたっぷりのインスタレーションでした。

魚住さんは、ご夫妻でユニットを組み、現在ドイツのベルリンに住んで作家活動をされているそうです。ご主人の魚住哲宏さんが、愛知県立芸術大学の彫刻のご出身というご縁で今回の展示が実現されたそうです。貴重なご帰国の機会にお二人の展示を見ることができてよかったです。これからもお二人のますますのご活躍、楽しみにしています!

 

展覧会名
STREAMING GREEN CIRCLE
そよそよと流れるミドリ色したサークル
日時
平成25年6月21日[金]~6月28日[金]
開館時間:11:00~18:30(最終日17:00)(会期中無休)
場所
愛知県立芸術大学栄サテライトギャラリー

魚住哲宏+紀代美さんのホームページ
http://www.uozumi-uozumi.com/index.html

投稿者:hina

特設休憩コーナー設置してます

連日たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございます。
今回の展覧会「はじめての美術  絵本原画の世界2013」では、小さなお子様連れのお客様がたくさんいらっしゃっています。
そこで、地下1階に「特設休憩コーナー」を設けています。

IMG_0545
地下1階です
IMG_0549
入り口では彼がお出迎え

中には、畳とテーブルが置いてあります。
眠くなったり、疲れてしまった小さなお子様には、靴を脱いで休憩していただくこともできます。
お菓子・お食事はダメですが、飲み物はOKですよ。

IMG_0547
6畳分の畳
IMG_0546
テーブルもあります

もちろん、大人のお客様も大歓迎。
ぜひ、ご利用くださいね。