カテゴリー別アーカイブ: ポジション2012

ポジション展 関連催事「コンサート&制作パフォーマンス」

好評開催中の「ポジション2012名古屋発現代美術~この場所から見る世界」。
今回の展覧会の特徴のひとつは、関連催事が多く、作家との距離がとても近いということです。

6月2日(土)には、出品作家の文谷有佳里さんと作曲家の高山葉子さんによるコラボレーション企画「コンサート&制作パフォーマンス」が行われました。
この日のために作曲されたという、高山さんの美しいメロディーにあわせて、文谷さんが美術館の柱に線を描いていきます。

演奏に使われた陶器は、大きさや釉薬などによって音色も違うそうです。
とても神秘的な演奏で素敵な空間になりました。

次回の「コンサート&制作パフォーマンス」は、今週末の6月9日(土)午後2時~開催します。
毎回違う曲によるパフォーマンスになるそうです。とても楽しみです。

投稿者:ナ

ポジション展 開幕! 前田慶次が登場

いよいよ始まりました「ポジション2012名古屋発現代美術~この場所から見る世界」。
なんと初日には、おもてなし武将隊の前田慶次殿が会場に登場しました。

「ほう、戦国一の傾き物と謳われたわしのような展覧会じゃと!?」 (慶次)

今回の展覧会では、この地方で活躍する10名の作家を紹介しています。どの作品も個性的で、独自の世界を表現した魅力的な空間が広がります。

早速、マイクを片手に慶次殿によるインタビューを開始。

「ほれ、おぬしは」 (慶次)

「この作品はわたしが描きました」 (坂本夏子:出品作家)

「ほ?お主が描いたのか!?」 (慶次)

「実にエネルギーにあふれた作品よのぉ。ん?おいあれは」

「こんな所に落書きをしたらいかんじゃろ!」 (慶次)

「今、作品を制作しとんじゃ(岡山弁)」 (文谷有佳里:出品作家)

「んん?今ここでか」 (慶次)

今回の展覧会の特徴のひとつとして言えるのが、お客さんと作家の距離が近い展覧会ということです。
この日も出品作家の文谷有佳里さんが美術館の窓ガラスに作品を描いていました。

「ここにサインしてもらえますか。」 (文谷)

「ほう、ここにか。どれどれ」 (慶次)

慶次殿のサインに文谷さんが線をつなげていく光景も。

「おお!もうわしのサインが分からんようになった」 (慶次)

撮影途中には、出品作家の青田真也さんとカフェユニットL PACKによるコラボレーションカフェにて、コーヒーもお召し上がりになられていました。

「実に刺激的で、わしのように傾いた展示会じゃ!ここから世界へと羽ばたく美術家が誕生してほしいものよのう」

「おもてなし隊なごや」は、6月20日(水)午後6時50分~54分、メーテレで放送されます(通常は6時56分~ですが今回は50分~の放送となります)。
番組の最後には招待券のプレゼントのお知らせもあります。お見逃しなく!

※名古屋おもてなし武将隊
開府400年に合わせて、名古屋の魅力を全国に伝えるために結成された、名古屋にゆかりのある武将6人(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・加藤清正・前田利家・前田慶次)と4陣笠隊(立三・市蔵・亀吉・お里)です。

投稿者:ナ

ポジション展 開会式

6月1日、ポジション展の開会式が行われました。

 

会場には地元名古屋の若き才能をひと目見ようと多くの方がつめかけました。

 

その期待に応えるべく作家さんたちも独創的かつ魅力的な作品でお出迎え!

皆様もぜひ名古屋市美術館に足を運んで
個性豊かな才能にふれてみてはいかがでしょうか!

ポジション展準備進んでいます

名古屋市美術館でもブログページが開設されて、日々の出来事を綴ることができるそうなので、展覧会の宣伝も兼ねて、早速投稿したいと思います。

今年の6月、約10年ぶりに「ポジション展」を開催することになりました。ポジション展は、名古屋市美術館で開催しているシリーズの展覧会で、この地方の若手作家を紹介するものです。過去には、1994年、1997年、2003年と開催しており、今度で4度目の開催になります。

 第4回目のタイトルは「ポジション2012 名古屋発現代美術 -この場所から見る世界-」です。この名古屋という場所にいて、今ある目の前の現実を見据えながら作品を制作している作家を紹介したいという思いでつけたタイトルです。また、今の現実、日常を見据えた上での、現実と非現実、あるいは日常と非日常の狭間を表現するような内省的な表現傾向ということも、今回の展覧会におけるテーマです。

 さて、先日、そのポジション展のポスター、チラシが納品されました。

 ポスター、チラシのデザインは、デザイナーの佐久間要さんが担当してくださいました。色鮮やかなモチーフは、佐久間さんが手作りでビーズを使って模った過去の巨匠の作品です。出品してくださる作家のみなさんが、ポジション展を経て、将来、巨匠へと羽ばたいていかれることを願って作られたデザインです。

私たちは、何度も校正や色校正を経ているので、出来上がりの様子については、事前に分かっているのですが、担当者としては、ポスター、チラシが納品されるという瞬間は、いよいよ展覧会の準備が本格化していくのだなあという身が引き締まる思いとともに、毎回本当にわくわくします。

という訳で、今週いっぱい、美術館では、ポジション展のポスター、ちらしの発送作業が続いていました。

いよいよ来週には、ポスター、チラシを発送できそうです。もうすぐ、みなさまの目に触れられるようになると思います!「ポジション2012 名古屋発現代美術」展、イベントも盛りだくさんの予定です。ぜひ、みなさまお楽しみに!

投稿者:hina