「モネ それからの100年」展 来場者が10万人を達成しました!

4月25日から開催しております名古屋市美術館開館30周年記念特別展「モネ それからの100年」の来場者数が、5月25日の5万人達成に引き続き、6月19日、ついに10万人を達成しました。これを記念して10万人達成記念セレモニーを行いました。

記念すべき10万人目は、名古屋市西区在住の伊藤佳子さんと伊藤ひなのさんの親子で、当館の深谷克典副館長から、モネの「睡蓮」の揺れるうちわと展覧会の図録が贈られました。

毎日、大変多くの方にご来場いただき、「モダンアートの先駆者」と称されるモネの作品と、モネの精神を受け継ぐ現代美術の作家たちの作品を、比較しながらご鑑賞いただいています。

会期は7月1日までとなっています。会期末が近づくに従い、会場が混雑してまいりました。特に今後、土曜日・日曜日は、かなりの混雑が予想されますので、なるべく平日にご来館されることをお勧めします。

常設展「名古屋のパフォーマンス-追悼岩田信市と岸本清子」関連上映会を開催します

現在、常設展示室の「郷土の美術」において、昨年逝去された岩田信市(1935-2017)と岸本清子(1939-1988)の作品を公開しています。二人は共に名古屋市生まれで県立旭丘高校美術科の出身。岩田は1960年代に名古屋を拠点とするパフォーマンス集団「ゼロ次元」のメンバーとして活動、1979年にはロック歌舞伎で知られる「スーパー一座」を立ち上げました。岸本は1960年に東京で結成された反芸術的集団「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」に参加、1980年代は名古屋を拠点に、絵画を制作しながら社会変革を訴えるパフォーマンスを行いました。

両者の芸術観を知る機会として、6月23日(土)に岩田の制作した映像作品を、24日(日)に岸本が出演する出光真子の映像作品などを上映します。詳しくは以下のちらしをご覧ください。

名古屋のパフォーマンス関連上映会のおしらせ(PDF)

※6月23日(土)の上映会は、18歳未満の方の入場を制限させていただきます。また、同日上映予定の岩田信市『大須パラダイス』は、一部映像をご覧いただけない箇所があります。あらかじめご了承ください。

「至上の印象派展」関連プレイベント(7/9イーブルなごや、7/10愛知学院大学楠元学舎)

7/28から9/24まで名古屋市美術館にて開催する「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」の関連プレイベントが以下のように実施されます。展覧会の予習にお勧めです。

○イーブルなごや公開講座「印象派が描く女性たち~ビュールレ・コレクションの傑作から~」

日時:平成30年7月9日(月)14:00~15:30(会場予定:13:30)
講師:深谷克典(名古屋市美術館副館長)
会場イーブルなごや(名古屋市女性会館)3階ホール
※会場は名古屋市美術館ではございませんのでご注意ください。
参加費:無料
定員:当日先着350人(申込不要)
お問い合わせ先イーブルなごや TEL:052-331-5288

詳細はイーブルなごやのウェブサイトをご覧ください。

 

○愛知学院大学モーニングセミナー「至上の印象派展~スイスビュールレ・コレクションの美をあなたに!~」

日時:平成30年7月10日(火)朝7:00~8:00
講師:深谷克典(名古屋市美術館副館長)
会場愛知学院大学 楠元学舎 110周年記念講堂
※会場は名古屋市美術館ではございませんのでご注意ください。
参加費:無料 予約不要
お問い合わせ先:愛知学院大学歯学部モーニングセミナー運営委員会 TEL:052-751-2561

詳細は愛知学院大学のウェブサイトをご覧ください

 

「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」のイベント案内全般はこちらをご覧ください。

【タイアップ企画】フラリエに『睡蓮の池』が登場

久屋大通公園フラリエと名古屋市美術館で開催する2つ展覧会(「モネ それからの100年」4/25~7/1・「至上の印象派展  ビュールレ・コレクション」7/28-9/24)のタイアップ企画のお知らせです。

両展覧会に印象派の巨匠モネが描いた睡蓮の作品が展示されることを記念し、フラリエに睡蓮の池が登場します。
詳細は フラリエのウェブサイトをご覧ください。

 

また、6/30から8/16にかけてフラリエにて「熱帯スイレンフェスタ」が開催されます。
詳細は フラリエのウェブサイトをご覧ください。

 

フラリエと名古屋市美術館は徒歩で10分程度です。
実物の睡蓮とモネの睡蓮、両方お楽しみください。

 

開催中「モネ それからの100年」展(4/25~7/1)

名古屋市美術館では開館30周年記念「モネ それからの100年」展を開催中です。

会期:2018年4月25日(水)~7月1(日)

休館日:月曜日(4月30日は除く)、5月1日(火)は特別開館

開館時間:午前9時30分~午後5時、金曜日(5月4日は除く)は午後8時まで (入場は閉館の30分前まで)

展覧会の詳細はこちらをご覧ください。

イベント案内はこちらをご覧ください。

特設サイトはこちらをご覧ください。

次回開催「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」(7/28~9/24) 

名古屋市美術館の次回の特別展は開館30周年記念「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」です。

会期:2018年7月28日(土)~9月24(月・休)

休館日:月曜日(4月30日、9月17日、9月24日は除く)、9月18日(火) ※8月13日(月)は特別開館

開館時間:午前9時30分~午後5時、金曜日は午後8時まで (入場は閉館の30分前まで)

展覧会の詳細はこちらをご覧ください。

イベント案内はこちらをご覧ください。

特設サイトはこちらをご覧ください。(現在主に九州展の内容が掲載されております。)

「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」閉館後の特別鑑賞会の申込受付を終了しました。

「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」閉館後の展示室内での特別鑑賞会は「クラシックの夕べ」・「名画の夕べ」ともに申込受付を終了しました

8月11日(土・祝)17:00~ クラシックの夕べ(学芸員による解説+コンサート)

9月01日(土)  17:00~ 名画の夕べ(学芸員による解説)

※「クラッシックの夕べ」の演奏は「ヴァイオリンとチェロのデュオ」とお知らせいたしましたが、正しくは「ヴァイオリンとハープのデュオ」です。お詫びして訂正いたします。

 

 

「モネ それからの100年」展 来場者が5万人を達成しました!

開催中の「モネ それからの100年」の来場者数が5月25日に5万人を達成し、記念セレモニーを行いました。

記念すべき5万人目は名古屋市北区在住の磯部千逸(ちはや)さんと櫻山貴子さんの友人お二人で、当館の早瀬弘親館長から、モネの「睡蓮 水草の反映」のフレーム付きフォトカードと展覧会の図録が贈られました。

毎日、大変多くの方にご来場いただき、「モダンアートの先駆者」と称されるモネの作品と、モネの精神を受け継ぐ現代美術の作家たちの作品を、比較しながらご鑑賞いただいています。

会期は7月1日までとなっています。会期末が近付くに従い、ますます会場の混雑が予想されますので、お早目のご観覧をお勧めします。

 

「モネ それからの100年」展「ベビーカーツアー」の申込受付を終了しました。

「モネ それからの100年」展 休館日の「ベビーカーツアー」につきましては、午前の部及び午後の部ともに応募多数で、定員に達しましたので申込受付を終了いたしましました。たくさんのご応募ありがとうございました。

名古屋市美術館 開館30周年記念事業

名古屋市美術館は2018(平成30)年に開館30周年を迎えます。これを記念して次記の事業を実施します。詳細は決まり次第、当サイトにてお知らせします。

1 広報なごや4月号にて特集記事を掲載

2 開館30周年を記念した特別展の開催

モネ それからの100年 04/25(水)~07/01(日)
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 07/28(土)~09/24(月休)
開館30周年記念 ザ・ベスト・セレクション 10/06(土)~11/25(日)
アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 12/08(土)~02/03(日)
辰野登恵子展 02/16(土)~03/31(日)

3 「ゆめ・プレミアムアートコレクション寄附金」にて美術作品を購入

 

「真島直子 地ごく楽」展の図録リーフレット引換えの開始について

「真島直子 地ごく楽」展図録に搭載されなかった図版を掲載したリーフレットが完成しました。

先行して図録を入手された方へのリーフレットの引換えを3月27日より開始します。

引換方法は、図録に添付されている「引換え券」をご覧ください。

 

「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」の前売チケット情報

2018年7月28日(土)から9月24日(月・休)まで名古屋市美術館にて開催すると特別展「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」の前売チケット情報は下記のとおりです。

○グッズセット券

可愛いイレーヌ  リカちゃんつきチケット【完売いたしました。】 可愛いイレーヌ&赤いチョッキの少年 クリアファイル2枚組みつきチケット
販売期間 2018年4月1日(日)~7月27日(金)
販売金額

(税込)

一般7,500円 一般1,700円
取扱場所 ローソンチケット(Lコード:45565)限定
販売数量 100セット限定【完売いたしました。】 制限なし
その他 ・「至上の印象派展」の一般前売り券とグッズ引換券の2枚発券となります。

・グッズは、本展会場ショップでも単体販売いたします。(リカちゃん人形7,500円、クリアファイルは400円)

・グッズは本展会期中・開館日・開館時眼内に限り、美術館内特設ショップで引き換えます。

※電子チケットは購入の際にプレイガイドによって各種手数料がかかる場合があります。

 

 

〇前売券

販売期間 2018年4月1日(日)~7月27日(金)
販売金額

(税込)

一般 1,300円 大学生 800円 高校生 600円
取扱場所 主要プレイガイド、チケットぴあ(Pコード:768-675)、ローソンチケット(Lコード:45565)、セブンチケット(セブンコード:060-646)、イープラス、主なコンビニエンスストア、中日新聞販売店、中日文化センター,名古屋市美術館ミュージアムショップ

※電子チケットは購入の際にプレイガイドによって各種手数料がかかる場合があります。

 

 

 

〇当日・団体

当日券 団体券
一般 1,500円 1,300円
大学生 1,000円 800円
高校生 800円 600円
中学生以下 無料

※すべて税込

※団体割引料金は20名以上に適用

※7月31日(火)から8月31日(金)までの休館日を除く平日は、高校生無料デーを実施。学生証の提示で高校生は無料で観覧できます。

 

〇早割ペアチケット:一般券が2枚1組となったチケット【販売は終了しました】

販売期間 2018年1月6日(土)~3月31日(土)
販売金額

(税込)

一般2,200円(1枚あたり1,100円)
取扱場所 チケットぴあ(Pコード:768-675)、ローソンチケット(Lコード:45565)、セブンチケット(セブンコード:060-646)、イープラス、中日新聞販売店

※電子チケットは購入の際に各プレイガイドによって各種手数料がかかる場合があります。

〇早割ペアチケット:一般券が2枚1組となったチケット【販売は終了しました】

販売期間 2018年1月6日(土)~3月31日(土)
販売金額

(税込)

一般2,200円(1枚あたり1,100円)
取扱場所 チケットぴあ(Pコード:768-675)、ローソンチケット(Lコード:45565)、セブンチケット(セブンコード:060-646)、イープラス、中日新聞販売店

※電子チケットは購入の際に各プレイガイドによって各種手数料がかかる場合があります。

2018(平成30)年度の特別展について

開館30周年を迎える2018(平成30)年は下記の特別展を開催します。

皆様のご来館をお待ちしております。

 

〇真島直子 地ごく楽

2018.03.3(土)~04.15(日)


〇モネ それからの100年 

2018.04.25(水)~07.01(日)


〇至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

2018.07.28(土)~09.24(月・休)

※リンク先のウェブサイトは主に東京展の情報が掲載されています。


〇開館30周年記念 ザ・ベスト・セレクション

2018.10.06(土)~11.25(日)


〇アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

2018.12.08(土)~2019.02.03(日)


〇辰野登恵子展

2019.02.16(土)~03.31(日)

 

新しいブログを投稿しました!

今回のタイトルは「展覧会カタログ校正の仕事」です。

美術館のお仕事!といえば、監視員をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
学芸員はというと、バックヤードで展覧会の準備作業から雑務まで日々慌ただしく過ごしております。
今回のブログは、館内であまりお見かけすることはない学芸の仕事のひとつ「展覧会カタログの校正」をご紹介します。

展覧会カタログ校正の仕事

新しいブログを投稿しました!

名古屋市美術館では当館学芸員が、収蔵作品をテーマにお話する解説会が年4回あります。

1月21日に行われたコレクション解析学では椎原治の写真、流氓(るぼう)ユダヤについて解説しました。
椎原はあまり馴染みのある作家ではないかもしれませんが、杉浦千畝の命のビザで来日したユダヤ人の姿を撮影しました。
聞き逃した方、これから当館にお越しの方、ぜひブログを読んでいただいて常設展へお越しください。
お待ちしております。

コレクション解析学

芸術と科学の杜「探索マップ」を作成しました!

名古屋市美術館と名古屋市科学館では、近隣の文化施設、地元の町内会・商店街、専門学校などと連携して、白川公園一帯を「芸術と科学の杜」と位置付け、この地域の知名度向上とイメージアップ、芸術と科学を中心とした賑わいあるまちづくりをめざした事業を行っています。
この事業の一環として「探索マップ」を作成しましたので、白川公園周辺のまち歩きにご活用ください。

芸術と科学の杜-探索マップ-表面
芸術と科学の杜-探索マップ-裏面

2018.4-2019.3 年間案内の広告募集について  (平成29年12月28日募集終了)

1広告媒体:名古屋市美術館2018.4-2019.3年間案内
2規格:A3判、変形折り(二つ折り後蛇腹四つ折り)
天地210㎜、左右105㎜、カラー4色
3発行部数:20,000部
4配付期間:平成30年4月1日から平成31年3月31日まで
5配付先:名古屋市美術館内、観光施設、ホテルなど
6広告掲載箇所:両面・下段 8枠
掲載スペース 天地65㎜、左右90㎜
参考掲載例表面(PDF:596KB) 参考掲載例裏面(PDF:656KB)
7掲載料:最低価格 1枠 6,000円(税込)
8広告募集期間:平成29年10月18日(水)から12月28日(木)午後5時まで
9広告入稿形態:完全データ
10広告入稿締切:平成30年1月31日午後5時まで
11その他:名古屋市教育委員会広告掲載要綱(PDF:212KB)を遵守してください。

12申し込みについて

申し込み方法 名古屋市教育委員会広告掲載申込書に必要事項を記入の上、下記申し込み先まで郵送、FAXで送付してください。

決定方法 内容審査の上、決定させていただきます。
募集件数を超える場合は、掲載料が高額な者を優先するものとし、同額の場合は抽選となります。
枠の掲載位置につきましては、応募者の中で抽選とさせていただきます。

13申し込み及び問い合わせ先

担当部署 名古屋市美術館総務課
住所 〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目17番25号
電話 052-212-0001
FAX 052-212-0005
対応時間 9時00分~17時00分 (ただし、年末年始は除く。)