ボランティア

名古屋市美術館のボランティアは、一般来館者への展示室でのギャラリートーク(作品説明)をはじめ、団体見学対応や子ども向けの教育普及活動など、様々な場面で活躍しています。

また、係ごとにわかれ、絵画や鑑賞に関する知識・接遇向上のための研修や自主練習の実施、資料整理やスタッフ間の調整など、ボランティア活動が円滑に行われるための自主的な取り組みを行っています。

第10期ボランティアの募集

平成29年4月現在、ボランティアは5~9期までの約90名が活動しており、今年度は第10期のボランティアを30名程度募集します。

「絵を見るのは好きだけれど、専門知識を持っていない」「人への説明が苦手」という方も、心配いりません。活動を始めるまでにボランティア養成講座に参加していただきますので、必要な知識を学ぶことができます。
美術館は、「近づきづらい」というイメージを持たれがちですが、ボランティア活動は、美術鑑賞の楽しさや喜びをより多くの方に感じていただくお手伝いとなるものです。
意欲ある方のご応募をお待ちしています。

なお、応募に関する要件や応募方法などは、以下の募集チラシでご確認ください。応募用紙はダウンロードしてお使いいただけます。