出前アート体験

子どもたちは夏休みですね。

 名古屋市美術館は、名古屋市の教育委員会に所属しています。教育委員会は、所属の美術館、博物館、科学館だけでなく、市立大学など市に関係のある諸団体と連携して、希望に応じて市立の小学校、中学校、特別支援学校でさまざまな分野の専門家が授業を担当する「その道の達人派遣事業」を行っています(名古屋市公式ウェブサイトhttp://www.city.nagoya.jp/kyoiku/page/0000050684.html)。

 美術館、博物館、科学館は、三者で「出前ミュージアム」というプログラムを担当しており、美術館は「出前アート体験」という名称で学芸員が授業を行っています。今年度は4つのテーマで希望を募りましたが、そのなかの1つ「アートカードで学ぼう」の授業を先日、小学校で行ってきました。

アートカードは、美術作品を絵葉書大のカードにしたもので、実物を見ることができなくても美術に親しむことができるようにと開発された教材のひとつです。名古屋市美術館は所蔵作品60点を使用したオリジナルのカードを作成しており、「アートカードで学ぼう」はそのカードを使用して授業を行います。アートカードの使い方は多様にあるため、授業を行うクラスの担任教諭などに希望した理由や狙いなどを確かめ、それに見合うように内容を用意しています。

授業では、毎回、子どもたちから新しい気づきを与えられています。先日の授業でも多くのことを教えられましたが、特に印象深かったことがらを以下に紹介します。

アートカードを用いる授業では、子どもたちに見て気づいたこと、感じたこと、思ったことを自由に話し合ってもらう時間を多く設けるようにしています。美術史の知識や事実に基づいた正しい解釈を教えることよりも、まずは興味や関心を持ってもらい、よく見ることを通して何がどのように表わされているかを自分なりにつかみ、そのことから抱いた自分の思いを美術鑑賞の出発点として大切にして欲しいと考えているからです。そんな活動のなかで、鬼頭鍋三郎の《手をかざす女》について、「津波の後の様子」と語った子どもがいました。

草原にあるコンクリート製の井戸を背にして前掛けを付けた洋装の女性が右手を額に当てて素足で立つ姿を描く《手をかざす女》は、1934年に制作されており、津波の後の光景を描いたものではありません。「働く女性」を主題に作家が文字通り「絵になる光景」を構想して作画した作品です。私はこの作品の制作背景を知っているため、このように思うことはない(なかった)のですが、以前、この作品を見て「戦後の焼け跡から復興しつつある様子」と語られた方があり、「虚心に見ればそのようにも見える。なるほど」と思ったことを記憶しています。

授業をしたのは小学校3年生のクラスです。この年代の子どもたちにとっては、先の戦争よりも東日本大震災の津波による被害が実感を伴う体験なのだと気づかされました。報道などに触れるだけでなく、名古屋市にも避難をされている方があり、身近に体験を共有する状況もあることを改めて意識させられました。

子どもたちは《手をかざす女》を覚えていてくれるでしょうか。気づいたことの遣り取りからさまざま連想し、思い思いの理解を得た子どもたちが、美術館で実作と出会い、またその時々の興味や関心から作品への理解と愛着を深めて欲しいと思います。《手をかざす女》に限らず、そうした営みが美術作品に命を与え、後世に残して行く意味をもたらすのだと思います。

《手をかざす女》については、当館ウェブサイトで、名古屋市美術館ニュース アートペーパーの第101(2016年春号)(http://www.art-museum.city.nagoya.jp/dir_Artpaper/Artpaper101.pdfを、アートカードについてはこちらのページ(http://www.art-museum.city.nagoya.jp/publish/artcard)をご覧ください。

「出前アート体験」は、当館ウェブサイトに掲載の「年報」の「教育普及事業」で、授業内容などをご覧いただくことができます。

アートカードを用いる教育プログラムは、美術館内で実施する教育事業に含まれていることもあります。興味や関心のある方はそちらにご参加ください。

投稿者:み。

休館

  名古屋市美術館は、現在、改修工事のため長期の臨時休館に入っています。

 改修工事の一番大きな部分は美術館の外側です。美術館外側の敷地内床面に敷き詰められたタイルや南側庭園の遊歩道が、長年の使用により劣化して、剥がれたり、崩れたりしているところがあり、しかも、雨で濡れると滑りやすくなるので、とても危険でした。これらの部分が全面的に改修されます。

 改修は、美術館の建物の外側だけではありません。

館内のエレベーターは、過去に故障してお客様にご迷惑をおかけしたことがありましたが、その後、修理して、点検を重ねて問題がなくなっていたにもかかわらず、動かすたびに「ガガガッ」という音がするようになっていました。その音は、大丈夫とはわかっていても、気になる人にとっては、恐怖をかきたてるものでした。原因が、長期使用による劣化だったので、今回ついに交換されることになりました。

 展示室の壁や床も改修されます。長年、作品を展示するたびごとに穴を開けられ、また展示のたびに様々な色に塗られ、そのたびごとに元の色に戻すことも含めて塗り重ねられた壁面は、あちこちボコボコと凹凸が目立ちます。そのようにボコボコになってしまった壁も貼り直されます。また、企画展示室の床も傷んだタイルだけを交換し続けてきたために、まだらな模様になってしまっていますが、それも開館当時の仕様のものでキレイに貼りなおされる予定です。

 さて、臨時休館期間に入り、改修工事を前に作品をすべて収蔵庫に撤去いたしました。

 がらんとした展示室が、どこか祭りの後のような寂しさを醸し出します。

展示室の写真1

展示室の写真2

常設展示室も空っぽです。

展示室の写真3

作品がない展示室です。もちろんお客さんも監視の方も誰もいません。

 いつもは、モディリアーニの《おさげ髪の少女》が飾られているガラスケースも空っぽです。

展示室の写真4

展示室の写真5

特別展示室の床の写真です。全面的に汚れて傷だらけになってしまっているので、まだら模様になっていることもわかりにくいかもしれません。これも、キレイにすべて張り替えられます。

床面の写真

美術品にとって美術館は家です。

 原田マハさんの『デトロイト美術館の奇跡』という本にそういう表現がありました。2013年にアメリカのデトロイト市は財政破綻し、デトロイト美術館のコレクションを売却して負債額の返済に充てるという話が出て、美術館が存続の危機に陥るという実話をもとにした小説です。

 その小説の中である登場人物が言います。

 アートはあたしの友だち。だからDIA(註:デトロイト美術館のこと)は、あたしの「友だちの家」なの。(原田マハ『デトロイト美術館の奇跡』P.73

 友だちだと思える作品を見つけられるというのは、素敵なことだなあと思いました。

 作品は、わたしたち見る人によって全然違って見えることがあります。同じ人でも、見る時の状況や感情によっても、見え方は違ってきます。時には、刺激を与えてくれたり、悩みを聞いて相談に乗ってくれたり、喧嘩したりもする友だちのように、作品と対話することで、自分の中に新しいアイディアが生まれたり、勇気をもらったりすることがあるかもしれません。

 「対話」といっても、もし作品が本当に話をはじめたら、それは心霊現象ですが(笑)。

 実際は、作品を見るわたしたちが、作品の中に自分の気持ちや感覚を投影して見ることで、自分と作品に投影された自分とが対話をして、何かを感じるということなのでしょう。

 ところで、わたしも、仕事をしている時と、作品を鑑賞している時では全然違った風に作品と対話をします。

 例えば、展示替え作業中、作品の位置を決める時。隣の作品との距離が小さい時には、

「おいおい、こんなところに置くなよ。狭苦しいじゃんか。」

「すいません。すぐ直します。」

 あるいは、壁が穴だらけで汚い時とか

「ちょっと!こんなきたねえところに展示するんかい!」

「はいはい、今は位置決めてるだけなんで、後でパテ埋めしてから展示しますんでご安心ください。」

とか。

 あるいは、展示が終わり、ライティングがうまく行った後なんかは

「わたし、今、いい状態でスポットライトを浴びてるんだから、邪魔しないでね。」

と、よそ行きの顔で言われているような気持ちになったり。

 でも、作品を鑑賞している時は全然違っています。

心惹かれる作品に出合った時に、自分だけに何かを語りかけてくれるような気持ちになったり、懐かしい気持ちを思い起こしたりすることもあります。そういう時には「友だち」に会うというのに近い感覚かもしれません。

 というわけで、これからの3か月間で行われる改修工事が、そんなわたしたちの「友だち」に出会う場をより心地いいものにすることにつながればと思います。

 10月に「ランス美術館」展とともに、再オープンする時には、名古屋市美術館は、きっとお風呂に入ってさっぱりした後のように、キレイな姿でみなさまをお迎えできるかと思います。

 改修工事のあと、またみなさまにお会いできるのを楽しみにしております~!

投稿者:hina

地球”大洗浄”

美術館の通用口を出た白川公園(遊具が設置されている方)の中に大きな地球儀があります。名古屋市美術館が建設される以前からあったような気がします。決して小さくはない球体ですが、周囲の樹々が大きくなって、奇妙なオブジェのようにも見えます。遊具でもなく、その周りを子供たちが“追いかけっこ”をする程度です。冬になれば、雪が積もり、正しく北半球は雪に覆われます。

最近、その地球儀が洗浄されました。長年積もった埃と大気に含まれるガス、さらには雨水とともに樹々から落ちた樹脂等によって、陸と海の境界も解らないほどに汚れていましたが、洗浄作業によってまるで新たな天体のようによみがえりました。大雑把に描かれた地図はそのままですが・・・。

投稿者:J.T.

びじゅつびっくりたまてばこ「イチおし!」を開催しました

6月24日土曜日に、美術を楽しむプログラム「イチおし!」を、事前に申し込みをいただき、当選した28名の小学生の皆さんを迎えて開催しました。

 DSC_8164ss

 

まずはグループに分かれて、ボランティアの皆さんのガイドで美術館に展示されている彫刻を見て回りました。子どもたちの頭上にはボロフスキーの《フライングマン》。手足はどのように動いているかな?空を飛ぶってどんな気持ちだろう? みんなで話し合いながら観ていきました。

DSC_8207ss

そして、次に全員でゴームリーの《接近》をじっくり観察しました。床に手足を広げて寝そべる人物。頭はどんな向きかな? これまで観た作品とどこが違うかな?気付いたことを発表していきました。

そして、学芸員からこの人物は作家本人であり、「地球に近づきたい!」と思い、このポーズをしていると説明を聞きました。

DSC_8228ss

作品を見たあとは、キッズコーナーに戻り作品づくりです。「自分だったら、こんなポーズで地球にくっつきたい!」として大きな白い紙の上で、寝そべったり、横を向いたり、手を後ろに座ったり、思い思いにポーズをとり、鉛筆で型を取り、色鉛筆で描いていきます。ポーズをとった自分を上から見た様子を想像したり、手を伸ばしている姿を描いたりと、“地球に接近するもう一人の自分”を描き出していきました。なかにはさらにイメージを膨らませて、「近づきたい!」と思った地球の場所や様子を描き加えた子どもたちもいました。

DSC_8311ss

最後に、出来上がった作品をみんなで見て回りました。すてきな作品を描いてくれた皆さん、ありがとうございました。

 『びじゅつびっくりたまてばこ』の次のプログラムは1126日(日)に「まるごと玉手箱」を予定しています。1031日(火)まで往復はがきで申し込みを受け付けています。ご参加をお待ちしています!

ご案内はこちら→ 

http://www.art-museum.city.nagoya.jp/exhibitions/kidsprogram/bbt2017

投稿者:I.

梅雨晴れの白川公園にて

 梅雨入りの発表から1週間、まとまった雨の日はまだ少なく、カラッとした風が気持ち良い日が続いています。

そんなお天気のある日、屋外に設置されている作品の状態確認のため外へ出て歩いていると…

 カルガモ親子水浴び中

 ズーム写真で分かりにくいと思いますが、これは科学館の前にある噴水の中です。

ハトやカラスが真夏に暑さを少しでも和らげようとワイルドに水浴びする姿はよく見かけるのですが、カルガモの親子(お母さんと5羽のヒナ)の姿を見たのは久しぶりでした。

以前にもカルガモの親子がたびたび目撃され、美術館のサンクンガーデンや南側の池周辺で散歩していたことがあったのですが、現在、美術館の南側の遊歩道は改修工事で閉鎖中。騒がしいこともあり、今年はここで泳ぎの特訓でしょうか?

 都会のど真ん中にありながら、緑も水辺もある白川公園。カルガモの親子には、巣立ちの日までケガや事故に遭うことなく、健やかに過ごしてもらいたいものです。

 ※野生動物ですので、ずっと同じ場所に居続けるわけではありません。もし公園内で見かけても、どうか優しく見守ってあげてください。

投稿者:3

特別展「異郷のモダニズム-満洲写真全史-」後期展覧会開催中!

DSC_6212DSC_6226

 

4月28日に「異郷のモダニズム-満洲写真全史-」展開会式を行いました。

現在は、中盤を折り返し、後期展示を実施しております。

DSC_6245

DSC_6251

大陸の風景や生活風俗を記録することから始まった写真表現は、1932年の「満洲国」建国前後より、絵画的な写真表現が流行し、やがて国策としての宣伝活動に利用されていきました。本展では、日本の敗戦とともに13年5か月で崩壊した「満洲国」で展開した写真表現の変遷を、作家自身による貴重なプリント作品や当時のグラフ雑誌など多数の資料でたどります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本展覧会の図録については、一般の書店でもお買い求めいただけますが、当館のミュージアムショップでは、展覧会会場特別割引として、通常税込価格3,780円のところ3,500円で購入できますので、大変お得です!その他、関連グッズとして、ポストカード、クリアファイル、ノート(A6サイズ)、DVD(満洲アーカイブス)なども販売しております。

ぜひミュージアムショップへもお立ち寄りください。

迎春花表1

また、後期展覧会開催期間中に、講堂におきまして「異郷のモダニズム-満洲写真全史-」特別上映会を開催します。

当時の満洲の姿を記録した「満洲アーカイブス」の中から数点、及び李香蘭主演の映画「迎春花」等を上映します。上映会への入場は無料ですので、ぜひご覧いただきたいと思います。なお、上映スケジュールは以下のサイトをご覧ください

 http://www.art-museum.city.nagoya.jp/manchoukuo/manchoukuo_joeikai

 

名古屋市美術館のデイティール④

名古屋市美術館の西側にあるこの赤い建造物は、設計者の黒川紀章により、「裏千家中門の写し」として造られたものだそうです。

 写真

茶庭に設けられる中門(ちゅうもん)は、茶室の庭園である露地(ろじ)に建てられるもので、内露地と外露地の境にある門です。それらの門には檜皮葺き(ひわだぶき)や茅葺き(かやぶき)の屋根を持つものや、青竹を使ったものなどがあり、自然の素材を用いた簡素なものとなっています。ですから、本来の「中門」は色彩的にも地味な落ち着いた雰囲気のものといえますが、それに対し、美術館の庭に設えられた「裏千家中門の写し」では、は鮮やかな朱が用いられていることが印象的です。

 

この写真は新緑の季節に撮影したものですが、繁る葉の緑の陰からひっそりと赤い中門が覗いているような塩梅です。緑と赤の対比が綺麗ですね。

 

これ以外にもこの美術館には様々な「写し」が隠されています。庭を歩いてみると、いろいろな意外な意匠に出会う事ができるのです。

投稿者:akko

テレビ番組の収録風景

 テレビ愛知で放映される名古屋市の広報番組「こちら!名古屋市ボイメン課」の収録が行われました(放送日時:5月19日(金)20:54~)。

この番組は、名古屋出身の男性アイドルグループ「ボーイズアンドメン」とその研究生が、職員とのやりとりを通じて名古屋市の施設やイベントなどを紹介する内容です。

今回の出演は、ボーイズアンドメン研究生の中原聡太(なかはらそうた)さんと清水天規(しみずたかのり)さんの2人。

 

写真1

スタッフの皆さん含め11人で、当名古屋市美術館に来館されました。

 現在開催されている特別展は「異郷のモダニズム-満洲写真全史―」

満洲といえば、若い世代には高校の歴史の教科書で聞いたことがあるくらいの、もうずいぶん遠い過去のことです。

中原さんと清水さんにとっては、初めての名古屋市美術館、初めての満洲。どんな反応をされるのかも興味深いところでした。

写真2

建物前での撮影を済ませ、さっそく展示室へ。「うわぁ、すげぇ!」足を踏み入れて目にした壁一面の資料に圧倒された様子の2人。

撮影の合間にも、たくさん並んだ写真をしげしげと眺めては、時々2人でお話ししていました。

 今回の特別展の企画担当は、50代半ばの男性学芸員 竹葉。まだ20代に届かない中原さん・清水さんと絡むとどういう雰囲気になるのか?これも気になるところでしたが、撮影が始まってみると先生と生徒のような意外にしっくりした感じが醸し出されていました。番組をご覧になる若い方たちは、きっとこの2人と同じ目線で学芸員の解説を受け止めていただけると思います。

写真3

中原さんと清水さんの出演シーンの撮影が無事に終わり、2人は美術館を後にされました。満洲での写真表現の変遷を題材にしたこの展覧会が華やぎに包まれたひととき。展示された作品に写るたくさんの人たちは、どんな思いでこの光景を眺めていたのか、ふと思いを馳せてしまいます。

 次は、出演者のいない場面(インサート)の撮影です。

ディレクターさんが番組で紹介したい作品について、熱心に学芸員の説明を受けて候補を絞り、カメラを向ける角度や照明などを細かに調整して撮影していました。映し出された作品たちがこの展覧会を饒舌に物語ってくる、そんな映像が次々と生まれていきます。

 こうして、4時間以上にも及ぶ撮影がすべて終了!

 番組の放送時間はとても短いものですが、その数分の番組が出来上がるまでにはたくさんの方が関わり、こんなに丁寧に時間をかけているのですね。

ボーイズアンドメン研究生の中原さんと清水さん、それにスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 放映は5月19日金曜日の20:54からの予定です。

 皆さんぜひご覧いただいて、まずは遠い過去の「満洲」を、少し身近に感じてください。

そして、名古屋市美術館で開催中の特別展「異郷のモダニズム-満洲写真全史-」(6/25まで)に、どうぞお越しください!

ランス美術館

4月1日より新年度が始まりました。今年度、名古屋市美術館は4本の特別展を予定しています。

http://www.art-museum.city.nagoya.jp/exhibitions/temporary_ex

今回のブログは、10月に始まる「ランス美術館展」に関連したお話です。

ランス美術館外観

ランス美術館と名古屋市美術館は、2013年に「友好提携に関する覚書」に調印しました。昨年の「藤田嗣治展」も、実はこの相互交流事業の一環として実施されたものでした。戦後、日本を脱してフランスに戻った藤田嗣治は、1959年にパリから北東に約130km離れたランス市のノートル・ダム大聖堂でカトリックの洗礼を受けました。1966年には、同市内に「平和の聖母礼拝堂」(通称シャペル・フジタ=写真)を建立し、内部の壁画やステンドグラスのデザインを手がけました。藤田の遺体はこの礼拝堂の地下に埋葬されており、君代夫人もここに眠っています。こうしたご縁から、あわせて2300点以上の藤田の作品や資料がランス市に寄贈され、今やランス美術館は藤田の研究や個展の開催において欠かせない機関となりました。先の「藤田嗣治展」では47点の作品をランス美術館より借用し、初日にはカトリーヌ・デュロ ランス美術館長による講演を行いました。

reims 2

© Christian Devleeschauwer

reims 1

© Christian Devleeschauwer

そしてこの秋には、いよいよランス美術館のコレクションの中から選りすぐった名品を名古屋でご覧いただけることになります。現在のランス美術館の建物は中世の修道院を改築したもので、191310月に開館しました。細長い回廊のような展示室が特徴です(写真)。コレクションは16世紀から21世紀まで幅広い時代を網羅しており、中でも17世紀から19世紀のフランス絵画が充実しています。とりわけ19世紀のフランスを代表する風景画家、カミーユ・コローの作品は29点を所有しており、これはルーブル美術館に次ぐ重要なコレクションとなっています。

「ランス美術館展」ではコローはもちろん、ダヴィッドやドラクロワ、ミレー、クールベなど、フランス絵画史を語る上で外すことのできない重要作家たちの作品をご覧いただけます。「藤田嗣治展」でも未公開だった藤田の作品約20点、さらに現在、国立西洋美術館で個展が開催され、その価値が見直されているテオドール・シャセリオーの作品2点にもご期待ください。現在「ランス美術館展」と「シャガール展」の開催予告ちらしが配布されています。6月25日(日)まで開催中の「異郷のモダニズム―満州写真全史―」でご来館の際には、どうぞお手に取ってご覧ください。reims A4f

投稿者:nori

メットガラ

5月最初の月曜日にニューヨークのメトロポリタン美術館(略称MET)で催されるメットガラ。招待客のハリウッドスターなどのセレブリティが豪華に着飾った姿を見せる華やかな催事で、収益は服飾部門の1年間の活動資金になります。今年は51日がその日に当たります。

 

そのメットガラを取り上げた映画「メットガラドレスをまとった美術館」(アンドリュー・ロッシ監督、2016)が今、公開されています。原題は”The First Monday in May”で「5月最初の月曜日」。アメリカではこれで何のことか分かるのでしょう。

 

映画は、2015年のメットガラを取り上げたもの。いろいろな要素が詰まっていて、面白いのですが、社会や文化の状況が違う日本の私からすると、それはどうなのと思うこともままあって、考えさせられもします。

 

328日付けの日経新聞(夕刊)によれば、METのトーマス・キャンベル館長が6月末で引責辞任するとのこと。映画「メットガラ」の主要登場人物のひとりであるアンドリュー・ボルトンが企画したアレキサンダー・マックイーン展をはじめ、話題となる展覧会を開催し、在任中の8年間で入館者数を4割増の年間700万人超としても、累積赤字と経費膨張が問題となったようです。

 

MET の入館料は任意のため、館が示す希望金額の25ドルを全額払う人は少なく、一部調査では入館者1人が8ドル使うのに美術館が支出する金額は55ドルになるとのこと。こういう話を見聞きすると、大衆のしたたかさと費用対効果の問題が頭をよぎります。

 

映画を見ているとメットガラの大変さが良く分かるのですが、服飾部門はまだ寄付金を集めやすい方でしょう。話題作りの難しい部門はもっと苦労しているはずです。

 

欧米の例にならい、日本でも美術館、博物館で、入館料(あるいは入場料)以外の収益を上げるよう求められることが多くなっています。寄付金についても同様です。運営費を賄うことが目的ですが、誰がどのように運営費を賄うかというのは、美術館や博物館の設置の目的やはたすべき役割のあり方に大きくかかわりを持っています。

 

観光資源としての美術館、博物館にも関心が寄せられるようになっていますが、集客により立地する地域の活性化に益するところがあるとしても、METの例にも見られるように美術館や博物館そのものには期待するほどの経済的な利益をもたらすわけではありません。それよりも、観光資源としての価値をもたらしている文化資源としての価値を旧来とは比べものにならないほどの速さで減少させることになるだろうことにも目を向けるべきでしょう。観光資源としての価値の持続には、文化資源としての価値を維持し、増大させる営みが欠かせません。

 

彼我の違いを認識しながら、こちらはどうあるべきかを冷静に見極めて行く必要を感じます。

投稿者:み。