カテゴリー別アーカイブ: ランス美術館展

ランス美術館展:初の試み

ランス美術館展の会期もいよいよあと2週間となりました。

本展では、当館で初の試みとなる関連催事を数多く実施しましたので、まだ会期途中ですが、振り返ってみたいと思います。

1 出張講演会(8/22・8/30)

改修工事のための臨時休館中に、学芸員が市科学館と市博物館へ出張して、ランス市の魅力を歴史と文化の両面からわかりやすく解説する講演会を実施しました。暑い中たくさんの方にご参加いただきました。

 

DSC_1799

 

2 教員向け「作品解説会」(10/13)

団体鑑賞のきっかけにしていだくために、教員のみなさまを対象とした作品解説を実施しました。

 

3 会場内演劇「マラー巡礼:美術と視覚をめぐる物語」(10/20・21)

10月20日の名古屋市とランス市の姉妹都市提携の調印を記念して、ランス市から演出家エヴァ・クラスカさんを招き、当館職員を含む日本人役者を起用し、会場内にて演劇を実施しました。。21日はランス市長さんもご観覧いただきました。

当日の映像は以下のサイトでご覧いただけます。

http://www.chunichi.co.jp/article/movie/list2/ZZ2017102601009403.html

写真2

 

4 クラシックの夕べ(10/28)

閉館後の展示室内でセントラル愛知交響楽団の木管五重奏と学芸員の作品解説が楽しめる特別鑑賞会「クラシックの夕べ」を実施しました。名画を鑑賞しながら生演奏が聴けるというゆったりぜいたくな時間を満喫していただきました。

写真3

 

5 名画の夕べ(11/11)

閉館後の展示室内で学芸員が作品解説を行う「名画の夕べ」を実施しました。参加者の皆様は深谷副館長と美術談義をしながら、ゆっくり鑑賞されていました。

 

6 休館日のベビーカーツアー(11/13)

普段美術館に来るのを遠慮しているかもしれない子育て中の方を対象とした「休館日のベビーカーツアー」を実施しました。休館日の美術館で学芸員の解説を聞きながら、ゆっくり気兼ねなく鑑賞していただきました。普段展示室ではあまり聞かないお子様の声を聞いて、関係者一同ほっこりした気分になりました。

写真4

 

7 シャンパーニュの夕べ(11/18)

閉館後の展示室内で学芸員の作品解説を聞いた後に、シャンパンと軽食を楽しんでいただく「シャンパーニュの夕べ」を実施しました。ランス美術館展にご協力をいただいてるG.H.マム社のシャンパン「コルドン・ルージュ」が大変好評でした。

写真5

 

ランス美術館展は12月3日までです。まだ観てない方やもう一度観たいという方もお見逃しなく。

ここまで凝ったフォトスポットも初の試みかもしれません。

 

写真6

 

 

 

名古屋市美術館リ・オープン!

 近頃、めっきり秋らしくなってきました。

 休館して3か月が経過、いよいよ107日から名古屋市美術館は再開館いたします。目下、再開館にむけて着々と準備を進めているところです。

  外観のタイルもキレイに貼りなおされ、もう崩れているところはありません。雨の日も安心してみなさまに美術館にお越し頂けます。

写真1

  そして、今、まさに準備中なのが「ランス美術館展」!

写真2

 このたび、名古屋市とランス市の姉妹都市提携が決まり、両市の友好を記念して展覧会が開催されることになりました。ランス市はフランスのパリから約140キロ北東に位置する街で、街の中心にあるノートルダム大聖堂は世界遺産に登録されているそうです。

 ランス美術館は200年以上の歴史を誇り、5万点を超える作品を所蔵しているとのこと。今回、その中から選び抜かれた約70点の名品を名古屋市美術館でご覧いただけます。

  106日のオープニングにと7日からの一般開館に向けて、展覧会の準備も佳境を迎えています。作品は無事に到着して、準備のために来日したランス美術館の学芸員とともに、開梱された作品に損傷がないかチェックしているところです。作品のチェックが終わりましたら、いよいよ展示作業に入ります。

 写真3

写真4

 展示室の壁や床も、開館当時の仕様で新しくなりました。館内に設置されているエレベーターも新しいものになりました。デジタル表示になり、音も静かです。

 写真5

写真6

みなさま、ぜひ生まれ変わった美術館で、シャンパンの街ランスからの名品をお楽しみください!!!

投稿者:hina

名古屋市図書館でランス市のPR展示が開催されています!

「姉妹都市提携応援! 名古屋市図書館ランスPR展示」

ランス美術館があるランス市と名古屋市は10月に姉妹都市提携を結ぶことが予定されています。これを記念して、名古屋市図書館全21館で、ランスやフランスについて紹介する展示が7月22日より3期に分けて順次行われています。シャンパン、大聖堂、ゴシック建築、ジャンヌ・ダルク、そしてランス美術館といったランスやフランスにまつわる話題を、各館の独自のアイデアによって取り上げています。現在(第3期)は、鶴舞中央、東、北、山田、中村、瑞穂、南陽、南、志段味で10月14日まで開催されています。

 鶴舞中央図書館では、3期に分けてランス出身の著名人の紹介や建築をテーマにした展示が行われています。現在は「ランス美術館展」に関連し、出品作家であるゴーギャンやドラクロワの画集や藤田嗣治の図録などが手に取って見られるように置かれています。2階の貸出カウンターのすぐ横にあります。

IMG_5419トリミング

IMG_5420

終了した展示の様子やそこで紹介された書籍の情報が、以下の名古屋市図書館のHPにて紹介されています。ランスにまつわる情報が満載です。ぜひチェックしてみてください。

https://www.library.city.nagoya.jp/oshirase/topics_tenji/entries/20170727_04.html#chap01

ランス美術館展は、いよいよ10月7日開幕です!

ランス美術館展では、ドラクロワ、コロー、ミレー、ピサロ、ゴーギャン、藤田嗣治など、日本人にもなじみ深い作家による作品をご覧いただけます。本展は日本国内を巡回してきましたが、名古屋が最終会場。姉妹都市提携を記念して、特別に当館のみに出品される3作品も含め、名品を見るラストチャンス! 

美術館がある白川公園は、これから木々も色づき美しい季節を迎えます。ぜひご来館ください。

 

投稿者:I.