ホーム > このホームページについて

このホームページについて

名古屋市美術館ホームページ(以下、「当ホームページ」)ご利用にあたって、予めご了承いただきたい点、注意事項等を掲載いたします。

ウェブ・アクセシビリティへの取り組み(JIS X8341-3への対応)

平成28年3月に日本工業規格である「JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」が改正されました。これは、高齢者や障害のある方でも、全ての情報に問題なく到達できるような(=ウェブ・アクセシビリティが確保された)Webサイトにしていくための指針を示したものです。

当ホームページは、JIS X 8341-3:2016および「名古屋市ウェブサイト運営ガイドライン」に従って、十分なウェブ・アクセシビリティを確保できるよう制作しました。これまでに制作・公開された一部のページでは、対応が不十分なものもございますが、順次対応を進めて参ります。

ウェブ・アクセシビリティ確保のための具体的な配慮例

  • 文字の大きさはウェブブラウザで変更できるようにする。
  • リンクの文字色は原則として青色とし、下線を引く。
  • 意味を持つ画像には代替テキスト(alt属性)を設定する。
  • ページ全体および画像の背景色と前景色(文字色)は十分なコントラストを確保する。
  • 点滅や移動する画像・文字はできる限り使用しない。
  • キーボードの操作だけで全てのページに到達できるようにする。
  • HTMLおよびCSS等、標準的な仕様に基づいてページを制作する。

文字を大きくするには

このホームページの文字が小さいと感じるときは、ご利用になっているWebブラウザおよびPCの設定を変更することで、表示される文字の大きさを変更することができます。

Windows Internet Explorer(バージョン6)の場合


画面上部「表示(V)」メニューから「文字のサイズ(X)」を選び、
「大」または「最大」を選んでください。

「拡大鏡」を使用する場合


Windows XPでは、「アクセサリ」→「ユーザー補助」から「拡大鏡」利用できます。


画面表示を、1〜9倍まで拡大することができます。
見やすい大きさになるよう「拡大率」を設定してください。

対応(表示確認)ウェブブラウザ

当ホームページは、以下のウェブブラウザで表示確認を行なっております。

  • Internet Explorer8以降
  • Google Chrome

当ホームページは、HTMLによる文書の構造化を適切に行なったうえで、CSS(カスケーディングスタイルシート)によって、画面デザイン(レイアウト・配色等)を行なっております。CSSへの対応が十分ではないウェブブラウザではレイアウトが大きく崩れる場合がございますが、情報の欠落など情報の取得に当たっての重大な問題はございません。

必要なソフトウェア・プラグイン等

当ホームページでは、情報を閲覧する際、以下のプラグインソフト等が必要となります。導入されていない場合もしくは古いバージョンが導入されている場合、設定が無効になっている場合には、以下より必要なプラグインをダウンロード・インストール、設定を有効にしてください。

Adobe Reader

Adobe Reader定期刊行物「ArtPaper」に使用しているPDFの表示に使用します。

JavaScript

「教師のための「名古屋市美術館利用ガイドブック」」の閲覧には、JavaScriptが有効になっている必要があります。(ほとんどのウェブブラウザでは、初期設定のままで「有効」となっています。)

リンクについて

  • 当ホームページに対するリンクを希望される場合は、自由に設定していただいて構いません。リンクに際してのご連絡も不要です。
  • リンクを設定するページは、トップページだけでなく、当ホームページ内のいずれのページに対して設定いただいて構いません。
  • ページ構成の変更等の理由で、アドレスが変更される可能性がございますので、ご注意ください。なお、アドレスに変更があった場合にも、当館および名古屋市から個別の連絡はいたしません。
  • フレームの一部に当ホームページが表示されるような形でのリンク設定は行わないようお願いいたします。