カテゴリー別アーカイブ: 展覧会情報

れいこからの手紙;岸田劉生展その後

こんにちは、キューピー・れいこです。
約半年ぶりに皆さまにご挨拶しております。お元気にお過ごしですか。

1

3月1日まで岸田麗子さんのお父様の作品を展示した岸田劉生展が開催されていました。ご来館いただきました皆さま、本当にありがとうございました。今日は、展覧会が終わったあとのことを少しご紹介します。

展覧会が終了したその日の夜から作品の片づけが始まりました。一点、一点、状態を確認し、丁寧に包み、輸送用の箱に入れていきました。

2

そして、作品を所有している美術館やコレクターのところに、北は北海道から西は福岡県まで、それぞれに学芸員さんが同行してトラックで運ばれていきました。長時間トラックに乗っているのは大変ですが、このたびはトラックからこんなきれいな富士山が見えたそうです!

3

美術館には皆さまに書いていただいた感想ノートが残されています。そこには麗子さんを描いた《麗子微笑》を学校の教科書で見たときの思い出や、同じ名前の「レイコさん」が親近感を持って作品を見てくださったことが綴られており、とても感慨深く読みました。どれだけ麗子さんの絵が愛され、記憶に残る作品であるかが伝わってきました。その一部は、美術館が刊行している『アートペーパー』に掲載されています。美術館のホームページで見ることができますので、ぜひアクセスしてみてください。

今月には展覧会の図録を名古屋市の小学校・中学校・特別支援学校・高等学校、そして図書館に1冊ずつ贈りました。展覧会を見てくださった方も、見逃した方も手に取って作品を思い出していただけれたら嬉しく思います。名古屋市役所には、各校宛てに配送する資料などを入れる連絡用の棚があり、そこを利用して配布しました!

45

美術館は岸田劉生展のあと改修工事のため休館し、展示室は、今はひっそりとしています。年明けにはお客様をお迎えできるだろうと聞いています。それまで、皆さまもお元気にお過ごしください。
それではまたお目にかかれる日まで。  れいこ

特別展「没後90年記念 岸田劉生展」作品解説会

昨日2月9日、14時より、「岸田劉生展」作品解説会を開催しました。

約1時間の解説会では当館の井口智子・学芸課長が講師を務め、展覧会の見どころや章立てに沿って出品作品を投影し、劉生の残した言葉も紹介しながら解説しました。今回は160名のご参加をいただきました。

IMG_5925      IMG_5941

本展の会期は、3月1日(日曜日)までです。
(2月4日(火曜日)から、一部展示替えを行った後期展示となっております)
重要文化財「麗子微笑」は、2月16日(日曜日)までの展示となります。

常設展「名品コレクション展」では、岸田劉生が名古屋で描いた作品と、花籠が描かれたろうけつ染めを展示しています。また、昨年6月に当館へ寄贈された藤田嗣治の絵画「二人の祈り」「夢」も展示中です。岸田劉生展入場券でご観覧いただけますので、是非こちらもご覧ください。

特別展「没後90年記念 岸田劉生展」記念講演会

2月2日、名古屋市美術館2階講堂において、特別展「没後90年記念 岸田劉生展」記念講演会を開催しました。
講師は本展監修者で京都市美術館学芸課長の山田諭氏です。

IMG_5568-1

講演会は定刻14時から始まりました。今回は180名のご参加をいただきました。

ADS_2813-1      IMG_5813-1

テーマは「岸田劉生:孤独なるものの行く道」。劉生の絵画の主題や表現の変遷を、初期から最晩年までの作品を制作年代順に追って解説いただきました。

本展の会期は、3月1日(日曜日)までです。
本日2月4日(火曜日)からは、一部展示替えを行った後期展示となります。また、重要文化財「麗子微笑」の展示期間は2月16日(日曜日)までです。

2月9日(日曜日)には、当館の井口智子・学芸課長を講師に、作品解説会を開催します。

常設展「名品コレクション展」では、岸田劉生が名古屋で描いた作品と、花籠が描かれたろうけつ染めを展示しています。また、昨年6月に当館へ寄贈された藤田嗣治の絵画「二人の祈り」「夢」も展示中です。岸田劉生展入場券でご観覧いただけますので、是非こちらもご覧ください。

特別展「没後90年記念 岸田劉生展」作品解説会

昨日1月18日、14時より、「岸田劉生展」作品解説会を開催しました。

____

約1時間の解説会では当館の井口智子・学芸課長が講師を務め、展覧会の見どころや章立てに沿って出品作品を投影し、劉生の残した言葉も紹介しながら解説しました。今回は119名のご参加をいただきました。

IMG_5532-1

本展の会期は、3月1日(日曜日)までです。
2月2日(日曜日)までを前期、2月4日(火曜日)以降を後期として、一部展示替えを行うほか、重要文化財「麗子微笑」は2月16日(日曜日)までの展示となります。

2月2日(日曜日)には、本展監修者であり京都市美術館学芸課長の山田諭氏を講師にお迎えし、「岸田劉生:孤独なるものの行く道」をテーマに記念講演会を開催します。

常設展「名品コレクション展」では、岸田劉生が名古屋で描いた作品と、花籠が描かれたろうけつ染めを展示しています。また、昨年6月に当館へ寄贈された藤田嗣治の絵画「二人の祈り」「夢」も展示中です。岸田劉生展入場券でご観覧いただけますので、是非こちらもご覧ください。

特別展「没後90年記念 岸田劉生展」開会式及び内覧会

昨日1月7日、特別展「没後90年記念 岸田劉生展」の開会式及び内覧会が行われました。

館長あいさつ

開会式には、主催者の名古屋市美術館、中日新聞社、日本経済新聞及びテレビ愛知の関係者の他に、ご来賓として、協賛のトヨタ自動車及び損保ジャパン日本興亜の代表者、劉生のお孫様の岸田夏子様及び岸田香太郎様、並びに本展監修者の山田諭様(京都市美術館学芸課長)にご臨席いただきました。

テープカット

あいにくの雨天にもかかわらず、大変多くの方にご来場いただき、内覧会は大いに賑わいました。

内覧会雑感3      内覧会雑感2

岸田劉生は、日本近代美術史上に輝く天才画家として名高く、愛娘を描いた「麗子像」が代表作として挙げられますが、肖像画だけでなく、静物画、風景画といった多彩なジャンルで独創性豊かな傑作を残しました。
没後90年を記念して開催する本展では、初期の水彩画から38歳で急逝する直前に描かれた風景画まで、150点余を紹介します。重要文化財「麗子微笑」(2月16日までの期間限定展示)の他、「黒き帽子の自画像」、「童女舞姿」など、珠玉の作品が一堂に揃います。

本展は、本日より3月1日(日曜日)まで開催いたします。
なお、会期中、2月2日(日曜日)までを前期、2月4日(火曜日)から3月1日(日曜日)までを後期として、一部展示替えを行います。

常設展「名品コレクション展III」では、岸田劉生が名古屋で描いた作品と、花籠が描かれたろうけつ染めを展示しています。また、昨年6月に当館へ寄贈された藤田嗣治の絵画「二人の祈り」「夢」も展示中です。岸田劉生展入場券でご観覧いただけますので、是非こちらもご覧ください。

皆様の名古屋市美術館へのご来館をお待ちしております。

特別展「カラヴァッジョ展」展覧会解説(作品解説会)

本日11月23日、14時より、「カラヴァッジョ展」作品解説会を開催しました。
講師は当館学芸員です。

IMG_5347-1

本日は180名のご参加をいただきました。

IMG_5275-1    IMG_5311-1

本展の会期は、12月15日(日曜日)までです。

また、常設展「名品コレクション展II」では、今年6月に当館へ寄贈された藤田嗣治の絵画「二人の祈り」「夢」も展示中です。カラヴァッジョ展入場券でご観覧いただけますので、是非こちらもご覧ください。

特別展「カラヴァッジョ展」クラシックの夕べ

11月16日、閉館後17時より、「カラヴァッジョ展」閉館後の展示室内での特別鑑賞会「クラシックの夕べ」(事前申込制)を開催しました。

ADS_1969

学芸員による講堂での解説の後、展示室に移動。カラヴァッジョの作品《リュート弾き》を背景に、セントラル愛知交響楽団による演奏会を行いました。
カラヴァッジョと同時代の、ヘンデル、バッハ、ヴィヴァルディら、バロック音楽の作曲家による名曲の数々を、弦楽四重奏でお聴きいただきました。

ADS_1982

演奏会の後は、各階で、ギャラリートークの後、名画をたっぷりと鑑賞していただきました。

ADS_1984    ADS_2016

本展の会期は、12月15日(日曜日)までです。
11月23日(土曜日・祝日)には、当館学芸員による展覧会解説を実施します。

また、常設展「名品コレクション展II」では、今年6月に当館へ寄贈された藤田嗣治の絵画「二人の祈り」「夢」も展示中です。カラヴァッジョ展入場券でご観覧いただけますので、是非こちらもご覧ください。

特別展「カラヴァッジョ展」ヤマザキマリ氏記念講演会

11月14日13時より、当館2階講堂において、漫画家・随筆家のヤマザキマリ氏を講師にお迎えして、特別展「カラヴァッジョ展」の記念講演会を開催しました。
テーマは「とっておきイタリア美術」です。

ADS_1919

事前申込制の講演会で、定員150名のところ、2700名を超える応募があったため、抽選の結果、当選された方にご参加いただきました。

IMG_5055    ADS_1941

古代ローマを出発点として、カラヴァッジョの画風の登場に至るまで、イタリア美術がどのように移り変わってきたのか、時代を追って、様々な作品の特徴とともにお話しいただきました。

本展の会期は、12月15日(日曜日)までです。
11月23日(土曜日・祝日)には、当館学芸員による展覧会解説を実施します。

また、常設展「名品コレクション展II」では、今年6月に当館へ寄贈された藤田嗣治の絵画「二人の祈り」「夢」も展示中です。カラヴァッジョ展入場券でご観覧いただけますので、是非こちらもご覧ください。

特別展「カラヴァッジョ展」記念講演会

11月10日、名古屋市美術館2階講堂において、神戸大学教授の宮下規久朗氏を講師にお迎えし、14時から特別展「カラヴァッジョ展」記念講演会を開催しました。

2019-10-10 ADS_1862

180名の定員は満席。開場前のかなり早い時刻から列にお並びいただいた方も多数いらっしゃいました。

2019-10-10 ADS_1874

講演のテーマは「カラヴァッジョと斬首」。
カラヴァッジョはじめ複数の画家が描いた「斬首」という題材について、当時の時代背景や宗教との関係のほか、様々な視点から解説をいただきました。

2019-10-10 ADS_1886    IMG_4957

本展の会期は、12月15日(日曜日)までです。
11月23日(土曜日・祝日)には、当館学芸員による展覧会解説を実施します。

また、常設展「名品コレクション展II」では、今年6月に当館へ寄贈された藤田嗣治の絵画「二人の祈り」「夢」も展示中です。カラヴァッジョ展入場券でご観覧いただけますので、是非こちらもご覧ください。

特別展「カラヴァッジョ展」閉館後の展示室内での特別鑑賞会

昨日11月9日、閉館後17時より、「カラヴァッジョ展」閉館後の特別鑑賞会(事前申込制)を開催しました。

IMG_4766

学芸員による講堂での解説の後、展示室に移動。各階で、ギャラリートークの後、名画をたっぷりと鑑賞していただきました。

IMG_4777    IMG_4794

本展の会期は、12月15日(日曜日)までです。

本日は14時より、神戸大学教授の宮下規久朗氏を講師にお迎えし、当館2階講堂にて「カラヴァッジョと斬首」をテーマに記念講演会を開催します(当日先着180名、入場無料。ただし聴講には展覧会観覧券(観覧済み半券も可)が必要です。13時30分開場)。

また、常設展「名品コレクション展II」では、今年6月に当館へ寄贈された藤田嗣治の絵画「二人の祈り」「夢」も展示中です。カラヴァッジョ展入場券でご観覧いただけますので、是非こちらもご覧ください。