名古屋市美術館協力会

名古屋市美術館協力会ブログ
リンク先は、名古屋市美術館協力会が独自に作成したものであり、名古屋市の公式サイトではありません。

名古屋市美術館協力会は、美術館の活動に協力するとともに、会員の美術に関する知識と教養を高めるための事業を行い、美術を中心とした芸術文化の振興発展に寄与することを目的としています。

会員になるには

チラシについている入会申込書兼用の払込書に所定の事項を記入し、お近くの郵便局から会費を払 い込み(手数料不要)いただくか、美術館1階の総合案内までご持参ください。

入会手続きが終了しましたら、会員証をお送りします。 会員期間は、入会月の1日から1年間です。

会費は

  • 一般会員 年額 10,000円
  • 特別会員 年額 30,000円
  • ユース会員(29歳以下) 年額 3,000円
  • 家族会員(家族2名) 年額 13,000円 (1名追加ごとに3,000円プラス)

会員になると

  1. 会員証の提示で常設展がいつでも無料でご覧いただけます。
  2. 特別展の招待券をお渡しします。
    (ユース会員1枚、一般会員2枚、家族会員4枚(1名追加ごとに1枚プラス)、特別会員6枚)
  3. 会員対象の特別展作品鑑賞会に参加できます。
    (展示室内で、学芸員が説明いたします。)
  4. 春と秋の美術ツアーに参加できます。
    (担当学芸員が同行いたします。)
  5. 作家を囲む会に参加できます。
    (展覧会の作家が名古屋市美術館に来館された機会を捉えて、会員との交流会を開催します。)
  6. 協力会オリジナル・カレンダーを進呈します。
    (現存作家に制作依頼した特別なものです。)
  7. 展覧会や講演会などの催事案内をお送りします。
  8. ミュージアム・ショップ及びコーヒーショップ[Sugiura Coffee]が割引価格で利用できます。
    (ミュージアム・ショップは、2千円以上お買い上げで10%割引。ただし、書籍・チケット等を除きます。)
    (コーヒーショップ[Sugiura Coffee]は、600円以上のメニューで100円割引。)
  9. 特別会員は特別展開会式に参加できます。図録1冊進呈します。

会費の説明

※ 入会した月の1日から1年間です。
※ ユース会員は、生年月日を必ずご記入ください。
※ 家族会員は、家族2名以上でお申し込みください。

美術館ツアー

美術館協力会は、毎年2回のツアーを予定しています

美術館バスツアーは、常設の展示を見る場合と、美術館そのものも対象となる場合もありますし、また、特別展や企画展を見る場合もあります。特に最近は、一人では行けないあるいは、公共交通機関では行きにくい所によく出かけます。そして、学芸員が同行し、解説をおこないます。

これまでの美術館ツアーの例

  • 平成27年度
    •  滋賀方面 平成27年4月19日(日)
      MIHOミュージアム、滋賀県陶芸の森、檪野寺
    •  和歌山方面 平成27年10月31日(土)~11月1日(日)
      和歌山県立近代美術館、和歌山県立博物館、堺市文化会館、堺市博物館、 仁徳天皇陵、利休屋敷跡
  • 平成26年度
    •  大阪方面 平成26年5月11日(日)
      大阪市立美術館、国立国際美術館、藤田美術館
    •  山梨方面 平成26年8月23日(土)~24日(日)
      山梨県立美術館、茅野市美術館、清春芸術村、平山郁夫シルクロード美術館
  • 平成25年度
    •  1回目 静岡方面 平成25年5月26日(日)
      静岡県立美術館、静岡市美術館、資生堂アートハウス
    •  2回目 兵庫方面 平成25年6月30日(日)
      兵庫県立美術館、横尾忠則現代美術館、ヨドコウ迎賓館
    •  平成25年9月28日(土)~29日(日)
      石川県立美術館、金沢21世紀美術館、高岡市美術館、瑞龍寺、富山県立近代美術館
  • 平成24年度
    •  平成24年4月29日(日)
      京都国立博物館、京都国立近代美術館、重森三玲庭園美術館
    •  平成24年11月17日(土)~18日(日)
      大山祇神社宝物殿、大三島美術館、ところミュージアム大三島、伊東豊雄建築ミュージアム、岩田健母と子のミュージアム、犬島アートプロジェクト、李禹煥(リ・ウーファン)美術館
  • 平成23年度
    •  平成23年5月22日(日)
      国立国際美術館、大阪歴史博物館、大阪市立美術館
    •  平成23年11月19日(土)~20日(日)
      クリスチャン・ボルタンスキー、豊島美術館、大原美術館、奈義町現代美術館
  • 平成22年度
    •   平成22年5月9日(日)
      静岡県立美術館、秋野不矩美術館
  • 平成21年度
    •   平成21年5月30日(土)
      室生寺、室生山上公園・芸術の森
    •   平成21年10月10日(土)~11日(日)
      広島市現代美術館、ウッドワン美術館、広島県立美術館、
      ひろしま美術館、呉市立美術館
  • 平成20年度
    •   平成20年6月8日(日)
      小磯記念美術館、芦屋市立美術博物館、大谷記念美術館、伊丹市立美術館
    •   平成20年11月15日(土)~16日(日)
      沖縄県立博物館・美術館、浦添市立美術館、佐喜眞美術館、グスク群
  • 平成19年度
    •   平成19年5月13日(日)
      大阪市立美術館、大阪市立東洋陶磁美術館、国立国際美術館
    •   平成19年10月27日(土)~28日(日)
      三溪園、横須賀美術館、川崎市岡本太郎美術館
  • 平成18年秋(1泊2日) 直島「地中美術館」
  • 平成18年春(日帰り) 「京都国立近代美術館(藤田嗣治展)」
  • 平成17年秋(1泊2日) 「金沢21世紀美術館」「福井県立美術館」「大安禅寺」「福井市美術館」
  • 平成17年春(日帰り) 「京都国立博物館」「国立国際美術館」
  • 平成16年秋(1泊2日) 「神奈川県立近代美術館(葉山)、(鎌倉)」「山口蓬春記念館」「鏑木清方記念館」
  • 平成16年春(日帰り) 京都市美術館・細見美術館・野村美術館・泉屋博古館
  • 平成15年秋(1泊2日) イサムノグチ庭園美術館・高松市美術館・金刀比羅宮博物館・丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・中津万象園・丸亀美術館
  • 平成15年春(日帰り) 平等院(鳳凰堂・鳳翔堂)・黄檗山萬福寺・アサヒビール大山崎山荘美術館
  • 平成14年秋(1泊2日) ポーラ美術館・箱根ガラスの森・彫刻の森美術館・成川美術館
  • 平成14年春(日帰り) 「兵庫県立近代美術館」、「神戸ファッション美術館」、「小磯良平記念館」
  • 平成13年秋(1泊2日) 「福岡市美術館」、「福岡アジア美術館」、「石橋美術館」、「吉野ヶ里遺跡」、「大宰府天満宮」、「都府楼跡」
  • 平成13年春(日帰り) 「薬師寺」、「大和文華館」、「中野美術館」
  • 平成12年秋(1泊2日) 「長野県信濃美術館」、「東山魁夷美術館」、「メルシャン軽井沢美術館」、「セゾン美術館」、「清里現代美術館」
  • 平成12年春(日帰り) 「資生堂アートハウス・企業資料館」、「天竜市立秋野不矩美術館」
  • 平成11年秋(1泊2日) 「大原美術館」、「倉敷市立美術館」、「直島文化村」
  • 平成11年春(日帰り) 「駒ヶ根高原美術館」、「飯田市美術館」
  • 平成10年秋(1泊2日) 徳島県「大塚国際美術館」、「徳島県立近代美術館」
  • 平成10年春(日帰り) 滋賀県「MIHO MUSEUM」
  • 平成9年秋(1泊2日) 長野県「北斎館」、「信濃デッサン館」・「無言館」
  • 平成9年春(日帰り) 京都市「霞中庵 竹内栖鳳記念館」他
  • 平成8年秋(1泊2日) 「姫路市立美術館」、「高松市美術館」
  • 平成8年春(日帰り) 奈良市「寧楽美術館」
  • 平成7年秋(1泊2日) 「山梨県立美術館」、「富士美術館」
  • 平成7年春(日帰り) 「滋賀県立近代美術館」
  • 平成6年秋(1泊2日) 島根県「足立美術館」・「小泉八雲美術館」
  • 平成6年春(日帰り) 「静岡県立美術館」、「浜松市美術館」
  • 平成5年秋(1泊2日) 「富山県立近代美術館」、「石川県立美術館」
  • 平成5年春(日帰り) 伊勢市「斎宮歴史博物館」、 津市「三重県立美術館」
  • 平成4年秋(1泊2日) 伊東市「池田20世紀美術館」、 熱海市「MOA美術館」
  • 平成4年春(日帰り) 「奈良市大和文華館」・「奈良市写真美術館」
  • 平成3年秋(1泊2日) 吹田市「国立国際美術館」、京都市「京都市立美術館」・「京都国立博物館」
  • 平成3年春(日帰り) 静岡市「静岡県立美術館」・「芹沢ケイ介美術館」
  • 平成2年秋(1泊2日) 長野県「碌山美術館」、長野市「北野美術館」・「長野県信濃美術館」
  • 平成元年秋(日帰り) 諏訪市「北澤美術館」・「諏訪市美術館」
  • 昭和63年秋(日帰り) 津市「三重県立美術館」他

協力会オリジナルカレンダー

美術館協力会は、毎年オリジナルカレンダーを作成して会員に配布しています

オリジナルカレンダーは、毎年、その年に名古屋市美術館で開催された特別展に関連する作家や、協力会活動に係っていただいた作家に依頼して、カレンダー用に作品を制作していただき、製作番号、署名などを手書きで入れてもらったものを会員に配布しています。他では手に入らない、特別なカレンダーです(専用額も販売しております)

平成27年度
設楽知昭《日の光、月の光》墨、インク、テンペラ
平成26年度
眞島直子《2015年カレンダー》鉛筆・紙
平成25年度
吉岡弘昭《三角公園・2014》銅板作品 ドライポイント、ソフトグランドエッチング、手彩色
平成24年度
青木野枝《ながれつづける》鉛筆・紙
平成23年度
平松礼二《池を渡る風》紙本着彩
平成22年度
渡辺英司《彼方此方》図鑑切り取り作品(蝶、2羽)
平成21年度
櫃田伸也《通り過ぎた風景》リトグラフ・紙
平成20年度
森岡完介《Home》シリーズ、シルクスクリーン版画
平成19年度
久野利博《BODY DISTANCE / Firenze, Italy, August 13, 1982》写真作品
平成18年度
磯見輝夫《海のおと》版画作品
平成17年度
山本富章《ring-b.w.n》木にアクリル絵具、すべて手彩色によるオリジナル