カテゴリー別アーカイブ: 未分類

アメリカのボストン美術館館長来館

10月8日(月・祝)に、アメリカのボストン美術館のマシュー・テイテルバウム館長が来館されました。このたびは、クリスティーナ・ユー・ユーアジア部部長、オリバー・バーカー財団・政府・国際担当マネージャーもご一緒され、現在開催中の「ザ・ベスト・セレクション」展をゆっくりとご覧になりました。

テイテルバウム館長は、特に当館のメキシコ・ルネサンスのコレクションに関心を寄せられ、フリーダ・カーロの《死の仮面を被った少女》を熱心にご覧になられていました。また、モディリアーニやスーチンをはじめとしたエコール・ド・パリの充実したコレクションをどのように築いてきたのかをお尋ねになられていました。

現在開催中の「ザ・ベスト・セレクション」展では、当館を代表する名作や知られざる傑作を一堂に展示しています。また、作家や作品にまつわる資料や収集や保存にかかわる学芸員の調査研究も紹介しています。 (1125日(日)まで)

IMG_0253      IMG_0255

テイテルバウム館長と早瀬館長

 

 

 

 

台風21号のちいさな爪痕

 

猛暑がひと段落し、秋風が吹き始めた9月は、二つの大きな自然災害に見舞われました。台風21号の襲来によって、多数の地域で停電や浸水の被害があり、続いて北海道地方を襲った大きな地震は、大規模な土砂崩れや全道規模の停電を引き起こしました。相次ぐ自然災害を前にして、自然に対する人間の無力をひしひしと感じずにはいられません。被災された方々に心からお見舞いを申し上げ、亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表します。

ここ名古屋市美術館でも、台風21号は小さな爪痕を残しました。交通機関が大きな被害を受けたことにより、ランス美術館(フランス)に貸出中の作品、ハイム・スーチン作《農家の娘》(1919年頃、当館蔵)の返却輸送が延期となったのです。

昨年10月、名古屋市とランス市は姉妹都市提携を結び、双方の美術館では、作品の貸し借り等を通じた交流を続けています。《農家の娘》は、今年5月から9月中頃まで、当館からランス美術館へ貸し出され、展示されていました。9月末頃当館に戻ったあと、すぐに106日から開催の「ザ・ベスト・セレクション」展に出品予定でしたが、残念ながらオープニングには間に合いそうにありません。

このランス美術館からの作品返却を例に、海外から作品を輸送する際、作品の点検や梱包、輸送に立ちあう「クーリエ」の仕事について、ここでご紹介したかったのですが、それはまたの機会に。交通機関の混乱が落ちつき、作品を安全に輸送する手段が確保できるまで、いましばらく様子をみる必要がありそうです。“娘”の帰還が待たれます。早く無事に帰ってきてほしいですね。(haru

ハイム・スーチン《農家の娘》

図版 ハイム・スーチン《農家の娘》 1919年頃 名古屋市美術館蔵

ハイム・スーチン(1893-1943)は、ミンスク郊外の小村スミロヴィチ(現ベラルーシ)生まれ。偶像崇拝を禁止するユダヤ教の家庭に育ちましたが、あきらめずに画家を目指し、1912年頃パリに出て、「蜂の巣(ラ・リューシュ)」に住みます。なかなか作品が売れず、貧困に苦しみましたが、モディリアーニやシャガール、キスリングらと出会い、親交を結びました。《農家の娘》は、南仏のカーニュで制作されたといわれています。モデルの女性は質素な服に身を包み、組んだ両手を膝の上に置く古典的なポーズで描かれています。

水谷勇夫『神殺し・縄文』

 

   水谷勇夫(みずたにいさお/1922-2005 )は名古屋市に生まれ、名古屋を拠点としながら活動した美術作家です。名古屋市美術館も作品を所蔵しています。美術制作の手法を独学し、膠彩画(いわゆる日本画)の技法を基にした絵画やテラコッタによる立体の制作などとともに、舞台美術の制作や行為による美術表現を行うなど、多様に活動しました。1993年のNHK大河ドラマ「琉球の風」の題字を手掛けるなど、書家としても知られています。

 

 水谷は、縄文の土器や土偶に惹かれ、日本の神話との関係を独自の手法で考察することもしています。その成果は1974年に『神殺し・縄文』(伝統と現代社)として出版されています。初版発行から45年の今年、同書は単行本から文庫本へと体裁を変えて、名古屋の出版社である人間社から再び出版されました。

神殺し・縄文カバー (加工用)

水谷勇夫『神殺し・縄文』(人間社文庫 日本の古層、人間社、2018年) カバー表

 

 文庫本には、考古学者の小林公明と水谷の次男で歴史学者の水谷類による文章2つと水谷本人の論稿1つが加えられています。手に入れ易い文庫本によって、水谷への理解が深まることを期待します。

 

投稿者: み。

 

 

 

あの場所は今:ユトリロが描いた「ノルヴァン通り」

図1

エコール・ド・パリの優品を数多く所蔵する名古屋市美術館。コレクションのきっかけは、愛知県稲沢市出身で、50年以上もパリに滞在し、現地の風景を描き続けた画家・荻須高徳の存在でした。荻須が描いた場所は、稲沢市荻須記念美術館の調査などによって、いくつも特定されています。例えば当館が所蔵する荻須の代表作《洗濯場》が描かれた場所は、パリ市内ではなく、パリの北部に隣接する都市・オーベルヴィリエであることがわかっています。

図2

さて、当館を代表する風景画、モーリス・ユトリロの《ノルヴァン通り》は、パリの道の名前がタイトルになっていますので、場所の特定は難しくありません。ノルヴァン通りは、パリ北部の小高い丘の一帯、モンマルトルにあります。白亜のドームが美しい「サクレ・クール寺院」や、20世紀初頭に若きピカソらが使用した共同アトリエ「バトー・ラヴォワール」、サルバドール・ダリの美術館「エスパス・ダリ」などがある、言わずと知れたパリの観光名所です。ノルヴァン通りはサクレ・クール寺院から西に伸びており、歩みを進めていくと似顔絵描きで賑わう「テルトル広場」に出ます。

図3

スターバックス・テルトル広場店を通過して1分ほど歩くと、ノルヴァン通りはジャン=バティスト・クレマン広場通りに分岐します。この三叉路に立ち、来た道を振り返ると、ユトリロが描いた《ノルヴァン通り》の風景を見ることができます。

図4

図5

ユトリロの絵と実際の風景を比べると、建物はほとんど変わっていないのがわかります。ノルヴァン通りの奥にそびえるサクレ・クール寺院のドームも、ほぼ同じように建物越しに見ることができます。正面に見えるレストラン「ル・コンスラ」(Le Consulat)は現在も営業中。右の建物の一階は、ユトリロの描いた当時はパン屋(Boulangerie)でしたが、現在は黄色い庇が目をひく土産物屋に変わっています。

図6

ユトリロと同じような構図で写真を撮ろうとすると、カメラを高く掲げる必要がありました。ユトリロはモンマルトルの白黒の絵はがきをもとに絵を描くことも多かったと言われており、当館の《ノルヴァン通り》も高い三脚を用いて撮影された写真(の絵はがき)を参考にして描かれたのかもしれません。撮影当日は曇り空、時折小雨の降る天気で、建物も石畳の路面もやや鈍い灰色の印象が強く残りました。ユトリロの《ノルヴァン通り》も曇り空ですが、画面の色調はやや黄味を帯びた白が支配的であり、実際の風景よりも温かみを感じます。ユトリロの風景画は作者自身の孤独や憂愁が投影されている、などと評されることも多いですが、あまり先入観に囚われずに見た方が良いのかもしれない、との思いを強くしました。

 

投稿者:nori

 

 

野外彫刻のひとりごと①

ぼくは、野兎。

フラナガンという人がぼくを作ったんだ。

ぼくは、名古屋市美術館がある白川公園の入り口のところに居る。

こんな風に、伸びをして、爪のあるボールの上に立ってバランスをとっているんだ。

ぼくの前を、いつも、いろんな人が通る。

「ポケモン・ゴー」が始まった時には、ぼくの前をすごく沢山の人がスマホを見ながら歩いてた。あの時は、びっくりしたなあ。

でも、ぼくの存在にいったいどのくらいの人が気づいてくれてるんだろう、と、時々考えるんだ。

気づかないで素通りしてしまう人も多いみたい。ちょっと残念だな。

今日は、ぼくの前脚にお客さんが来てくれた。

写真を見て、わかるかな?

烏が一羽、しばらくの間とまっててくれたんだ。

ぼくは、なんとなく嬉しかったな。

うさぎ

*この作品は、イギリスの作家バリー・フラナガンの《ボールをつかむ爪の上の野兎》(1989-90年、ブロンズ)です。白川公園の北西の角に近い位置に設置されています。フラナガンは野兎をテーマとした作品で知られており、現在、当館の常設展示室3で開催中の「特集:二次元・三次元」でもフラナガンの《三日月と釣鐘の上を跳ぶ野ウサギ》を展示しています。(2018年2月18日まで)

 

投稿者:AN

常設展から―郷土の美術 斎藤譲コレクションによる北川民次の版画

 ただいま常設展示室2では、郷土の画家北川民次による版画を展示・紹介しております。【図1】【図2】

ブログ図版1 -縮小

【図1

ブログ図版2 - 縮小

【図2】

北川民次(1894-1989)は、生涯に340点を超える版画を制作しました。彼が初めて版画制作を手掛けたのは、1925年6月にメキシコ、トラルパムの野外美術学校に助手として赴任した時に遡ります。当時同校の校長であったフランシスコ・ディアス・デ・レオンは、民次に木口木版の技法を教え、また、彼らは技法書を紐解きながら、銅版画の制作にも当たりました。

1936(昭和11)年、タスコの野外美術学校を閉鎖、帰国した北川民次は、妻の実家があった瀬戸に滞在し、翌1937(昭和12)年には、リノリウム版11点による版画作品《瀬戸十景》を制作しています。大胆な刻線と、黒と白の対比と反転によって「焼き物」のまち・瀬戸の情景を表現した連作は、日本の近代版画のなかでも高く評価されています。【図3】

ブログ図版3 - 縮小

【図3】

 戦後、北川民次は銅版画や石版画(リトグラフ)を精力的に手掛けています。その契機となったのが、美術評論家の久保貞次郎との「共同作業」でした。児童美術教育運動を推進していた久保は、画家たちに版画制作を薦め、絵本や詩画集等を出版しました。戦後の混乱と貧困を経て、人々の生活に少しの余裕が出てきたこの時期、部屋に飾る手軽な美術として、版画が流通するようになりました。1957(昭和32)年には〈東京国際版画ビエンナーレ〉が開幕し、また〈美術出版社〉が「版画友の会」を設立し頒布を始めると、画家たちの間でリトグラフの制作が盛んに行われました。

そうしたなかで、北川民次は「母子像」と「花」で愛好者を増やし、1968(昭和43)年には10点による「花と母子像」【図4】【図5】という題名の版画集を刊行しています。

ブログ図版4 - 縮小

【図4】

ブログ図版5 - 縮小

【図5】

 美術評論家であり、パトロンでもあった久保は1967年、毎日新聞に『国立性芸術図書館』と題した一文を寄稿しています。「政府の市民の言論表現の自由に対する抑圧的態度を揶揄(やゆ)して国立の図書館が、エロティカを蒐集し、公開すべきだ」と主張する久保に賛同した画家たちは、「国立がそれを始めるまで、お前のコレクションにと、いろいろなエロティカを寄贈してくれた」そうです。靉嘔(あいおう)の《レインボー北斎》もその一点だったということです。この時民次は、7点のエッチングを制作しています。【図6】

ブログ図版6 - 縮小

 今回の展示では、斎藤譲氏からご寄贈いただいた版画作品で北川民次の制作の全貌を辿ります。

同氏は1958(昭和33)年、〈株式会社日動画廊〉に就職、画商としてそのキャリアをスタートされました。1971(昭和46)年に名古屋に赴任された後は、鬼頭鍋三郎や伊藤廉、鴨居玲といった画家たちの作品を紹介されて来られました。

北川民次については、1977(昭和52)年に『北川民次版画全集1928-1977』【図7】を編集・出版されるなど、その作品の収集と普及に尽力されました。

ブログ図版7-縮小

【図7】

 貴重な作品を寄贈いただきました斎藤譲氏ご夫妻に厚く御礼申し上げます。12月3日(日)までの展示となります。どうぞお見逃しなく。[J.T.]

投稿者:J.T.

名古屋市美術館リ・オープン!

 近頃、めっきり秋らしくなってきました。

 休館して3か月が経過、いよいよ107日から名古屋市美術館は再開館いたします。目下、再開館にむけて着々と準備を進めているところです。

  外観のタイルもキレイに貼りなおされ、もう崩れているところはありません。雨の日も安心してみなさまに美術館にお越し頂けます。

写真1

  そして、今、まさに準備中なのが「ランス美術館展」!

写真2

 このたび、名古屋市とランス市の姉妹都市提携が決まり、両市の友好を記念して展覧会が開催されることになりました。ランス市はフランスのパリから約140キロ北東に位置する街で、街の中心にあるノートルダム大聖堂は世界遺産に登録されているそうです。

 ランス美術館は200年以上の歴史を誇り、5万点を超える作品を所蔵しているとのこと。今回、その中から選び抜かれた約70点の名品を名古屋市美術館でご覧いただけます。

  106日のオープニングにと7日からの一般開館に向けて、展覧会の準備も佳境を迎えています。作品は無事に到着して、準備のために来日したランス美術館の学芸員とともに、開梱された作品に損傷がないかチェックしているところです。作品のチェックが終わりましたら、いよいよ展示作業に入ります。

 写真3

写真4

 展示室の壁や床も、開館当時の仕様で新しくなりました。館内に設置されているエレベーターも新しいものになりました。デジタル表示になり、音も静かです。

 写真5

写真6

みなさま、ぜひ生まれ変わった美術館で、シャンパンの街ランスからの名品をお楽しみください!!!

投稿者:hina

ルイジアナ現代美術館でコールダーと出会う

 デンマークのルイジアナ現代美術館に行ってきました。コペンハーゲンから電車に揺られて40分ぐらい。フレムベックの駅で降りて、静かな田舎町をしばらく歩くと、美術館に着きます。

 ちょうど、マリーナ・アブラモヴィッチの大規模な展覧会を開催中でした。

ルイジアナ1

 入口には、面白い彫刻があります。

ルイジアナ2

 入口はこぢんまりとした印象ですが、中はかなり広く、ゆったりとしています。建物全体がとても美しい美術館ですが、カフェもまた素敵です。カフェの外には広々とした彫刻庭園があり、散策にうってつけです。そして、この写真のガラス戸の向こうにちらりと見える赤い彫刻、わかりますでしょうか?

ルイジアナ3

  庭に出て見ると・・・アレクサンダー・コールダーの彫刻です。名古屋市美術館の前に立っているコールダーの彫刻と仲間のようによく似ていますね。こちらの方が、ちょっと細身な感じです。タイトルは、《Little Janey-Waney》だそうです。眼前に広々とした海を見渡せる場所に立つこの彫刻は、幸せそうに見えました。

ルイジアナ4

 展示を見て、カフェでくつろぎ、庭園でのんびりし・・・、思わず長居をしたくなる美術館。とても良い体験をしました。

  ちなみに、名古屋市美術館では、この秋、当館所蔵のアレクサンダー・コールダーの彫刻についての講座が開催されます。

 2回コレクション解析学

日時:1126日(日)午後2

演題:「新たなる彫刻の可能性」

作品:アレクサンダー・コールダー《ファブニール・ドラゴンⅡ》1969

講師:深谷克典(名古屋市美術館副館長)

定員180名、入場無料

 http://www.art-museum.city.nagoya.jp/exhibitions/kaisekigaku

 また、「アートペーパー105号」には、特集としてコールダーの作品についての記事が掲載されています。こちらも併せてお楽しみ下さい。

 http://www.art-museum.city.nagoya.jp/publish/artpaper

投稿者:AN

出前アート体験

子どもたちは夏休みですね。

 名古屋市美術館は、名古屋市の教育委員会に所属しています。教育委員会は、所属の美術館、博物館、科学館だけでなく、市立大学など市に関係のある諸団体と連携して、希望に応じて市立の小学校、中学校、特別支援学校でさまざまな分野の専門家が授業を担当する「その道の達人派遣事業」を行っています(名古屋市公式ウェブサイトhttp://www.city.nagoya.jp/kyoiku/page/0000050684.html)。

 美術館、博物館、科学館は、三者で「出前ミュージアム」というプログラムを担当しており、美術館は「出前アート体験」という名称で学芸員が授業を行っています。今年度は4つのテーマで希望を募りましたが、そのなかの1つ「アートカードで学ぼう」の授業を先日、小学校で行ってきました。

アートカードは、美術作品を絵葉書大のカードにしたもので、実物を見ることができなくても美術に親しむことができるようにと開発された教材のひとつです。名古屋市美術館は所蔵作品60点を使用したオリジナルのカードを作成しており、「アートカードで学ぼう」はそのカードを使用して授業を行います。アートカードの使い方は多様にあるため、授業を行うクラスの担任教諭などに希望した理由や狙いなどを確かめ、それに見合うように内容を用意しています。

授業では、毎回、子どもたちから新しい気づきを与えられています。先日の授業でも多くのことを教えられましたが、特に印象深かったことがらを以下に紹介します。

アートカードを用いる授業では、子どもたちに見て気づいたこと、感じたこと、思ったことを自由に話し合ってもらう時間を多く設けるようにしています。美術史の知識や事実に基づいた正しい解釈を教えることよりも、まずは興味や関心を持ってもらい、よく見ることを通して何がどのように表わされているかを自分なりにつかみ、そのことから抱いた自分の思いを美術鑑賞の出発点として大切にして欲しいと考えているからです。そんな活動のなかで、鬼頭鍋三郎の《手をかざす女》について、「津波の後の様子」と語った子どもがいました。

草原にあるコンクリート製の井戸を背にして前掛けを付けた洋装の女性が右手を額に当てて素足で立つ姿を描く《手をかざす女》は、1934年に制作されており、津波の後の光景を描いたものではありません。「働く女性」を主題に作家が文字通り「絵になる光景」を構想して作画した作品です。私はこの作品の制作背景を知っているため、このように思うことはない(なかった)のですが、以前、この作品を見て「戦後の焼け跡から復興しつつある様子」と語られた方があり、「虚心に見ればそのようにも見える。なるほど」と思ったことを記憶しています。

授業をしたのは小学校3年生のクラスです。この年代の子どもたちにとっては、先の戦争よりも東日本大震災の津波による被害が実感を伴う体験なのだと気づかされました。報道などに触れるだけでなく、名古屋市にも避難をされている方があり、身近に体験を共有する状況もあることを改めて意識させられました。

子どもたちは《手をかざす女》を覚えていてくれるでしょうか。気づいたことの遣り取りからさまざま連想し、思い思いの理解を得た子どもたちが、美術館で実作と出会い、またその時々の興味や関心から作品への理解と愛着を深めて欲しいと思います。《手をかざす女》に限らず、そうした営みが美術作品に命を与え、後世に残して行く意味をもたらすのだと思います。

《手をかざす女》については、当館ウェブサイトで、名古屋市美術館ニュース アートペーパーの第101(2016年春号)(http://www.art-museum.city.nagoya.jp/dir_Artpaper/Artpaper101.pdfを、アートカードについてはこちらのページ(http://www.art-museum.city.nagoya.jp/publish/artcard)をご覧ください。

「出前アート体験」は、当館ウェブサイトに掲載の「年報」の「教育普及事業」で、授業内容などをご覧いただくことができます。

アートカードを用いる教育プログラムは、美術館内で実施する教育事業に含まれていることもあります。興味や関心のある方はそちらにご参加ください。

投稿者:み。

休館

  名古屋市美術館は、現在、改修工事のため長期の臨時休館に入っています。

 改修工事の一番大きな部分は美術館の外側です。美術館外側の敷地内床面に敷き詰められたタイルや南側庭園の遊歩道が、長年の使用により劣化して、剥がれたり、崩れたりしているところがあり、しかも、雨で濡れると滑りやすくなるので、とても危険でした。これらの部分が全面的に改修されます。

 改修は、美術館の建物の外側だけではありません。

館内のエレベーターは、過去に故障してお客様にご迷惑をおかけしたことがありましたが、その後、修理して、点検を重ねて問題がなくなっていたにもかかわらず、動かすたびに「ガガガッ」という音がするようになっていました。その音は、大丈夫とはわかっていても、気になる人にとっては、恐怖をかきたてるものでした。原因が、長期使用による劣化だったので、今回ついに交換されることになりました。

 展示室の壁や床も改修されます。長年、作品を展示するたびごとに穴を開けられ、また展示のたびに様々な色に塗られ、そのたびごとに元の色に戻すことも含めて塗り重ねられた壁面は、あちこちボコボコと凹凸が目立ちます。そのようにボコボコになってしまった壁も貼り直されます。また、企画展示室の床も傷んだタイルだけを交換し続けてきたために、まだらな模様になってしまっていますが、それも開館当時の仕様のものでキレイに貼りなおされる予定です。

 さて、臨時休館期間に入り、改修工事を前に作品をすべて収蔵庫に撤去いたしました。

 がらんとした展示室が、どこか祭りの後のような寂しさを醸し出します。

展示室の写真1

展示室の写真2

常設展示室も空っぽです。

展示室の写真3

作品がない展示室です。もちろんお客さんも監視の方も誰もいません。

 いつもは、モディリアーニの《おさげ髪の少女》が飾られているガラスケースも空っぽです。

展示室の写真4

展示室の写真5

特別展示室の床の写真です。全面的に汚れて傷だらけになってしまっているので、まだら模様になっていることもわかりにくいかもしれません。これも、キレイにすべて張り替えられます。

床面の写真

美術品にとって美術館は家です。

 原田マハさんの『デトロイト美術館の奇跡』という本にそういう表現がありました。2013年にアメリカのデトロイト市は財政破綻し、デトロイト美術館のコレクションを売却して負債額の返済に充てるという話が出て、美術館が存続の危機に陥るという実話をもとにした小説です。

 その小説の中である登場人物が言います。

 アートはあたしの友だち。だからDIA(註:デトロイト美術館のこと)は、あたしの「友だちの家」なの。(原田マハ『デトロイト美術館の奇跡』P.73

 友だちだと思える作品を見つけられるというのは、素敵なことだなあと思いました。

 作品は、わたしたち見る人によって全然違って見えることがあります。同じ人でも、見る時の状況や感情によっても、見え方は違ってきます。時には、刺激を与えてくれたり、悩みを聞いて相談に乗ってくれたり、喧嘩したりもする友だちのように、作品と対話することで、自分の中に新しいアイディアが生まれたり、勇気をもらったりすることがあるかもしれません。

 「対話」といっても、もし作品が本当に話をはじめたら、それは心霊現象ですが(笑)。

 実際は、作品を見るわたしたちが、作品の中に自分の気持ちや感覚を投影して見ることで、自分と作品に投影された自分とが対話をして、何かを感じるということなのでしょう。

 ところで、わたしも、仕事をしている時と、作品を鑑賞している時では全然違った風に作品と対話をします。

 例えば、展示替え作業中、作品の位置を決める時。隣の作品との距離が小さい時には、

「おいおい、こんなところに置くなよ。狭苦しいじゃんか。」

「すいません。すぐ直します。」

 あるいは、壁が穴だらけで汚い時とか

「ちょっと!こんなきたねえところに展示するんかい!」

「はいはい、今は位置決めてるだけなんで、後でパテ埋めしてから展示しますんでご安心ください。」

とか。

 あるいは、展示が終わり、ライティングがうまく行った後なんかは

「わたし、今、いい状態でスポットライトを浴びてるんだから、邪魔しないでね。」

と、よそ行きの顔で言われているような気持ちになったり。

 でも、作品を鑑賞している時は全然違っています。

心惹かれる作品に出合った時に、自分だけに何かを語りかけてくれるような気持ちになったり、懐かしい気持ちを思い起こしたりすることもあります。そういう時には「友だち」に会うというのに近い感覚かもしれません。

 というわけで、これからの3か月間で行われる改修工事が、そんなわたしたちの「友だち」に出会う場をより心地いいものにすることにつながればと思います。

 10月に「ランス美術館」展とともに、再オープンする時には、名古屋市美術館は、きっとお風呂に入ってさっぱりした後のように、キレイな姿でみなさまをお迎えできるかと思います。

 改修工事のあと、またみなさまにお会いできるのを楽しみにしております~!

投稿者:hina